番組出演者CGキャラクタースムーズ共演。新たな表現低予算、短期間実現

株式会社フジテレビジョン

株式会社フジテレビジョン

事業内容:メディアコンテンツの制作・配信

従業員数:単体 1,311名(2021年3月31日現在)

www.fujitv.co.jp

企業理念「挑戦創造」。1959 フジテレビ開局以来、在京キー一角としてテレビ番組制作、放映すると共に全国系列番組供給

 

 

 

導入製品:

checkbox icon

課題

テレビ番組でMCと2Dアニメーションをストリームで掛け合わせられるシステムを短期間で構築したい。

graph icon

成果

  • 短い準備期間で新しいツールを導入
  • 同様のシステムと比べて導入コストが低く、ノートPC1台で操作可能
  • CGの専門知識がなくても操作可能
  • キャラクターの表情や動きをリアルタイムでなめらかに表現

「制作サイド持つアイデアを、スピーディ実現できた意味大きいです」

 

 編成制作局 コンテンツ事業センター デジタルデザイン部 鈴木 鉄平氏

株式会社フジテレビジョンは、放送番組ライブ収録対応モーションキャプチャーアニメーションソフトAdobe Character Animator採用。放送機材のみ行っテレビ番組制作常識変わりつつあるで、新た表現追求準備期間・導入コスト大幅削減両立実現いる。

 社内の各部署で連携し、デジタルデバイス・ツール活用を推進

昨今、番組制作現場デジタルツール活用進み、ウェアラブルカメラローンテレビ番組制作欠かすことできない存在なっいる。こうした中、番組制作に関するノウハウデジタル技術融合取り組んいる株式会社フジテレビジョンだ。

 

編成制作 コンテンツ事業センター デジタルデザイン鈴木 鉄平「番組制作少しまで、放送機材だけ使っ行う常識でした。しかしウェアラブルカメラ登場以降、民生機器使用臨場ある映像デジタル技術による映像制作可能追求日々行わます。こうした状況受け、我々培っコンテンツ制作に関するノウハウデジタル技術掛け合わせ、社内外広く提供することデジタルデザイン役割考えます。この取り組み技術など多様分野人材参画ます」説明する。

株式会社フジテレビジョン

 実績あるツールが新規費用なしに利用できる

今回デジタルデザイン持ち込まが、「番組MC2Dアニメーションストリーム掛け合わたい」というバラエティ番組ディレクター要望だった。収録までわずか23週間というタイミングで、短期間経験システム構築求められた。要望応えるべく鈴木相談持ち掛け技術 デジタルソリューションセンター デジタルコンテンツ 編成 コンテンツ事業センター デジタルデザイン島川 だった。

 

「相談受けまず思いついが、VTuber方々利用する3Dモーションキャプチャーでしが、23週間準備終えるまったく時間足りませでした。情報収集する見つけが、実績あるAdobe Character Animatorです。当社Adobe Creative Cloudエンタープライズライセンスすでに保有いるため、新たコスト必要運用スタートできること魅力一つでした」

 

Adobe Character Animatorは、Webカメラ入力する表情動き、応じCGキャラクターアニメーションし、リアルタイムストリーム出力可能ツールある。島川その映像出力番組制作対応すること検証鈴木その利用提案した。

チュートリアルコンテンツで利用方法を学習

提案受け鈴木は、CGキャラクター番組出演たいという要望対応する確立図るため、以前所属部署ある美術制作スタッフ参画打診。掛けまっさきに応えが、美術制作 美術制作センター髙橋 康之だった。

 

仕事Adobe After Effects中心使っますが、Adobe Character Animator以前から興味あっので、ぜひ仕事使ったい思い掛け挙げました。デザイナーキャラクターデザイン発注並行て、アドビwebサイトYouTubeなどチュートリアル動画参考準備進めました」

株式会社フジテレビジョン

風や重力など、物理的性質を加えたきめ細かなアニメーション表現

Adobe Character Animator使っCGキャラクター「かねたち」登場は、今年7月、フジテレビ深夜「水曜NEXT!」2にわたり放送バラエティ番組『オーナーなろ金持ちTV』だ。ビジネスオーナーなる方法徹底的考えるこの番組オリジナルキャラクター「かねたち」動きは、お笑いコンビかまいたち山内演じいる。

 

「Adobe Character Animator動きCGキャラクター追従するだけなく、キーボード入力マウス操作表情身体動き変化つけること可能です当初予定キャラ動き必要最小限ものでしが、デザイナー相談ながら『札束ゆらす』『口笛吹く』など効果表情動き積み上げいきました。実際仕事使っ強く感じは、キャラクターヒゲ動きも、物理性質加えなめらか表現コントロールできる操作でした。番組CGキャラクター生かすうえで、こうした細か動き大きな意味持ちます」(髙橋

 

収録ノートPCと共にアナウンスブース入っ山内が、モニター映るスタジオ出演ながらリアルタイム掛け合いする行わた。

収録までの準備期間を1/3 1/5に短縮

今回、Adobe Character Animator採用番組制作効果として準備期間コスト大幅削減挙げられる。

 

「本来ならツール導入最低23カ月準備期間必要です。少なくとも、2Dイラストリアルタイム動かすという挑戦いざやろすると、ツール習熟だけでもそれぐらい時間必要なります。わずか2、3週間行え背景に、アドビツール各種スムーズ連携できるという理由あっこと間違いありません」(髙橋

 

「もしAdobe Character Animatorなけれやり方考えることなっ思いますが、その場合、追加コスト必要ですチャレンジ許される一方、予算制約大きい深夜番組あること考えると、制作サイドアイデア短期間実現でき意味大きい思います」(鈴木氏)

デジタルツールを活用した番組制作の場を推進

フジテレビ今後コンテンツ制作デジタル技術融合を通してノウハウ番組新たビジネスとして展開すること目指しいる

 

今回挑戦によって、CGキャラクターストリーム番組登場せる新た演出が、番組容易応用可能なりました。番組制作においてデジタルツール利用日常こと制作意識大きく変わり、『なにか面白いツールない?』という相談受けること多くなっます。Adobe Character Animatorはじめ斬新デジタル技術活用含め、そうした確実応えいきたいですね」(島川

 

 

掲載情報は、20218現在ものです。


編成制作局 コンテンツ事業センター デジタルデザイン部 鈴木 鉄平氏

編成制作局 コンテンツ事業センター デジタルデザイン

鈴木 鉄平氏

技術局 デジタルソリューションセンター デジタルコンテンツ部 兼 編成局 コンテンツ事業センター デジタルデザイン部 島川 徹平氏

技術局 デジタルソリューションセンター

デジタルコンテンツ 編成局 コンテンツ事業センター

デジタルデザイン

島川 徹平氏

美術制作局 美術制作センター 髙橋 康之氏

美術制作局 美術制作センター

髙橋 康之氏

関連するユーザー事例