食への情熱 - The Meyer Way

Meyer Natural Foodsは、買い物習慣の変化に合わせて、クリエイティブアセットやマーケティングを使って顧客とつながっています。

ロゴ

創業

1990年

コロラド州ラブランド
www.meyernaturalfoods.com

ビジュアルコンテンツによりwebサイトの直帰率が低下

チェックボックスアイコン

目標

複数のブランドに消費者を引きつける魅力的なデジタルコンテンツを開発する

Meyer Natural Foodsのブランドをカナダなどの新しい市場に拡大する

複数の拠点で働くマーケティングチームのメンバーと共同作業する

複数のブランドと地域にまたがるブランドアセットの集中管理システムを構築する

グラフアイコン

成果

米国およびカナダ全域で数百万人の消費者に配信するデジタルコンテンツを制作

ビジュアルコンテンツの多いwebページで直帰率の低下と滞在時間の増加を実現

YouTubeやHuluなど、ストリーミングサービスの視聴者向けの短い30秒広告を制作

共有可能なライブラリとストレージにより、レーベルや地域間でのブランドの一貫性を維持

30年以上前、Bob Meyer氏は自然の摂理に従い正しい方法で牛を育てようと心に決めました。ホルモン剤や抗生物質を使わずに、苦しみを与えない方法で牛を育てるべきだと考えたのです。その結果、従来とまったく異なる美味しい牛肉ができ上がりました。

 

現在、Meyer Natural Foodsは牛肉だけでなく、豚肉、鶏肉、さらに植物性タンパク質も製造し、Laura’s LeanやLocal Harvestなど複数のブランドで販売していますが、どれも最高水準の倫理観と革新性を持った「The Meyer Way」で製造されています。

 

Correy Fuqua氏は、先進的なソリューションを提供するという同社の姿勢が、マーケティングやコミュニケーションを通じて顧客の心をつかむ方法にも影響を与えていると考えています。Fuqua氏は同社のマーケティングジェネラリスト兼消費者体験のスペシャリストとして、マーケティングリサーチからソーシャルメディアキャンペーンの指揮まで、デザイナーと小規模マーケティングチームをサポートしています。

 

「消費者の期待、購買習慣、食生活はめまぐるしく変化します」とFuqua氏は語っています。「同じことを繰り返していても、お客様との関係を維持することはできません。お客様の目にとまる独創的な最高の方法を見つけるために、絶えずテストと実験を繰り返しています」

 

Meyer Natural Foodsが消費者の注目を集めるために、強力なビジュアルが重要な役割を果たします。Meyer Natural Foods製品を買い物リストに入れてもらうには、新製品のパッケージデザインのほか、webサイトにレシピを投稿し、お客様のメールボックスにお得な情報を送るなど、魅力的なビジュアルなどのクリエイティブコンテンツを使用することが非常に重要であるとFuqua氏は認識しています。マーケティングチームはAdobe Creative Cloudグループ版を使って、アメリカとカナダの何百万人もの消費者に届くデジタルコンテンツを作成しています。


「Webサイトから、ソーシャル、電子メール、ビデオまで、すべてのコンテンツを自社制作できることに驚いています。Adobe Creative Cloudグループ版には新しい挑戦をするために必要なアプリがすべて揃っています」

 
Correy Fuqua氏

Meyer Natural Foods、マーケティングジェネラリスト兼消費者体験担当


店舗での買い物からオンラインショッピングへ

これまで食品会社は、食料品店の売り場で目を引くディスプレイに力を注いできました。しかし食料品のオンラインショッピングの需要が高まり、デジタルマーケティングが消費者をつかむための新しい最高のアプローチとなっています。Fuqua氏はマーケティングチームと密接に連携し、Googleバナー広告や、レシピのアイデアや地域のお得な情報が満載で30万人の購読者を持つ週刊メールキャンペーンなどの取り組みを支援しています。

 

