Logo

実世界のためのデジタルデザイン

12個

わずか数日で作成された3Dデザインの数

200万ドル超

写真撮影コストの削減

+100%

クリエイティブを外注不要で完全内製

Headshot

「私たちは、135年の歴史を持つブランドを守っています。私たちが目指すのは、これまで受け継がれてきたクリエイティビティとデザインの精神を守り続けると同時に、この先135年間のクリエイティブイノベーションの土台を作ることです」

ラファ アブレイユ氏
コカ・コーラ カンパニー グローバル・デザイン担当副社長

現代的でありながら廃れることのないデザイン

曲線描く独特ガラス瓶や、長く伸びるC文字映えるロゴ知られるコカ・コーラは、世界最も有名ブランド一つです。コカ・コーラ中核なす要素多くブランド成長するでも受け継がおり、ジョージアアトランタ薬局Jacobs Pharmacyジョン・ペンバートン(John Pemberton)博士世界コカ・コーラ提供1886まで遡ることできます。

 

「コカ・コーラよく見ると、『デザイン』当初からたちストーリー一部あっこと分かります」 コカ・コーラ カンパニーグローバルデザイン担当社長務めるラフ アブレイユ(Rapha Abreu)語ります。「水シロップ、炭酸完璧バランス実現から、細部までこだわっボトルデザインまで、商品製造デザインさまざま意図ありました」

誕生から135経ち、世界劇的変化ました。現在 コカ・コーラ カンパニー世界有数飲料メーカーとして、200カ国以上ブランド販売ます。Jacobs Pharmacyとう無くなりましが、薬局あっ場所からほんのマイルは、 コカ・コーラ カンパニーグローバル本社立っます。いつまで残り続けるものある、というようです。

 

「現在グローバルデザインチーム脈々と続い素晴らしいデザインチーム一つです」アブレイユ言います。たちは、135歴史持つブランド守っます。たち目指すは、これまで受け継がクリエイティビティデザイン精神守り続ける同時にこの135年間クリエイティブイノベーション土台作ることです。当社積み上げるブランドストーリー少しでも貢献できれ嬉しいです」

実世界の製品をデジタルの世界でデザイン

日本販売ヨーグルトファンタインド限定クミンソーダなど、コカ・コーラブランド現地親しまれる取り入れながら、製品開発からマーケティング、デザインまであらゆる反映ます。アブレイユよると、 コカ・コーラ カンパニーグローバル展開いることこそ、同社いつまで新鮮保っいる理由いいます。

 

「グローバルに展開する巨大企業は、普通動きがとても遅いです。ですが当社では、コカ・コーラが全世界に展開しているという事実をうまく生かしています」とアブレイユ氏は説明します。「当社は、現地の消費者を理解する従業員を世界中に抱えています。彼らは、新鮮でクリエイティブな方法でブランドを成長させるためのヒントを与えてくれます。多様性やインスピレーションが感じられるこの環境が、私は好きです。それこそが、より良いデザインを作るための基本です」

 

グローバルでもローカルでも、デザインチームAdobe Creative Cloudアプリ利用コカ・コーラあらゆるブランドデザイン制作ます。ロゴウェブサイト広告から、ボトル、ラベル、パッケージまで、ブランディングあらゆる側面デザイナー担います。世界中チームCreative Cloudを使うことで、簡単ファイル共有することデザインアイデア協力考えることでき、同社強力グローバルブランド支えます。

「デジタルの世界で作業をしていますが、コカ・コーラはこの先もずっと、形のある商品です」とアブレイユ氏は説明します。「当社のデザインには、目には見えないけど、手に取って、触って、開けて、味わう要素が盛り込まれています。だから、3Dデザインが非常に重要なのです。手に取って、すぐ近くで見る物を作れますから。デザインの手触り感をデジタルの世界に持ち込めるのです」

 

グローバルデザインチームがブランドのデザインを新たに作る時やリニューアルする時、従来は、多くを手作業のプロセスに頼っていました。これまでは、デジタルでデザインしたラベルをプリントアウトしてアルミ缶に巻き付けたり、実物大のモックアップを外注したりしなければなりませんでした。近年はデジタルモックアップに移行し、3Dレンダリングを作るようになったことで、デザインの検討やアイデアの共有、世界各地のビジネスユニットからのフィードバック収集がしやすくなりました。

 

しかし最近あるブランド立ち上げは、グローバルデザインチーム「バーチャルフォトグラフィー」というまったく異なるアプローチとりました。Adobe Substance 3D Stager作成3Dレンダリング使い、ブランドコンセプトビジュアルブランディング候補作成、バーチャルフォト撮影まで、製品デザイン完全実現です。

「デジタルワークフローブランド編み出す際、3D非常重要役割担います。Adobe Substance 3D Stagerは、物理モックアップ作る必要なく、フィードバック素早く確認できるので、3Dデザイン導入感じさせません。おかげで、デジタルデザイン完全製することできました」

ベニー リー氏
コカ・コーラ カンパニー、エクスペリエンス・デザイン担当グローバルマネージャー

グローバルに広がるチームとのバーチャルスプリントに3Dを活用

「トポチコ」は、清涼感を特長とする炭酸ミネラルウォーターで、熱狂的なファンがいます。メキシコのモンテレイに位置するセロ・デル・トポ・チコという山の近くで採水されるトポチコは、天然ミネラルと炭酸が織りなす爽やかな風味を持ち、何世代にもわたり愛されてきました。 コカ・コーラ カンパニーこのブランドベースに、ピリッした辛みトロピカル味わい持つハードセルツァーいうアルコール飲料発売することしました。

