デジタル変革/CXM、デジタル用語事典

デジタルエコノミーデジタルビジネス、マーケティング、EC/デジタルコマース、マーテクなどデジタルテクノロジーまで、デジタル変革CXMに関するデジタル用語案内ます

A-Z | ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行 | ヤ行 | ラ行 | ワ行

.  . . 

A - Z


ABMとは、選定した対象企業の複数の意思決定者に対し、効果的に働きかけるB2B戦略です。

CMSとは、コンテンツを作成、管理、配信するためのソフトウェアアプリケーションおよび一連のツールと機能です。

デマンドサイドプラットフォームとは、広告主がチャネルをまたいで消費者にメッセージを送信できるように、媒体社などのサプライサイドパートナーとのやり取りを集約する基盤です。

ECとは、インターネットなどのデジタルチャネルを通じて商品やサービスを売買する行為です。

eコマースプラットフォームとは、フロントエンドおよびバックエンドシステムを介した売買を可能にするソフトウェアです。

IoTとは、物理領域内で相互接続されたコンピューティングデバイスの集まり。それらのデバイスは、多くの場合、非常に小さく、特定のアクションを実行したり、情報を収集したりします。

SEMとは、検索結果ページの上部に表示される有料広告を活用して、顧客の行動とエンゲージメントを促進することです。

ア行


インバウンドマーケティングとは、顧客起点の行動によってエンゲージメントが開始されるキャンペーンです。

オーディエンスターゲティングとは、見込み客となるオーディエンス全体から、様々な基準にもとづいて分類(セグメント化)し、選択的に接触することです。

オムニチャネルマーケティングとは、顧客エンゲージメントの任意の時点、任意のチャネルで、適切な文脈のコミュニケーションをおこなうことです。

カ行


カスタマージャーニーオーケストレーションとは、想定したセールスサイクルに沿うように顧客の行動を促すため、顧客体験を随時調整することです。

カスタマージャーニー管理とは、期待される典型的な顧客の心理的変遷を想定し、変遷のどの段階にいるかに応じて、顧客を次の段階へと導くことです。

クロスチャネルマーケティングとは、顧客が利用するチャネルを移動したとしても、その時点の顧客にとって適切なコミュケーションを行うことです。

広告とは、コンテンツを利用して、自社で所有していないプロパティで顧客に訴求し、認知やコンバージョンを促すための手段です。

顧客セグメンテーションとは、データソースを利用し、特定の特性にもとづいて顧客をグループ化することです。

顧客プロファイルとは、顧客の属性や行動などのデータをもとに、それぞれの顧客の特徴や意志を整理した情報を意味します。

コンテンツ管理とは、テキスト、画像、動画などを、制作者から調達、保管、組み合わせ、変換、配信する、一連のプロセスです。

コンテンツマーケティングとは、特定オーディエンスに働きかけ、行動変容を促すため、その目的に即したコンテンツを配信する、戦略および施策です。

コンバージョン率とは、webサイトなどの任意のチャネルに接触した母集団のうち、どの程度が所定のビジネス成果に結びついたかを、割合で示した数値です。

サ行


自動ジャーニーロジックとは、カスタマージャーニーにおける様々なやり取りに応じて、自動的にコンテンツを配信するために使用されるモデルです。

ジャーニーオーケストレーションプラットフォームとは、想定される行動変容の経路を設計し、一人ひとりがその経路のどこにいるかを把握し、それに応じた体験を提供することで、行動を促すためのアプリケーションです。

ジャーニー管理ソフトウェアとは、顧客と企業のそれぞれのやり取りを、カスタマージャーニーと紐付けるために使⽤されるツールおよびテクノロジーです。

スプリットテストA/Bテスト呼ばれ、複数デジタル体験候補うち、どれ最適検証する手法。候補webサイトモバイルアプリなどを通じてランダム提示し、結果得ます

タ行


データ分析とは、顧客に関する属性や行動などをデータとして収集し、そこから重要なビジネスインサイトを導き出すことです。

ディスプレイ広告とは、webサイトやアプリなどのデジタルプロパティで表示するための、テキストや画像で構成された広告です。

デジタルマーケティングキャンペーンとは、コンバージョンの促進を目的として、単一または複数のオンラインチャネルを通じてマーケティング戦略を実行することです。

電子メールキャンペーンとは、単一または複数のステップから成るオーディエンスとの電子メールエンゲージメントを構築、最適化、配信、測定、分析することです。

電子メールサービスプロバイダーとは、電子メールを利用したマーケティングサービスを、企業向けに提供するテクノロジーベンダーです。

動画広告とは、動画コンテンツを利用した製品やサービスのセールス手法です。

動的webサイトとは、訪問者のリクエストに応じてコンテンツを組み立てること。通常は、それぞれの訪問者に合わせて、特定のコンテンツやデータを統合するものです。

ドロップシッピングとは、小売事業者が商品を在庫として保有することなく、ドロップシッピングサプライヤーと連携し、商品の製造元から発送をおこなう流通手法です。

ナ行


ハ行


パーソナライゼーションとは、収集した顧客の属性データや行動データをもとに、最適な顧客体験を構築し、提供することです。

プログラマティック広告とは、主にリアルタイムで入札をおこなう仕組み(RTB)を利用して、広告の売買を自動化することです。

分析とは、ビジネス上の仮説や課題感をもとに、データの傾向や差異などから意味を読み解き、次に取るべき行動のための根拠や知見を獲得する過程のことです。

ヘッドレスCMSとは、コンテンツの配信レイヤーからプレゼンテーションレイヤーを分離したコンテンツ管理システムです。

マ行


マーケティングオートメーションとは、顧客との調和の取れたやり取りを自動的に構築するためのテクノロジーです。

モバイルコマースとは、購買者となる消費者や企業が、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを介して行う商取引です。

モバイル分析とは、モバイルアプリケーションやモバイルデバイスにおける、顧客の行動を監視および分析することです。

モバイルマーケティングとは、モバイルチャネルやデバイスを通じて顧客とつながり、メッセージを配信することです。

ヤ行


ラ行


リード管理とは、コンバージョンファネルを通じて顧客を特定し、育成する仕組みです。

レコメンデーションエンジンとは、適切なオファーや製品、コンテンツを特定し、顧客体験をパーソナライズするためのソフトウェアです。

ワ行


ワンツーワンマーケティングとは、コンテンツをパーソナライズして、顧客一人ひとりに合わせたやり取りを構築することです。

R


レコメンデーションエンジンとは、適切なオファーや製品、コンテンツを特定し、顧客体験をパーソナライズするためのソフトウェア