ジャストインタイム在庫管理とは何か、その重要性を明らかに

あらゆるコマース企業は、効果的な在庫管理戦略を必要としています。在庫を管理しなければ、使用しない材料や商品に過剰な費用をかけ、保管する必要のない在庫のために大きすぎる倉庫や保管設備にリソースを浪費してしまいます。こうした無駄なリソースの積み重ねが、全体的なコストに大きく影響します。

優れた在庫管理システムを利用すれば、支出の削減に注力し、余分なものをカットして、全体的なコストを縮小させることができます。ジャストインタイム在庫管理は、在庫管理を必要とする多くの企業にとって、優れたソリューションとなります。

ジャストインタイム在庫管理とは?

ジャストインタイム在庫管理とは、コマース企業が必要な時に必要なだけの在庫を受け入れる戦略です。 目標は、常時、余剰在庫をほとんど持たないようにすることです。

この戦略により、多くのコマース企業が抱える、まだ必要とされていない商品への過剰支出という課題を解決できます。そのためには、コマース企業とメーカーが常にコミュニケーションを取り合う必要があり、スムーズなやり取りには、専用の効率的なソフトウェアが必要になります。

ジャストインタイム在庫管理の利点

ジャストインタイム在庫管理が円滑に実施されると、コストが削減され、効率が向上します。ここでは、その具体的な利点をいくつか紹介します。

ジャストインタイム在庫管理の課題

このように、ジャストインタイム在庫管理の利点は明らかですが、課題もいくつかあります。これらの課題は大きなものではありませんが、意識して解決策を準備しておくことが重要です。

ここでは、検討すべき課題をいくつか紹介します。

ジャストインタイム在庫管理の仕組み

ジャストインタイム在庫管理の目的は、在庫管理におけるオーバーヘッドを削減し、効率化を図ることにあります。ジャストインタイム在庫管理に取り組む企業は、コマース管理ソフトウェアを利用し、販売する商品を少量ずつ注文します。また、小規模な倉庫を借りたり、建てたりして、サプライチェーンに細心の注意を払います。メーカーは、ジャストインタイム在庫管理によって製品の在庫を減らすことができ、過剰支出のリスクを低減することができます。

たとえば、あるコンピューターメーカーが、過去のデータから、次の四半期に必要な在庫量を予測していたとします。従来の方法では、必要な在庫量を過大に見積もり、結果的に経費を使いすぎてしまう可能性があります。しかし、ジャストインタイム在庫管理では、必要な時に必要な分だけを注文できます。

どのような企業がジャストインタイム在庫管理を活用しているか?

ジャストインタイム在庫管理は、ハイテクメーカー、自動車メーカー、衣料品、宝石、靴の小売業者、レストランなどに最適です。初期コストが低く、大きな保管スペースを必要としないため、保管スペースが少ない企業や利幅が小さい企業に適しています。

ジャストインタイム在庫管理の誕生と歴史

ジャストインタイム在庫管理は、1970年代にトヨタ自動車の大野耐一氏によって考案されました。第二次世界大戦後、日本企業は大きな費用をかけずに景気を回復させようとする中で、この管理方法が誕生しました。トヨタでは現在もジャストインタイム在庫管理が活用されており、この戦略の導入に最も成功した企業のひとつです。

トヨタによる成功は、すぐに他の製造業にも広がり、やがてこの戦略は他の産業にも波及していきました。今日、ジャストインタイム在庫管理は、あらゆる業界のeコマース企業にとって一般的な戦略となっています。

ジャストインタイムに関するFAQ

どのようにコストを削減できますか?

ジャストインタイム在庫管理では、オーバーヘッドを排除することでコストを削減できます。 在庫は必要なときだけ購入し、倉庫の必要性も最小限に抑えられます。

どのようにビジネスを改善しますか?

ジャストインタイム在庫管理では、コストを削減するだけでなく、効率性を高め、顧客のニーズの変化に応じてブランドや商品の方針を転換することができます。また、管理者は、サプライチェーンに細心の注意を払う必要があるため、遅延などの問題に迅速に対応できる可能性が高まります。

他にはどのように呼ばれていますか?

ジャストインタイム在庫管理は、トヨタがこの戦略を最初に導入したことから、トヨタ生産方式(TPS)とも呼ばれています。

リスクの高い戦略ですか?

ジャストインタイム在庫管理のリスクは、市場の流動性に依存します。特定の商品への需要が急増した場合、在庫がすぐに一掃され、遅延が生じるというリスクは常に存在します。このような需要の急増はどの程度の頻度で発生するか、サプライヤーはどの程度迅速に対応できるか、出荷の遅れはビジネスにどの程度の問題をもたらすかを検討する必要があります。

どのように導入できますか?

自社のビジネスがジャストインタイム在庫管理に適している場合、その導入を円滑に進めるためのいくつかの重要なステップがあります。

  1. 適切なリソースがあることを確認: 在庫を正確に監視し、明確な予測を立てることができる堅牢な在庫管理プラットフォームが必要です。
  2. サプライチェーンの見直し: サプライヤーや製造業者と良好な関係を構築していることを確認します。必要であれば、バックアップのサプライヤーを確保してください。
  3. 顧客とのコミュニケーション: コアな顧客と良好な関係を築いている場合は、変更について伝えます。顧客は特に違いを感じないはずですが、大量注文の場合には、リードタイムを延長する必要があることを伝えてください。

ジャストインタイム在庫管理を導入する

ジャストインタイム在庫管理は、コストを削減し、無駄を省き、取り扱い商品に関する方針転換を容易にします。

倉庫の棚で製品が埃をかぶっている、設備管理に予算を取られている、あるいは将来的に事業転換の可能性がある場合、ジャストインタイム在庫管理が優れた解決策になるかもしれません。まずは、現在の倉庫管理プロセスを見つめ直し、本当に必要な商品量を決定することから始めます。

マーチャントや企業のための世界有数のデジタルコマースソリューションとして、Adobe Commerceがお役に立ちます。Adobe Commerceは、顧客のビジネスニーズと成長に合わせて対応できる、柔軟性と拡張性の高い、AI(人工知能)を活用したコマース管理を提供します。複数のブランドを一元管理し、既存のCRMやその他のプラットフォームを統合することも可能です。

Adobe Commerceの製品ツアー動画で、詳細をご確認ください。