デジタルエクスペリエンスを再定義

The Stoke Groupは、Adobe Creative Cloud for teamsを使用した共同作業により数々の賞を受賞したキャンペーンを作成しています。

ロゴ

創業

2015年

従業員数:30人
ユタ州プロボ
thestokegroup.com

20%

Adobe Creative Cloudライブラリでプロジェクト準備時間を短縮

チェックボックスアイコン

目標

すべてのデジタルチャネルにまたがる多面的キャンペーンを展開する

様々な種類のデザインを専門とするデザイナー間の強力な共同作業を促進する

生産性の向上により、デザイナーの創作にかける時間を増やす

グラフアイコン

成果

共有可能なCreative Cloudライブラリにより、新規プロジェクトの準備時間を20%短縮

Adobe Stockアセットを活用してリスク、コスト、時間を削減

インタラクティブなAdobe XDプロトタイプでレビューサイクルを合理化

Admin Consoleを使って、Creative Cloudライセンスをわずか10分で割り当て

Brian Barrus氏は約25年間、デザイナー、アートディレクター、クリエイティブディレクターとして活躍してきました。仕事を通じて感じた大きな変化は、企業がデザインやクリエイティビティを重視するようになったことです。

 

「キャリアの初めの頃はなかなか見向きをしてもらえませんでした」と受賞歴を持つThe Stoke Groupのクリエイティブディレクター兼チーフデザインオフィサーに就任したBarrus氏は語っています。「デザインやクリエイティブは外見を飾るだけのように思われていました。しかし今では、デザインがブランドのDNAと一体化しなければならないことが理解されています」

 

The Stoke Groupはエンドツーエンドのコンテンツアプローチで、先進的な企業のエージェンシー体験を再定義します。Stokeはデザイナー、デベロッパー、ライターやアナリストと協力して、web、ソーシャルメディア、電子メール、モバイルアプリ、ビデオなど、多面的なキャンペーンを展開し、一貫性のあるクリエイティブトーンとボイスを提供しています。

 

ビジュアルデザインチームはAdobe Creative Cloudグループ版を使って、ビデオとモーションデザイン、イラストとインフォグラフィックから、webとモバイルアプリのUXに至るまで、すべての仕事をこなしています。

 

「当社のデザインチームは、Adobe Creative Cloudグループ版の中で生活しているようなものです」とBarrus氏は語っています。「あらゆるタイプのコンテンツを作成するためのすべてが揃い、加えてAdobe Creative Cloudグループ版にはリモートチームのメンバーや契約業者とつながりを維持しながら共同作業ができる追加機能があるため、クライアントに自信作を提供できます」


「Adobe Creative Cloudライブラリを使えばプロジェクトの準備時間を20%短縮できるだけでなく、必要なアセットを一箇所で検索できるためプロジェクト全体の時間も短縮できます」

 
Brian Barrus氏

Stoke Group、クリエイティブディレクター兼チーフデザインオフィサー


あらゆるチャネルを網羅するキャンペーンで共同作業

Stokeが得意とするのは、様々なチャネルで使用される幅広いアイテムを含むキャンペーンです。例えば、教育大手のピアソンとの仕事では、StokeはAWS(Amazon Web Services)など大手テクノロジー企業の研修コースや認定コースを宣伝するための大規模なキャンペーンを監修しています。キャンペーンの一環として、デザイナーはAdobe PhotoshopAdobe Illustratorで、注目を集めるソーシャルメディア広告を作成します。閲覧者はその広告からAdobe XDを使用してデザインしたwebサイトのランディングページに誘導されます。Adobe Premiere ProAdobe After Effectsを使用して作成したビデオコンテンツで様々なことを学ぶことができます。

 

Adobe Creative Cloudグループ版を使用することで、何を使って作成されたコンテンツであっても一貫性のある品質、デザイン、ブランディングを維持できます。Creative Cloudアプリ間の連携により、デザイナーはアプリを簡単に切り替えて、プロジェクトごとに最適なツールを使うことができます。全員が同じ最新バージョンのソフトウェアを使って作業できるため、同僚や契約業者と作品を共有する際のバージョン管理の問題を回避できます。

 

Adobe Creative Cloudライブラリでは、プロジェクトに関連するカラー、フォント、ロゴ、画像、その他のアセットをすべて含む共有可能なライブラリを作成できるため、共同作業がさらにはかどります。例えば、AWS認定資格を宣伝するPearsonのキャンペーンであれば、AWSとPearson両方で承認されたすべてのロゴ、グラフィック、背景画像をライブラリに含めます。

 

共有可能なライブラリがあれば、デザイナーがアプリを切り替えても一貫性を保つことができます。あるアプリでカラーパレットを調整すると、他のアプリにもその変更が自動的に反映されます。Creative Cloudライブラリはアセットを共有し、デザイナー間の一貫性を保つ機能が非常に優れています。メールでファイルをやりとりしたり、サーバーにあるアセットの最新バージョンの確認を繰り返す必要もありません。

 

