デジタル変革/CXM、デジタル用語事典

デジタルエコノミーデジタルビジネス、マーケティング、EC/デジタルコマース、マーテクなどデジタルテクノロジーまで、デジタル変革CXMに関するデジタル用語案内ます。

A-Z | ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行 | ヤ行 | ラ行 | ワ行

.  . . 

A - Z


ABMとは、選定した対象企業の複数の意思決定者に対し、効果的に働きかけるB2B戦略です。


B2Bマーケティングとは、企業間取引を目的として、特定の企業とその意思決定者をターゲット顧客とするマーケティングのことです。


B2Cマーケティングとは、消費者との取引を目的として、特定の個人をターゲット顧客とするマーケティングのことです。


CDPとは、様々なシステムに分散して記録されている顧客データをつなぎ合わせ、マーケティング施策に活用できるようにする仕組みのことです。


CMSとは、コンテンツを作成、管理、配信するためのソフトウェアアプリケーションおよび一連のツールと機能です。


CXMとは、顧客を中心に据え、顧客一人ひとりの体験が常に最適になるよう維持することにより、自社の提供価値と顧客満足を最大化する、一連の取り組みです。


デマンドサイドプラットフォームとは、広告主がチャネルをまたいで消費者にメッセージを送信できるように、媒体社などのサプライサイドパートナーとのやり取りを集約する基盤です。


ECとは、インターネットなどのデジタルチャネルを通じて商品やサービスを商取引する行為です。


eコマースプラットフォームとは、フロントエンドおよびバックエンドシステムを介して、商品やサービスの商取引を仲介するソフトウェアです。


IoTとは、さまざまな物体にネットワーク接続機能を持たせ、相互接続させることです。これまでネットワーク接続された情報機器だけでなく、身近なモノや機械などのデバイスをネットワークに接続し、何らかのアクションの実行や情報収集などを行います。


SEMとは、検索結果ページの上部に表示される有料広告を活用して、顧客の行動とエンゲージメントを促進することです。


ア行


アトリビューションとは、さまざまなマーケティングチャネル施策について、コンバージョンや売上に対する貢献度を評価する手法です。


インバウンドマーケティングとは、顧客起点の行動によってエンゲージメントが開始されるキャンペーンです。


オーディエンスターゲティングとは、見込み客となるオーディエンス全体から、様々な基準にもとづいて分類(セグメント化)し、選択的に接触することです。


オムニチャネルマーケティングとは、顧客エンゲージメントの任意の時点、任意のチャネルで、適切な文脈のコミュニケーションをおこなうことです。


カ行


カスタマージャーニーとは、顧客がブランドを認知することから始まる、顧客とブランドの関係における一連の過程のことです。


カスタマージャーニーオーケストレーションとは、想定したセールスサイクルに沿うように顧客の行動を促すため、顧客体験を随時調整することです。


オーディエンスターゲティングとは、見込み客となるオーディエンス全体から、様々な基準にもとづいて分類(セグメント化)し、選択的に接触することです。


記述的分析:Descriptive analytics

記述的分析とは、ビジネス活動などにより生成された過去のデータから、事実や傾向などを読み解くことで、活動の全体像をインサイトとして導き出す分析手法のことです。


クッキーレスとは、企業が3rdパーティCookieに依存しないマーケティング手法を採用することです。


クラスター分析:Cluster analysis

クラスター分析とは、対象データを特徴の共通するグループ単位に分類する分析手法のことです。探索的データ分析の一形式で、分類したグループを他のグループと比較対照することで、インサイトを導くことができます。