ソーシャルメディアはどのブランドでも重要ですが、特に同社最大の消費者向けブランドであるLaura's Leanには不可欠です。多数のソーシャルメディアの投稿が、Laura's Leanのwebサイトのレシピにリンクしています。タンパク質が中心のメインディッシュは以前から人気がありますが、Laura's Leanチームはさらに多くの人に見てもらうために、サイドディッシュのレシピを追加する試みを始めました。Fuqua氏はAdobe Photoshopを使用して、webサイトの訪問者が次々に見たくなる美味しそうな写真を追加しています。その結果、直帰率が低下し、同社のページでの滞在時間が増加しました。

 

Fuqua氏とマーケティングチームは効率よく共同作業しやすいAdobe Creative Cloudを大いに活用して、少人数でも大きな成果を上げています。デザイナーはカラー、フォント、ロゴ、画像などのブランドアセットを集めて、共有可能なAdobe Creative Cloudライブラリにまとめて保管します。そうすればマーケターがメールやソーシャルメディアの新規投稿を作成する際に、ブランド統一に必要なものをすべて一箇所で見つけることができます。これによりクリエイティブコンテンツの開発スピードがアップし、投稿の一貫性が向上します。

少人数のチームで大規模な映像を制作

現代のデジタルエクスペリエンスに映像は必須のアイテムです。マーケティングチームはAdobe Premiere RushAdobe After Effectsを使って、あらゆる状況に対応する様々な高解像度の映像を制作しています。30秒の短い広告はYouTubeやHuluなどのストリーミングサービスの視聴者をターゲットにしています。また、YouTubeのLaura's Leanチャンネルに投稿されているレシピ動画では、美味しいディナーの作り方を紹介しています。

 

「視聴者の認知度を高める新しい方法として、今年からストリーミング広告を試行しています」とFuqua氏。「Webサイトから、ソーシャル、電子メール、ビデオまで、すべてのコンテンツを自社制作できることに驚いています。Adobe Creative Cloudグループ版には新しい挑戦をするために必要なアプリがすべて揃っています」


「Adobe Creative Cloudグループ版は、少人数のチームで実験を繰り返し、創造性を発揮してより多くを制作する上で大きな役割を果たしています」

 
Correy Fuqua氏

Meyer Natural Foods、マーケティングジェネラリスト兼消費者体験担当


Meyerブランドの育成

Meyer Natural Foodsは、新しい市場で新しい顧客を獲得するために革新と拡大を続けています。Meyer Natural Grass-Fedブランドは、味に妥協しない消費者に牧草で育てられた牛肉を直接届けるために誕生しました。Meyer Natural Foodsのメインデザイナー兼クリエイティブストラテジストが、他のグラスフェッド商品との差別化を図るため、ブランドの新しいビジュアルアイデンティティを作成しました。

 

Adobe Creative Cloudライブラリはカナダ市場への進出にも役立ちました。この進出により、すべてのパッケージにフランス語の翻訳とカナダの基準を満たすラベルが必要となり、パッケージに新たな課題が生じたからです。カナダ市場への進出はデザイン上の大きな課題でしたが、Adobe IllustratorとCreative Cloudライブラリを使用することで、ブランドの一貫性を維持し、変更の多いパッケージの複数のバージョンに対応することができました。

 

Fuqua氏は本社のあるコロラド州を拠点としていますが、マーケティングチームの他のメンバーはケンタッキー州、テネシー州、テキサス州でリモートで働いています。Adobe Creative Cloudグループ版では全員同じアプリの同じバージョンで作業できるからです。Adobe Creative Cloud Storageを使えば、プロジェクトにアクセスしやすく高速でやり取りでき、大容量のファイルをダウンロードする際にサーバーに負担をかけることも、信頼性の低いVPNを利用する必要もありません。

 

「常に先進的なマーケティング方法を模索しています」とFuqua氏。「そのためには、常に最新のデザインに更新し、メールのメッセージを最適化するとともに、消費者につながる新しいタイプのコンテンツを作成する必要があります。Adobe Creative Cloudグループ版は、実験を繰り返し、創造性を発揮してより多くを制作する上で大きな役割を果たしています。The Meyer Wayの高い基準を消費者に示したいと考えています」

関連トピックス