「これまではプロジェクトを開始する前から、全員がブランドガイドラインを確認し、適切なカラー、フォント、ロゴ、アイコンを読み込むことに時間が取られていました」とBarrus氏。「今は、プロジェクト開始時に誰かがライブラリを作成すれば、全員でライブラリを共有できます。Adobe Creative Cloudライブラリを使えばプロジェクトの準備時間を20%短縮できるだけでなく、必要なアセットを一箇所で検索できるためプロジェクト全体の時間も短縮できます。デジタルエージェンシーにとって、時間は非常に貴重です。Adobe Creative Cloudライブラリによって面倒な作業が省かれ、その時間に様々なデザインを試してグラフィックの完成度を高めることができ、他に類のないクリエイティブな作品をクライアントに提示できます」

Adobe Stockでデザインを加速

エージェンシーはCreative Cloudグループ版のライセンスを持つため、メンバー全員が共有プランでAdobe Stockのアセットを購入できます。そこで毎月何十枚もの写真、グラフィック、ベクター、ビデオや音楽をダウンロードしてプロジェクトに使用しています。

 

「Adobe Stockで見つけた方がゼロから作品を依頼するよりもたいてい早く、リスクを回避できます」とBarrus氏。「写真を編集したりイラストを修正したり、イメージに合う外観に仕上げることができます。依頼制作の場合、最終的な作品がどうなるかわからないこともありますが、ストックを使えばプロセスを加速でき、高品質なデザインを確実に提供できます」

 

Adobe Creative Cloudグループ版では、どのデザイナーもStockの集中クレジットプールからアセットをダウンロードできます。取得したストックアセットはライブラリを通じてチーム全体で共有できます。Stockのライセンスと画像を共有する機能があることで、チームの各メンバーにライセンスを与えたりチーム全体のアセット管理やダウンロードを担当者に依頼する場合と比べてはるかに時間とコストを削減できます。


「Adobe XDは、制作意図どおりのエクスペリエンスを即座に理解できるため、驚くほど効率的でクライアントの時間と手間を省くことができます」

 
Brian Barrus氏

Stoke Group、クリエイティブディレクター兼チーフデザインオフィサー


迅速で有意義なレビュー

Stokeは通常、レビューサイクルにAdobe Acrobatを使用しています。ユニバーサルなPDFを使用することで、同僚やクライアントとのコメントの共有や受け取りが容易にできるからです。しかし最近では、Adobe InDesignやAdobe XDに搭載されているレビューツールを活用することで、さらにスムーズにフィードバックをやり取りできるようになりました。

 

Adobe InDesignを使うことでStokeのデザイナーはInDesignから直接クライアントにリンクを送ることができ、ファイルをPDFに書き出してメールに添付する必要もありません。クライアントはwebブラウザーでInDesignファイルを開き、コメントを残せば自動的にInDesignと同期するため、レビューサイクルを短縮できます。

 

Adobe XDを使えば、webページやモバイルアプリが本物どおりの共有可能なインタラクティブプロトタイプになります。静的なPDFページをめくってインターフェイスの動作を想像するのではなく、共有リンクを使いデスクトップやモバイルデバイス上でXDインターフェイスを操作できます。クライアントはデザインにコメントを残し、Stokeのデザイナーやデベロッパーとすばやくアイデアを共有できます。

 

「Adobe XDは、制作意図どおりのエクスペリエンスを即座に理解できるため、驚くほど効率的でクライアントの時間と手間を省くことができます」とBarrus氏。「デザインの不確実性が生じないプロトタイプがあるため、クライアントからの承認も早く、有意義なフィードバックが得られます」


「Admin ConsoleからCreative Cloudグループ版ライセンスの割り当てにかかるのは約10分。遅延はありませんし、ユーザーを追加した後に問題が発生したこともありません。実にシンプルです」

 
Tyler Christensen氏

Stoke Group、アカウンティングディレクター


Creative Cloudアプリへの迅速なアクセス

アカウンティングディレクターのTyler Christensen氏がAdobe Creative Cloudのライセンスを個別に使用している社員がいることに気づき、全員をAdobe Creative Cloudグループ版のメンバーに追加しました。 これによりデザイナーはCreative Cloudライブラリ、共有Creative Cloudストレージ、Adobe Stockライセンスのプールなど、個人版にはないクリエイティブ機能やクラウドサービスを利用できるようになり、Christensen氏はCreative Cloudグループ版でライセンス管理を簡単におこなえるメリットが得られました。ユーザーの追加も、新しい従業員やフリーランサーへのライセンスの割り当ても、数分で簡単にできます。Creative Cloudの単体プランでもコンプリートプランでも、アクセス権を与えられたユーザーは、電子メールでリンクを受信するだけでアプリのインストールを開始できます。アクセス権を解除するのも簡単です。

 

「Admin ConsoleからCreative Cloudグループ版ライセンスの割り当てにかかるのは約10分」とChristensen氏。「遅延がなく、ユーザーを追加した後に問題が発生したこともありません。実にシンプルです」

 

Stokeが提供するコンテンツは、デジタル時代に進化するクライアントのニーズに応じて常に変化しています。しかしBarrus氏がひとつだけ変わらないと予想しているものがあります。Adobe Creative Cloudです。

 

「誰でも好みのアプリがあります」とBarrus氏。「しかし、当社で条件としているのは全員がAdobe Creative Cloudを使用することだけです。全員がCreative Cloudを使用する限り、共同作業やアセットを共有でき、クライアントのために誰も真似のできないデザインを創出できます」

関連トピックス