 

「トポチコ ハードセルツァー」は、 コカ・コーラ カンパニー米国初めて発売するアルコール飲料で、同社にとって新た挑戦なります。しかしアブレイユこの躍進グローバルデザインチームにとって絶好チャンスなる考えました。「小規模ブランド普段より自由デザイン考えられるです」アブレイユ言います。「アジャイル動き、感動するよう素早くデザインコンセプト生み出せるツール活用たい考えました。たち成功は、Adobe Substance 3D Stagerによるところ大きいです」

 

グローバルデザインチームは、クリエイティブブリーフを受け取ると早速、トポチコ ハードセルツァーのブランドアイデンティティの制作に取り掛かりました。

 

「当社持つデザインリソース世界中人材すべて生かして、何もかも社内やり遂げよ考えました」 コカ・コーラ カンパニーエクスペリエンス・デザイン担当グローバルマネージャー務めるベニー リー(Benny Lee)振り返ります。「数日間デザインスプリント行い12考え出さました」

 

デザイナーAdobe Illustrator使い、ロゴデザイン作りました。そして、デザインプリントアウトたりモックアップ外注たりするなく、IllustratorファイルAdobe Substance 3D Stager直接インポートし、バーチャル世界適用です。

 

「デジタルワークフローブランド編み出す際、3D非常重要役割担います」リー言います。「Adobe Substance 3D Stagerは、物理モックアップ作る必要なく、フィードバック素早く確認できるので、3Dデザイン導入感じさせません。おかげで、デジタルデザイン完全製することできました。3Dモデルリアルライティング組み合わせて、簡単品質レンダリング作成できるので、ディレクターデザイナー全員すぐ使い習得できました」

 

Substance 3D Stagerコンセプトなると、デザイナーすぐアイデア共有し、そのフィードバックて、デザインイテレーション回しはじめました。作成3Dステージ世界各地共有れ、さまざまタイムゾーン働くデザイナー借り24時間絶えずコラボレーション繰り広げられ、さらに素早くスプリント回さました。アセットライティング、カメラアングルなどあらゆる要素ステージ保存れ、シームレス受け渡し可能なりました。

「Adobe Substance 3Dコレクションは、アドビイノベーション体現最新すぎません。3Dデザインもっと手軽使えるようすることで、アドビデジタル新た切り開き、たち商品市場向けデザイン考案する場所提供いるです」

ラファ アブレイユ氏

コカ・コーラ カンパニー グローバルデザイン担当社長

“Over the years we’ve grown our use of Adobe products. And we’ll only continue to grow our use.

Speaker name
Job title, Company name

すべてデザイナー公式3Dトレーニング受けいるわけなくシーン構成するアセットモデリングするあるわけありません。Adobe Stock品質画像アセット豊富そろっライブラリアクセス提供し、たったクリック製品ショット完成られるようすることで、そのギャップ埋め、デザイナービジョン完全再現れるようました。またデザイナー Adobe Sensei利用Adobe Stockスマート検索使うこと検索結果絞り込みイメージ通りアセット素早く探すことできました。

 

「高品質3Dモデル豊富そろっAdobe Stockライブラリおかげで、ブランディング検討リアルシーン構築必要アセット時間見つけることできました」リー語ります。

 

「Adobe Substance 3D Stagerなけれ週間かかりそう仕事が、たった終わりました」リー言います。デザイン失敗恐れることありません。Substance 3D Stager使え失敗すぐ分かるので、実験重ね、イテレーション回し、最終より良いデザイン作ることできます」

写真のようにリアルでプロフェッショナルな作品をデスクトップ上で

トポチコ ハードセルツァー発売は、 コカ・コーラ カンパニーにおいて、デジタル活用新しい働き先例なりました。小さな社内チームで、コスト時間大幅削減ながら高い結果実現できることが、グローバルデザインチームによって証明です。

 

初期デザインスプリントとどまらず、Substance 3D Stager写真撮影プロセス革命起こしました。作成3Dレンダリング非常リアルかつ芸術で、従来写真見劣りないものでした。従来マーケティング予算3分の1写真撮影充てられることから、Substance 3D Stager切り替えることで、キャンペーンあたりドルコスト削減できる可能あります。

 

「トポチコ ハードセルツァー発売れ、たち作っレンダリングあちこちニュース掲載は、信じられない気持ちでした」リー氏。「新ブランド立ち上げ働き大きく変わり、クリエイティビティ求められるイテレーション素早く回すこと専念できるようなりましおかげ完璧製品デザイン完成までまっすぐ突き進むことできます」

 

「私アドビアプリケーション仕事ずっと使っいるので、十分信頼ます」アブレイユ語ります。Adobe Substance 3Dコレクションアドビイノベーション体現最新すぎません。3Dデザインもっと手軽使えるようすることで、アドビデジタル新た切り開き、たち商品市場向けデザイン考案する場所提供いるです。アドビアプリケーション使っ仕事することで、今日世界ためデザイン作るという目標だけなく、まで受け継がれるデザイン作るという目標叶えられます」

関連するユーザー事例