テクスチャ作成の自動化により3DCG 制作のスピードとクオリティが大幅に向上

株式会社 KATACHI

株式会社KATACHI

創業

2015年

従業員数:70 名(男性 46 / 女性 24 名)

http://www.katachi.tokyo/

3〜5倍

テクスチャ作成の自動化で制作スピードがアップ

checkbox icon

課題

し、受け、3DCGせ、

graph icon

成果

・多ど、

・テ

・かで、

・わUI3D得 


「Substance 3D は、ハイエンドのゲーム案件が増えてきた

昨今では必要不可欠なツールとなっています」

 

株式会社 KATACHI 代表取締役 社長

 

曽根 良洋


い、は、CGる。3DCGで、 KATACHIは、Adobe Substance 3D 使し、る。

時間のかかる手描きのテクスチャ作成が課題に

今、て、し、ら、る。中、20153名 KATACHIし、70た。は、3D3Dアり、703Dる。 は、話す。「PBR(物グ)を現、2D3Dとす。は、Unreal EngineUnity使り、す。モバって、す」

 

3DCGが、だ。3Dた。CG は、る。「10は、て、の、Photoshop使11た。Photoshop2D向けで、3Dし、Photoshopた、

エンゲージメント開発部 エンゲージメント開発グループ 主幹  長野 大作氏

株式会社 KATACHI 取締役

長水 望 氏

エンゲージメント開発部  エンゲージメント開発グループ 楠田 亜沙子氏

株式会社 KATACHI キャラクターディレクター/ CG スーパーバイザー

早稲田 広一

エンゲージメント開発部長 菅谷 慎史氏

株式会社 KATACHI 取締役 副社長

窪内 純一

エンゲージメント開発部  エンゲージメント開発グループ 楠田 亜沙子氏

株式会社 KATACHI 代表取締役 社長

曽根 良洋

業界での高い信頼性が導入の決め手に

2014に、AllegorithmicPBRSubstance Painterれ、た。た。

 

「セSubstance Painter時、た。たり、り、UIPhotoshopてい使た。た、使Substance 3Dり、た」と、 す。

テクスチャ作成の自動化により制作スピードが3 〜5 倍アップ

2019年Allegorithmicり、SubstanceAdobe Substance 3Dた。は、Substance 3Dら、2021Adobe Substance 3D Collection20た。在、Substance 3D Painterか、Substance 3D Sampler沿Substance 3D Designer使ど、る。

 

Substance 3D Painter使は、食、退に、て、Photoshopし、3Dが、使で、す。」と話

 

CG使は、Substance 3D Painter「まUIて、使ね。と、す。り、た、り、た。が、Photoshopと、35ね」

 

は、く、う。「1件3を合、す。分、て、す」(早氏)

これからのデザイナーのスキル向上に期待

し、3DCG今。CGて、得・育る。「今Substance 3Dで、使ね。で、Photoshopを使す。Substance 3Dのね」(長水氏)

 

め、Substance 3Dのて、 た。「弊/が、Substance 3D使た。Substance3Dて、き、す。2Dも、3Dう。で、Substance 3DはCGす」

 

※掲載された情報は2022年9月現在のものです。

関連するユーザー事例