世界130カ国商品販売する味の素グループAdobe Sign採用。契約リードタイム大幅短縮

味の素株式会社

味の素株式会社

事業内容:食品事業、アミノ酸事業、医薬事業

従業員数:単体 3,184名、連結33,461名(2021年3月31日現在)

www.ajinomoto.co.jp

品質アミノ酸独創製法・利用開発を通して事業領域拡大し、国内外食品事業、アミサイエンス事業幅広い事業展開する味の素グループ中核企業。事業を通じて「健康こころからだ」「食資源」「地球持続性」課題解決取り組み、世界中人びとウェルネス貢献いる。

 

checkbox icon

課題

年間数千件に及ぶ契約業務を効率化したい。

graph icon

成果

・よりスムーズなテレワークに貢献

・契約締結プロセスが大幅に簡素化

・契約リードタイムが大幅に短縮

・契約業務以外にも利用が可能


グローバル展開する当社ビジネススムーズ対応できるプラットフォームだっこと導入決め手です」

 

執行理事 法務・コンプライアンス部長 竹原 修平氏

世界一アミノ酸企業ある味の素グループは、世界130カ国商品販売するなどグローバル事業展開いる。近年新た課題として浮上が、ベース契約におけるリードタイムだった。グループ全体電子契約プラットフォームとして活用視野に、味の素株式会社導入Adobe Signは、スムーズテレワーク含め、業務効率貢献いる。

契約手続きのリードタイムがグローバル展開の足かせに

「"アミノ酸はたらき"習慣高齢伴う課題解決し、人びとウェルネスする、"食健康課題解決企業"」。それ味の素グループ掲げるビジョンだ。グルタミン酸というアミノ酸一種原料するうま味調味味の素送り出さ1909こと世界一アミノ酸メーカー成長味の素グループ事業領域は、今日食品だけ留まらない。そのが、アミノ酸洗浄成分優しいシャンプーボディソープだ。またグループ供給する品質アミノ酸点滴用いられるなど、アミノ酸役割多岐及ぶ。

 

現在グループは、世界35地域拠点展開。味の素ブランド商品130以上国・地域販売いる。また2019オペレーション業務改革目的合弁会社アクセンチュア株式会社設立するなど、デジタルトランスフォーメーション(DX)による改革積極取り組んいる。

 

こうした中、課題として浮上特に国内外取引先・関係会社取り交わされるさまざま契約締結要するリードタイム削減だった。電子契約ソリューション導入当初からかかわった、執行理事法務・コンプライアンス部長竹原修平こう振り返る。

 

「従来ベース契約場合契約郵送だけでも必要なり、締結まで1カ月ほど掛かること一般でした。また大きな取組場合、34契約交わすこと珍しくないため、郵送によるやり取りさらに時間掛かる実情でした。年間及ぶ契約業務効率向け、調達部門から提案電子契約導入でした」

味の素株式会社

(左から)執行理事法務・コンプライアンス部長 竹原修平知的財産 契約・商標グループ 黒田雅人法務・コンプライアンス 岩井涼子

グローバル運用を視野にAdobe Signを採用

味の素株式会社電子契約取り組み開始2019ことその検討において最も重視グローバル展開するビジネススムーズ対応できるプラットフォームあるというだっ

 

「世界各国事業展開いることありグループ全体電子契約プラットフォームという将来視野製品選定行いました。検討進め結果浮上34言語対応グローバルサービス提供するAdobe Signでしまた個人印象なりますプレゼンアドビさんならしっかりサポート期待できる強く感じられことAdobe Sign推し理由一つでした」(竹原氏)

 

ベース契約から電子契約移行にあたり、運用に関するルール策定など行っこと注目たいポイント一つだ。契約PDFオンラインストレージアップロード事業ごと管理ますそのほかAdobe Signによる契約手続き簡易マニュアル作成契約都度取引渡しできるよう準備ます(法務・コンプライアンス 岩井涼子氏)

コロナ禍のスムーズなテレワーク移行にも貢献

Adobe Sign運用開始20204月。導入効果としてまず挙げられるコロナ受け本格テレワーク貢献だっ当社場合緊急事態宣言事務部門出社15前後8前後テレワーク行う態勢続います。契約相手含め出社捺印行うプロセス不要なっこと大きな成果一つ考えます」(岩井氏)

 

もちろん出力契約製本捺印し、必要応じ印紙貼っ郵送するという手間不要なっ効果大きい。知的財産 契約・商標グループ黒田雅人こう語る。

 

「事業部門契約相手契約内容擦り合わせもらい知的財産法務コンプライアンス最終契約Adobe  Signアップメールます。もともと製本捺印郵送など締結手続き事業部門担当いるため、我々部門定量比較難しいです以前比べ契約手続きリードタイム大幅圧縮できいること間違いありません。例えばブラジル関連会社契約で、夕方Adobe Signリンク送っところ翌朝契約締結た、というケースありまし以前あれ契約締結やり取りだけでも1週間以上みる必要あっこと考える効果かなり大きい思います」

グループの電子契約基盤としての活用を推進

現在法務コンプライアンスAdobe Signによる電子契約一元化向けグループ関連会社説明積極行っいる。

 

「すでに財務関係扱う関連会社Adobe Sign導入挙げますまた契約以外例えば品質管理に関する取り決め活用できないといった問い合わせ多いです特に医薬品承認手続き品質管理に関するさまざま書類必要です。こうした関門突破できれグループ普及一気に進む思います」(岩井氏)

 

社内承認システム連携今後関心事だ。

 

契約内容など社内承認ワークフローシステム別途導入ますこのシステムAdobe Sign連携することできれば、契約内容確認から実際契約締結まで、シームレス業務可能なる期待ます」(岩井氏)

 

さらに取締役会議電子今後検討テーマ一つ。現時点法的要件満たすことハードルありAdobe Sign電子署名による議事電子踏み出せないいう。味の素グループ今後、課題一つ一つ乗り越え、Adobe Sign普及図っいく考えだ。

 

 

掲載情報20217現在ものです


関連するユーザー事例