東京海上ディーアール株式会社

ライセンス管理の負担を軽減し、業務のクラウド化を加速

東京海上ディーアール株式会社

創業:1996年

従業員数:311名(2021年7月1日現在)

www.tokiorisk.co.jp

1996設立。SaaS/PaaS中心独自クラウドセキュリティサービス開発・提供。170以上主要クラウドサービスセキュアアクセスシングルサインオン実現するSaaS認証基盤「HENNGEOne導入企業1,600社、ユーザー190超え(20209時点)この分野トップクラスシェア誇る

 

checkbox icon

課題

永続版Acrobatのインストール/アンインストールやサポート切れのチェック、新しいバージョンへの移行作業に手間がかかっていた。

graph icon

成果

・ライセンス管理の負担軽減

・自動バージョンアップにより、脆弱性対応を強化

・シングルサインオン連携によりOfficeや他のアドビ製品も一元管理

・Acrobatの高い操作性で利用者からの問い合わせはほぼゼロ


「ライセンス一元管理できるAdmin Console一番メリット。以前デバイスによる管理比べて、管理格段なりまし

 

経営企画部 ICT 企画ユニット 主席研究員 菊地 隆司

東京海上ディーアール株式会社は、東京海上日動火災保険はじめする東京海上グループ一員として、現代企業抱える様々リスク対応高度コンサルティング提供するエキスパート集団だ。同社は、Acrobat永続ライセンスサポート終了に、Acrobat DCエンタープライズ(サブスクリプション導入。シングルサインオンSSO連携により、課題あっライセンス管理負担軽減し、業務クラウド大きく前進た。

コンサルティング成果物のレポートをPDFで提供

同社では、自然災害、事業継続、交通リスク、製品・サービス、サイバー・情報セキュリティ、経営・マネジメントといった様々な分野に精通したコンサルタントが在籍しており、企業のニーズに応じた高度なリスクコンサルティングを行なっている。その成果物として、リスクの調査と分析、シミュレーション、対応策の提案、効果測定などの内容をまとめたレポートを作成し、PDFに変換したうえで顧客へ提供している。PDFが用いられる理由は、環境を問わずに内容を正確に表示できる閲覧性、改ざんなどの編集が行えないセキュリティ性などを考慮したものだ。

ライセンス管理と脆弱性対応が大きな負担に

同社以前よりPDF運用Acrobat使用た。レポートPDF変換するだけなく複数アプリケーション作成資料1ファイルマージ結合たり、ページ入れ替えたりあるいは編集できないようセキュリティかけたりといった加工行っいる。

 

コンサルタント業務上、様々アプリケーション使用することから、同社特に使用制限かけず、申請すれ必要アプリケーションセクション個別購入し、インストールすることできる。しかしAcrobatに関して利用多く、管理煩雑しまうという懸念あり、購入手続きからライセンス管理までICT部門まとめ行うようなった。

 

同社使用いるAcrobatは、それまでライセンスデバイスづい永続あっため、管理においていくつ課題あっいう。同社ICT部門システム年間計画からルール策定開発導入運用管理ユーザーヘルプまで一括担当する菊地 隆司よう話す。

 

PC古くなったり故障たり買い替えする場合、その都度インストール/アンインストールする必要ありました。またライセンス違反起きないよう、どのライセンスどのデバイスづいいる資産管理システム使っ常にチェックましが、非常手間かかるものでした」

 

リスクコンサルティングという業務特性上、自社における情報セキュリティリスク細心注意払っいる。特にAcrobatインターネットPDF直接閲覧できるソフトウェアため、脆弱対応必須。サポート切れチェック新しいバージョン移行作業手間かかっいう。

シングルサインオン(SSO)連携が導入の決定打に

2020同社使用するAcrobat一部サポート終了なることから、新しいバージョン移行進められた。当初それまで同様永続ライセンス購入予定が、アドビ営業担当からサブスクリプション移行提案た。購入手続きインストール手間軽減自動バージョンアップによりサポート切れ心配なくなるなど、サブスクリプション多くメリットあるものの、移行踏みきれない大きな懸念あっ菊地話す。

 

サブスクリプション場合、ネックなるID管理でした。150以上利用個別ID持つなると、例えば、利用パスワード忘れしまったり、アカウント設定ミスあったり場合、その都度対応なけれならないわけで、かえって我々負担増えるないという懸念ありました」

 

サブスクリプション移行最大決め手なっが、Acrobat DCエンタープライズSSO対応だった。同社2015SSO機能搭載サービス HENNGE Access Control導入し、SSO環境Microsoft Officeアプリケーション運用行った。

 

アドビクラウドサービスSAML対応し、SSO連携可能あること知って、懸念すぐ解消ました。SAMLによる構築思っ以上ハードル低く、設定検証など1あれ十分ほどです。HENNGEからアドビクラウドサービスカスタマイズわかりやすいマニュアル提供のでそれときこれいける思いました」

 

こうして20213月、Acrobat DCエンタープライズサブスクリプションライセンス導入決定た。導入から運用開始まで極めてスムーズだっ菊地いう。

 

SSO連携部分は、HENNGEマニュアルながら1時間程度構築できました。細かい部分不具合あっものの、そこアドビサポート的確かつ迅速対応くれおかけすぐ解決できまし

ライセンス管理の負担を大幅軽減

Acrobat DC エンタープライズ導入効果として、菊地一番Admin Consoleあげた。

 

「150ライセンス一元管理できるので、まで使っ資産管理ソフト比べると、格段なりました。『ライセンス付ける/外すユーザーに対してので、端末なくこのAdmin Consoleコントロールできます。人事異動退職ライセンス外すだけよいです。これまでデバイス場合と、利用アンインストールする必要り、また、それ我々確認なけれならないです。これ結構大変でした」

 

ライセンス管理方法変更なっ関わらず、利用混乱発生サポートなし利用自身サブスクリプションライセンス切り替えることできいう。

 

「Acrobat良い利用使いサポートする必要ないということです。Acrobat使っことないAcrobat Readerなら使っことあります。基本操作Reader一緒ので、そこ部分教える必要なく、それ以上ユーザー感覚わかるくらい高い操作思っます。PDF製品用意あるですが、利用からAcrobatほう断然使いやすいというよく聞きます」

金融・保険業界で高まるクラウド化のニーズ

今回導入により同社におけるクラウド推進手応えつかん菊地いう。

 

クラウド進めるにあたってSAML使っSSO連携重要いえます。今回サブスクリプション導入足掛かりに、施策考えいきたい思います」

 

業務デジタルクラウド比較的遅いいわ金融・保険業界が、昨今状況HENNGE株式会社安孫子 貴幸聞いた。

 

2018金融機関対象FISC安全対応基準(第9公開以来、弊社サービス導入れる企業年々増加ます。特に最近電子署名関連ニーズ非常高まっます。菊地おっしゃっいるように、SAMLによるSSO連携はさほど難しいものありません。新規導入もちろんですが、今回東京海上ディーアールよう導入連携容易です。メガバンク大手保険会社だけなく、その子会社関連会社、中堅企業なども、今後ますますクラウド進んいく思わます」

 

掲載情報20216現在ものです。 


菊池 隆司 氏

経営企画部 ICT 企画ユニット 首席研究員

菊池 隆司

安孫子 貴幸 氏

HENNGE 株式会社 Customer Marketing Division 

安孫子 貴幸 氏

関連するユーザー事例