プロジェクト管理入門:DMAICとは

A man in a living room puts DMAIC into practice.

プロジェクト管理手法としてシックスシグマを導入している場合、DMAICという言葉を耳にしたことがあるでしょう。しかし、DMAICの定義や実践方法を正しく把握していなければ、その価値を引き出すことはできません。

この記事では、DMAICの概要と導入方法を解説します。

DMAICとは?

DMAICとは、定義(Define)、測定(Measure)、分析(Analyze)、改善(Improve)、定着(Control)の5つの段階で構成されるプロセス改善手法を指します。品質管理フレームワークであるシックスシグマの一要素であり、プロセスを改善して成果を最大化するのに役立ちます。

トヨタ生産方式をもとに製造業向けに開発されたシックスシグマとDMAICは、現在ではデータを活用した継続的な改善手法として、幅広い業界で採用されています。

5つのフェーズ

A graphic shows the five phases of DMAIC.

ここでは、DMAICの5つの段階を詳しく解説します。

定義

定義段階は、解決しようとしている問題の概要を説明することを目的としています。プロセス改善サイクルの目標、対象となる顧客と関係者、成功の定義を決定する必要があります。バリューストリームマップは、プロセス全体の現状を視覚化して分析するのに役立ちます。

測定

測定段階では、問題を定量化します。現在のプロセスがどの程度成果を上げているか、プロセス全体でどの指標を監視するのか、どのようなデータを収集すべきかを把握する必要があります。改善の機会を特定するには、プロセスの各段階でデータを収集することが重要です。

分析

分析段階では、問題の原因を特定します。収集したデータを詳細に分析し、改善すべき点とその理由を明らかにします。根本原因分析は、問題を検証し、それを解決する最適な方法を特定するための実践的な手法です。

改善

改善段階では、前の段階で特定した問題を改善します。チーム全員が協力して問題の根本原因を解消し、その結果を検証する必要があります。

定着

定着段階では、改善策や新しいプロセスを定着化させます。コントロールプランを作成し、成果の測定指標など、プロセスの新しい方針を文書化することで、変更点が確実に反映されるようにします。

DMAICの導入方法

DMAICは、問題の根本原因を特定し、永続的な変更を適用する優れたプロセス改善手法です。

DMAICの導入についてチームと話し合い、DMAICが自社のプロセスに適していると判断した場合は、DMAICの効果を検証するためのプロジェクトを立ち上げましょう。改善の余地があるプロセスを選ぶことが重要です。

データや指標を活用してプロジェクトの進捗状況を追跡し、その効果を測定する必要があります。プロジェクトスコープは、目に見える成果が得られる範囲を設定することが望ましいです。解決できないほど複雑な問題を取り扱わないようにしましょう。

アドビがお手伝いします

Adobe Workfrontは、シックスシグマとDMAICによるプロセス改善に対応する、大規模組織向けの作業管理ソフトウェアです。DMAICをスムーズに導入し、チームが協力してプロセスを改善するためのクリエイティブな解決策を導き出すことができます。

Adobe Workfrontについて詳しくは、製品ツアーおよび動画をご覧ください。