クロスチャネルマーケティングとは、顧客が利用するチャネルを移動したとしても、その時点の顧客にとって適切なコミュケーションを行うことです。


広告とは、コンテンツを利用して、自社で所有していないプロパティで顧客に訴求し、認知やコンバージョンを促すための手段です。


行動セグメンテーションとは、カスタマージャーニーにおける行動にもとづいて、顧客を分類することです。


顧客獲得とは、これまで企業と取引していなかった相手と、新たに関係を築き、取引関係を結ぶことです。


顧客セグメンテーションとは、データソースを利用し、特定の特性にもとづいて顧客を分類することです。


顧客体験(CX)とは、対面やデジタルを含む任意のブランドとの接点で、ブランドとの相互作用を通じて顧客が知覚することです。


顧客プロファイルとは、顧客の属性や行動などのデータをもとに、それぞれの顧客の特徴や意志などを整理した情報の集合です。


コンテンツ管理とは、テキスト、画像、動画などを、制作者から調達、保管、組み合わせ、変換、配信する、一連のプロセスです。


コンテンツマーケティングとは、特定オーディエンスに働きかけ、行動変容を促すため、その目的に即したコンテンツを配信する、戦略および施策です。


コンバージョン率とは、webサイトなどの任意のチャネルに接触した母集団のうち、どの程度が所定のビジネス成果に結びついたかを、割合で示した数値です。


サ行


サイコグラフィックセグメンテーションとは、人の親近感や好みなどの感情をデータで表現し、何らかの基準で分類することです。


自動ジャーニーロジックとは、カスタマージャーニーにおける様々なやり取りに応じて、自動的にコンテンツを配信するために使用されるモデルです。


ジャーニーオーケストレーションプラットフォームとは、想定される行動変容の経路を設計し、一人ひとりがその経路のどこにいるかを把握し、それに応じた体験を提供することで、行動を促すためのアプリケーションです。


ジャーニー管理ソフトウェアとは、顧客と企業とのコミュニケーションを、カスタマージャーニーと関連付けるために使用されるツールおよびテクノロジーです。


消費者マーケティングとは、個人向け商品やサービスの購入や利用を促すため、パーソナライズされた体験の提供など、個人を対象にマーケティング施策を実施することです。


処方的分析:Prescriptive analytics

処方的分析とは、ビジネス活動などにより生成されたデータから、その活動の成果達成にもっとも寄与する対応策を、自動的に発見する分析手法です。データから有効な対策を数学的に見つけ出すため、マシンラーニングが使われます。


スプリットテストとは、複数のデジタル体験候補のうち、どれが最適かを検証する手法です。A/Bテストとも呼ばれます。候補をwebサイトやモバイルアプリなどを通じてランダムに提示し、結果を得ます。


ソーシャルメディアマーケティングとは、任意のソーシャルネットワークを通じて利用者と交流し、ブランドのプレゼンスを管理することです。


相関分析:Correlation analysis

相関分析とは、ふたつの変数が線形の関係にあるかを調べ、その関係性を把握する分析手法のことです。二変量分析とも呼ばれます。


タ行


タグマネージャーとは、ソースコードを編集することなく、タグの追加や変更などを管理するためのツールです。


多変量分析:Multivariate analysis

多変量解析とは、複数の変数からなるデータを対象に、それら変数の間にある関連性を導き出す分析手法です。


チャーン:Churn

チャーンとは、継続的な取引関係にある顧客が、その関係から離脱することです。サブスクリプションサービスにおける顧客の解約が、これに該当します。


データウェアハウスとは、データベースや取引システムなどのさまざまな情報源からデータを集めた、⼤規模なリポジトリのことです。


データドリブン型の意思決定:Data-driven decision-making

データドリブン型の意思決定とは、直感ではなく、データから導かれたインサイトを判断の拠り所として意思決定することです。


データビジュアライゼーション:Data visualization

データビジュアライゼーションとは、的確な意志決定を支援するために、データを視覚的に表現することです。


データ分析とは、顧客に関する属性や行動などをデータとして収集し、そこから重要なビジネスインサイトを導き出すことです。


データレイク:Data lake

データレイクとは、企業が収集した顧客に関するローデータと、3rdパーティの関連データを一元管理するための、リポジトリのことです。


ディスプレイ広告とは、webサイトやアプリなどのデジタルプロパティで表示するための、テキストや画像で構成された広告です。


デジタル著作権管理(DRM)とは、第三者に版権の帰属するデジタルアセットを、権利を保護しながら企業内で共有、利用するための仕組み、ポリシー、技術の総称です。


デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション、DX)とは、自社の経営戦略、事業形態、組織などを、今日のデジタル経済にふさわしいビジネスのあり方に転換することです。


