データ分析の民主化




Adobe logo

企業資産としてのデータを、全社員が活用できるように


日々のビジネス活動から生まれる、様々なデータ。そこには、企業と顧客の実態や未来を指し示す、何らかの価値ある情報が含まれています。

しかし、きちんとデータを整理し、活用し、知見を取り出さなければ、そうした価値は得られません。データを分析し、そこから導かれた知見をもとに、次のアクションに生かすには、どうしたらよいでしょうか。それは施策の現場にいるすべての社員に、データを活用する機会を与えればよいのです。自身の日々の業務上の課題と、データから得られた知見から、次に何をすべきかが見えてくるようになるのです。

データをどこかにしまい込んでおくのではなく、誰もが使えるようにすること、それが「データの民主化」です。データを民主化し、全社員が顧客が求めているものが何かを理解すれば、顧客体験はより磨かれていくはずです。この特別記事『データ分析の民主化:全員にアクションの機会を与える』では、次のポイントをご紹介します。

  • データから価値を引き出すためには
  • データを新たな確度から検討することで得られる価値
  • データ分析を定着させるには

 

自社の抱えるデータから価値を引き出し、アートな発想と分析がもたらすサイエンスを融合させたデータドリブンな組織文化を作りたいと考えているマーケターやビジネスリーダーの方は、ぜひご覧ください。



 

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. in the United States and/or other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved.