スポーツシューズ開発工程バーチャル化。3Dデータをマーケティングにも活用

ミズノ株式会社

ミズノ株式会社

設立

1906年

所在地:大阪市
従業員数: (連結)3,855名(2021年3月31日現在)

「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」を経営理念に、スポーツの価値を活用した商品やサービスの開発に取り組むミズノ株式会社。1906年に創業し、野球ボールなどの販売から始まった同社の歴史は、まさに日本のスポーツ振興の歴史だ。

https://corp.mizuno.com/jp/sustainability.aspx

導入製品:

Adobe Substance 3D Collection エンタープライズ版 

 

導入メリット

 実物サンプル作成数の削減

 デジタルデータ活用促進

 3Dによるイメージ共有

 デザイン品質の向上

checkbox icon

課題

汎用性とクオリティが高い3Dデータでバーチャルサンプルを作りたい

graph icon

成果

・質の高いバーチャルサンプルの制作

・実物サンプル試作数を削減、環境負荷を低減

・試作工場とデザイナーが3Dイメージを共有、修正を少なく

・デザインインスピレーションを得られる


「汎用性が高く、高品質なバーチャルサンプルはマーケティング領域でも大きな意味を持ちます」

 

ミズノ株式会社 グローバルフットウエアプロダクト本部デザイン課 テクニカルデザイナー

中村 敬氏

シューズ開発最前線は、多く実物サンプル試作し、商品検討繰り返し商品決定行う一般だ。その試作工程バーチャル取り組むミズノ株式会社は、Adobe Substance 3D活用を通じてバーチャルサンプルクオリティ向上データ汎用高め、販促ツール活用進めるなど、試作工程活用とどまらないバーチャルサンプル活用実現いる。

バーチャルサンプル移行で実物サンプルの作成数削減と、リードタイムを短縮

スポーツ世界磨かミズノシューズは、今日、国内外トップアスリートだけなく、ライフスタイルビジネスシューズ至る幅広い領域人々愛さいる。近年は、ある機能素材フォーカスその機能特長全面押し出しようデザインスポーツシューズ注目集まっいる。

 

「商品開発過程で、シューズデザイナー企画内容沿っ顧客ターゲット嗜好加味ながら、シューズ持つ機能特長に対して、意匠付け材料選定カラー配色などデザイン行いますデザイン違うところは、シューズというものアパレル工業製品要素併せ持っ商品あり使用素材範囲や、アパレルトレンド影響強く受けるところ思います。また、機能特に重視れるシューズあれば、そのシューズ機能特長強く外観反映せる必要あります」(中村氏)

 

同社シューズデザインは、毎年夏・秋冬シーズン展示見据え1.1から時間掛け行わいる。世界展開する同社場合、アジア・欧州北米など地域ごとカラー好み対応する関係上、シーズン商品カラーバリエーション多く、という及ぶいう。

 

こうした中、デザインチーム3ほどからサンプル(試作品)バーチャル移行取り組んた。

 

「シューズ開発商品過程実物サンプル試作繰り返しますが、試作かかる時間労力削減大きな課題でした。また試作廃棄や、環境負荷といったアパレル業界抱える課題に対して貢献、シューズデザイナー新しいインスピレーションため3DCGによるバーチャルサンプル着目です。そうしてバーチャルサンプル運用デザイン3D技術活用始めですが、次第に販促ツールとして活用需要大きくなりました。しかし3DCGツール細かいディテールまで作りこんデータモデリング時間かかる加え、どうしてもハイポリゴンなっしまうことから3Dデータ汎用低くなっしまうという問題ありました。3Dデータ汎用高めるためモデリングできるだけ簡素し、テクスチャーワークディテール反映重要感じました」(中村氏)

 

こうして、同社品質3Dデータ制作から活用まで可能するAdobe Substance 3D注目た。

汎用性とクオリティが高い3Dデータを実現

「高品質テクスチャー作成できるツールとして思い浮かんものSubstance 3Dです。Substance 3Dゲーム業界など活用紹介動画事前知っました。3Dモデル手描き塗るようマテリアル塗り、凹凸表現できるSubstance 3D Painterは、バーチャルサンプルクオリティ向上ためだけなく、新しいデザイン考えるツールとして親和非常高い思いました」(中村氏)

バーチャルサンプルの品質向上を実現

Adobe Substance 3D導入効果としてまず挙げられるバーチャルサンプル品質向上ある。バーチャルサンプル制作担う岡田こう説明する。

 

「シューズアッパーよう柔らかい材料発生するステッチ材料つぶれ、クッションなどSubstance 3D PainterSubstance 3D sampler作成メッシュ人工皮革マテリアルディテール情報描きこみ、最終テクスチャー仕上げます。モデリングだけ形状表現以前比べると、精度高いバーチャルサンプル作成できいる思います。シューズテクスチャー作成かかわる基本Substance Painter操作は、1カ月かから習得できました」

 

実際生地見本スキャンし、Substance 3D Sampler3Dマテリアル簡単変換可能。現在同社バーチャルサンプルほぼすべてSubstance 3D使用テクスチャー作成行わいる。

 

実物サンプル作成削減貢献

 

バーチャルサンプル品質向上により実物サンプル作成確実削減できこと効果一つ

 

「実物サンプル商品デザイン検討だけなくアスリート着用機能評価多岐及びます。すべて実物サンプル置き換えできませこれまで作成実物サンプルどの部分までバーチャルサンプル置き換えられる検討です。少なくともカラーバリエーションに関してすべて作成なくバーチャルサンプル対応できるという社内意識確実定着つつあります」(中村氏)

 

試作工場デザイナー3Dイメージ共有

 

さらに3D移行によるサンプル制作指示品質向上注目たい。ランニングシューズデザイン担当する津野田こう説明する。

 

「これまでシューズ試作するに、2D指示作成試作工場形状伝えましが、こちら意図工場作成試作形状イメージずれ生じること多く、修正繰り返しました。しかし、デザイン指示段階から3Dモデル工場アウトプットすること形状イメージずれなくなり、修正戻り確実減っます。またSubstance 3D Designerマテリアル生成プロセス活用することデザイナーイメージ範疇超えるアルゴリズミック造形可能なりデザインインスピレーション得るうえでも大きな役割果たします」

中村 敬氏

グローバルフットウエアプロダクト本部 デザイン課  テクニカルデザイナー

中村 敬氏

岡田 育子氏

グローバルフットウエアプロダクト本部デザイン課 フットウエアデザイナー

岡田 育子氏

津野田 あゆり氏

グローバルフットウエアプロダクト本部デザイン課 フットウエアデザイナー

津野田 あゆり氏

マーケティングへの3Dデータ活用を促進

Adobe Substance 3D実現汎用クオリティ高い3Dデータすでに商品検討プロセス効率デジタルカタログ360°ビュー応用するなどさまざま領域活用いる。

 

「バーチャルサンプルVRAR技術使った、新しい消費タッチポイントづくり大きな可能ある考えます今後当社スポーツ用具部門、アパレル部門技術水平展開進め、より消費方々興味もっ触れいただけるようコンテンツ生み出し行けれ思っます。プロダクトデザイナーとしてSubstance 3Dデザインツールとしてゼロから創作するにとって表現広げる面白いクリエイティブツールなる思いますね」(中村氏)

 

また、バーチャルサンプルとどまらAdobe Substance 3D活用進めいくこと資源ムダなくし、同社掲げる2050 カーボンニュートラル実現目指す。

 

 

掲載情報20222現在ものです。

関連するユーザー事例