デジタルマーケティングキャンペーンとは、コンバージョンの促進を目的として、単一または複数のオンラインチャネルを通じてマーケティング戦略を実行することです。


電子メールキャンペーンとは、単一または複数のステップから成るオーディエンスとの電子メールエンゲージメントを構築、最適化、配信、測定、分析することです。


電子メールサービスプロバイダーとは、電子メールを利用したマーケティングサービスを、企業向けに提供するテクノロジーベンダーです。


動画広告とは、動画コンテンツを利用した製品やサービスのセールス手法です。


動画マーケティングとは、ブランドやメッセージ、製品、サービスに関するプロモーション施策に、動画を利用することです。


動的webサイトとは、訪問者のリクエストに応じてコンテンツを組み立てること。通常は、それぞれの訪問者に合わせて、特定のコンテンツやデータを統合するものです。


ドロップシッピングとは、小売事業者が商品を在庫として保有することなく、ドロップシッピングサプライヤーと連携し、商品の製造元から発送をおこなう流通手法です。

ハ行


パーソナライゼーションとは、収集した顧客の属性データや行動データをもとに、最適な顧客体験を構築し、提供することです。


バウンス率(直帰率):Bounce rate

バウンス率とは、webサイトやアプリにおいて、1ページまたは1コンテンツのみ閲覧して離脱した訪問者の割合のことです。


ヒートマップ:Heat map

ヒートマップとは、色を使ってデータポイントを表現するビジュアライゼーションツールの一種です。通常、データポイントの量を色の濃淡として可視化します。


ビジネスインテリジェンス(BI)とは、データ分析の⼀分野で、収集データを分析、可視化し、ビジネスの意思決定に活用するための技能、プロセス、テクノロジーの総称です。


ビジネス分析とは、データサイエンスを利用して、経営判断に役立つモデルを構築し、組織のプロセス改善に反映するための技能、プロセス、テクノロジーの総称です。


ビッグデータ:big-data

ビッグデータとは、ビジネスに役立つインサイトを獲得するために分析される、大規模で、非定型な、高頻度に生成されるデータの集合です。通常はテラバイトやペタバイト規模に及びます。


プッシュ通知とは、スマートフォンなどのアプリを通じて、通知したいメッセージを自動的に配信することです。


プログラマティック広告とは、主にリアルタイムで入札をおこなう仕組み(RTB)を利用して、広告の売買を自動化することです。


分析とは、ビジネス上の仮説や課題感をもとに、データの傾向や差異などから意味を読み解き、次に取るべき行動のための根拠や知見を獲得する過程のことです。


ヘッドレス型CMSとは、コンテンツの配信レイヤーからプレゼンテーションレイヤーを分離したコンテンツ管理システムです。


マ行


マーケティングオートメーションとは、顧客との調和の取れたやり取りを自動的に構築するためのテクノロジーです。


マーケットセグメンテーション:Market segmentation

マーケットセグメンテーションとは、市場全体のうち、企業が対象とする特性に該当すると想定される顧客をグループ化することです。


マシンラーニング(機械学習)とは、AIのサブセットで、供給された膨大なデータから学習し、分析や予測などを行うテクノロジーです。


モバイルアプリ開発とは、様々なモバイルデバイスで動作するアプリケーションを設計、具現化することです。


モバイルコマースとは、購買者となる消費者や企業が、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを介して行う商取引です。


モバイル分析とは、モバイルアプリケーションやモバイルデバイスにおける、顧客の行動を監視および分析することです。


モバイルマーケティングとは、モバイルチャネルやデバイスを通じて顧客とつながり、メッセージを配信することです。


.

ヤ行


ユーザーエクスペリエンス(UX)とは、webサイトやアプリなどの何らかの対象を利用する過程で、利用者が知覚することです。


予測モデリング:Predictive modeling

予測モデリングとは、将来の結果を予測するために用いられる統計的手法およびプロセスのことです。マシンラーニングを利用して次に起こることを予測する、予測分析に関連します。


ラ行


ランディングページ(LP)とは、訪問者の態度変容を促す、あるいは見込み客へ転換するために構築され、独立したメッセージと構成を備えたwebページのことです。


リード管理とは、コンバージョンファネルを通じて顧客を特定し、育成する仕組みです。


リードジェネレーションとは、自社のビジネスの潜在顧客を特定し、需要を喚起し、商談化を促す、一連の取り組みのことです。


レコメンデーションエンジンとは、適切なオファーや製品、コンテンツを特定し、顧客体験をパーソナライズするためのソフトウェアです。


レスポンシブwebデザインとは、様々なデバイスの異なるスクリーンサイズにおいても、品質が一定に保たれるようにwebページを構築することです。

ワ行


ワンツーワンマーケティングとは、コンテンツをパーソナライズして、顧客一人ひとりに合わせたやり取りを構築することです。