用語集索引

デジタル用語事典

電子メールサービスプロバイダー (ESP)

電子メールサービスプロバイダーとは、電子メールを利用したマーケティングサービスを、企業向けに提供するテクノロジーベンダーです。
【英:Email service providers | 略:ESP】

ポイント

  • 電子メールサービスプロバイダーと連携すると、大規模な電子メールキャンペーンを展開することができます。
  • 中小企業は一般に、大企業とは異なる特徴や機能を必要とするので、自社のニーズに応じて最適な電子メールサービスプロバイダーを選択する必要があります。
  • 電子メールサービスの活用では、IPウォーミング(企業が電子メールのベストプラクティスに準拠し続けるために、電子メール送信量を徐々に増やしていく手法)が欠かせません。
  • 利用者のオプトインにもとづくことなく、購入したリストに電子メールを配信したり、大量の電子メールを頻繁に送信したりすることで、問題が発生することがあります。

目次


電子メールキャンペーンに関する様々疑問Bridgette Darling回答ますBridgetteは、アドビB2C電子メールマーケティングオムニチャネルキャンペーン管理アプリケーションあるAdobe Campaign担当する、シニアプロダクトマーケティングマネージャーですAdobe Campaignプロダクトマネージャーとして5経歴有します。アドビ入社するは、Experian Data Qualityプロダクトアナリストプロダクトマーケティングマネージャー務めました。

電子メールサービスプロバイダーとは何ですか?

電子メールサービスプロバイダーとは、電子メールキャンペーンの作成展開使用するプラットフォーム指す場合と、電子メールマーケティングキャンペーン問題なく展開できるよう支援する企業サービス指す場合両方あります。この用語かつて企業向け電子メールマーケティングプラットフォームサービス非常重視ころに、このテクノロジー分野業界使わものです。当時、企業これらプラットフォーム使用デリベラビリティ管理たり、電子メールメッセージキャンペーン管理実行たりする場合に、フルサービス代理必要ました。

こうした初期の電子メールプロバイダーはテクノロジー企業でありながらも、企業向けの入念なサービスに注力していました。その後、このテクノロジー分野は変化していき、現在の市場では、電子メールマーケティングテクノロジーのプラットフォームを包括的に指して、電子メールサービスプロバイダーという呼称が使用されています。ここで言う電子メールサービスプロバイダーとは、個人のYahooメールアカウントやGmail受信トレイではありません。対象とするのは、マーケターが電子メールマーケティングプログラムを送信するために使用するツールです。

様々な電子メールサービスプロバイダーには、どのような違いがありますか?

ほとんどの電子メールサービスプロバイダーは、コンテンツのアップロードとパーソナライズ、登録者リストのアップロード、電子メール配信の各機能を提供しています。これらは基本的な機能です。Zohoメールのように無料オプションや低コストのオプションを提供するプロバイダーもあります。こうしたオプションでは、ストレージ容量のアップグレードなど、高度な機能を購入できるのが一般的です。Outlook.comなど、有償で購入することができる大規模なプラットフォームもあります。

このテクノロジー分野の電子メールサービスプロバイダーは、中小企業(SMB)に適したB2C向けのConstant ContactやB2B向けのHubSpotから、Adobe CampaignやSalesforce Marketing Cloudといった大企業のマーケター用のものまで多岐にわたります。電子メールサービスプロバイダーの特徴や機能は、それぞれが対応している市場によって異なる場合があります。

小規模な企業向けの電子メールサービスプロバイダーは、プラットフォームの使いやすさを重視し、通常はあまり多くのカスタマイズオプションを提供しません。無料の電子メールアカウントを持つ小規模な企業を数千以上サポートできる体制をとっています。一方、大規模な企業向けのプロバイダーは、非常に細かなニーズのある大企業をサポートすることを目的としています。豊富なカスタマイズオプションを用意したり、大規模なビジネスモデルを採用した顧客がデータの作成、送信、管理を実行できる機能を提供したりしています。

電子メールサービスを導入するには、どうすればよいですか?

電子メールサービス設定プロセス企業ニーズ利用する電子メールサービスプロバイダータイプによって異なります。Adobe Campaignなど規模企業向けプロバイダー利用する場合実装チーム協力特に電子メールサービスデータスキーマ、パーソナライゼーション属性、プログラム、イニシアチブツールなど機能に関する理解深めることなるでしょう。その後、用意いるオプション適用キャンペーン設定ます。さらに、サービスプロバイダー協力「IPウォーミング」おこないます。これエンドカスタマー配信プロセス把握するためGoogle、Yahoo、Verizonなどインターネットサービスプロバイダー採用いる手法です。

IPウォーミングでは、企業は電子メールをいくつかのまとまりに分けて送信します。これにより、インターネットサービスプロバイダーは、送信者が電子メールをどのように配信しているか、またベストプラクティスに従っているかどうかを追跡することができます。続いて、送信する電子メールの量を徐々に増やしていきます。IPウォーミングを通じて、自社が送信者として信頼でき、正当なIPを使用していることを証明できます。こうしたIPのウォームアップは、実装プロセスのなかで大きな部分を占めています。マーケターは問題のないIPを使用し、いかなる面でもIPに懸念が生じないようにしなければなりません。それらのIPアドレスで、規模を徐々に拡大していきます。その後、ようやく完全な規模でキャンペーンを展開することができます。

電子メールサービスプロバイダーの利用を始めるのは、電子メールをひとつ用意し、リストをアップロードして、登録者に電子メールを配信するというワークフローを進める程度の手間しかかかりません。しかし非常に広範囲で、かなり複雑なものになる可能性もあります。実際にどうなるかは、企業の規模や総合的な目標に応じて異なります。

電子メールサービスプロバイダーを活用する主な利点は何ですか?

大規模法人向け市場活動しているマーケターは、電子メールサービスプロバイダー活用することで、電子メール介して顧客働きかけることができます。電子メールは、特にモバイルデバイスからアクセスできるなど理由で、消費者支持または愛好しているブランドとのやり取りするために最もよく使用しているチャネルです。また、顧客オファー応答する場合にも、検索エンジンの次によく使用いるチャネルですそのため電子メールサービスプロバイダー活用は、企業登録ロイヤルティ高め顧客育成いくため役立ちます。

テクノロジーの観点では、Adobe Campaignのようなエンタープライズレベルのサービスプロバイダーを使用すると、大企業は大規模なコミュニケーションに対応できるようになります。例えば電子メールであれば、総数が数百万件から、ときには何十億件に及ぶこともあるので、それらのデータすべてに対応し、それだけの電子メールを実際に配信することができるレベルのテクノロジーが必要になります。これほどの規模になると、単にGmailアカウントに登録者リストをアップロードして、電子メールを送信するだけでは済みません。データが多すぎるのです。こうした場合のデリベラビリティ、コンテンツ、顧客データを管理する機能を備えているという点が、電子メールマーケティングプラットフォームや電子メールサービスプロバイダーを使用する理由のひとつになります。さらに、電子メールサービスプロバイダーを活用すれば、スパムフィルターや電子メールストレージなどの機能をこれまで以上に制御することができます。

電子メールと他のマーケティング戦略を結び付けるうえで、電子メールサービスプロバイダーはどのような役割を果たしますか?

アドビなど一部プロバイダーモバイルプッシュ通知SMSwebパーソナライゼーションダイレクトメールなどあらゆるアウトバウンドチャネル利用可能電子メールマーケティングテクノロジープラットフォーム提供ますつまりキャンペーン準備利用できるあらゆるチャネルからエンゲージメントデータ取得電子メールプログラム登録データ組み入れることできるですAdobe Campaignは、オムニチャネルアプローチを採用電子メール閲覧webサイト購入するためリンククリックない顧客把握できますさらにPOSデータ取り込んその顧客プロファイル結び付ける顧客電子メール反応オフラインなり店舗購入おこなっことまで把握できます。

電子メールマーケティングで陥りやすい失敗には、どのようなものがありますか?

よくある失敗のひとつは、オプトインに同意した顧客だけに配信するのではなく、登録者リストを購入してしまうことです。消費者は、配信される電子メールを自らの意思で決定したいと考えており、頼んでいない電子メールが届くと、その企業に対する評価を下げることがあります。また、企業が電子メールを多く送りすぎたり、頻繁に送りすぎたりするという失敗も見られ、その結果、登録者が興味を失ったり、登録解除するようになったりすることがあります。

これらの失敗を避けるには、エンゲージメントを管理し、必ずベストプラクティスに従って電子メールリストに顧客を追加するようにします。つまり、消費者が接触してきて、自社のリストに入ることを選んだ場合にのみ、その依頼を受ける形で電子メールを送信するということです。

単なる販売促進オファーない電子メール送信たり、パーソナライズキャンペーン展開たりすること電子メールマーケティング問題予防する方法ひとつです。対象顧客固有結びつきあるコンテンツや、それまで顧客関わり踏まえコンテンツ自社webサイト過去閲覧行動反映コンテンツ提供すること企業顧客うまくつながることできます例えば男性女性両方製品扱う小売ブランドあれ女性衣類だけ購入いる顧客男性衣類オファー送信ないようましょう。

電子メールサービスプロバイダーはこれまでどのように発展してきましたか?

以前のように、企業があらゆるテクノロジーやサービスを電子メールサービスプロバイダーに依存することは、今では少なくなっています。キャンペーンの迅速な実行力を高めるために、外部の代理店とテクノロジーの連携をおこなったり、社内で担当する業務を増やしたりする企業が増えています。また、こうした変化により、キャンペーンやデータ、コンテンツ、配信に対する企業の自主性も高くなっています。そのため、電子メールサービスプロバイダーは、大規模な電子メールマーケティングプログラムの作成、パーソナライズ、配信をおこなうための企業向け機能(カスタムドメインや無制限ストレージなど)を追加するようになっています。また、キャンペーンの開始までの時間を短縮する機能も提供しています。

このような変化が原因で、電子メールサービスを利用する企業は運用にかける時間を減らし、戦略に多くの時間を割くようになっています。過去には、これらのツールが備えていた特徴や機能の多くは非常に扱いにくく、ジュニアレベルの職を中心に離職が起きていたので、企業は戦術的戦略だけに多大な時間を費やしていました。電子メールというメディアがこれまであまり進歩してこなかった原因のひとつは、こうした状況にあります。

しかし現在ディープリンク機能備え電子メールなどインタラクティブ強化電子メール実現するGoogle AMP for Emailようプロバイダー登場ます。この機能電子メールwebサイトほとんど同じ動作実現するので消費電子メールから離れることなく、製品購入、動画視聴リンククリック、調査参加などおこなえます今後さらなる機能進歩合わせ引き続き電子メール介しユーザーインタラクション全体顧客体験向上いくでしょう。


CXM/デジタル変革資料に関するおすすめの資料

CXM/デジタル変革関連資料

デジタルを活用し、CXM(顧客体験管理)を実現するために役立つ、さまざまな資料をご紹介します。

アドビ製品を活用しましょう

Adobe Experience Cloudを利用して、
新たなマーケティングの機会を生み出しましょう。