Adobe Experience Cloud

ユーザー事例:NVIDIA




Adobe logo

顧客一人ひとりに最適な体験を

Adobe Senseiによるマーケティング改革

より多くの人にメールを開封してもらうには──。各有料チャネルの投資効果はどれくらいで、最適な組み合わせは──。キャンペーンの推移分析や、新規/既存ユーザーの構成の変化などを可視化しながら、常に改善を繰り返す。マーケティング施策の成果を高めるために、NVIDIAはアドビの人工知能とマシンラーニングのテクノロジー「Adobe Sensei」を活用しています。

Adobe Senseiなら、新たに分析システムを構築したり、学習データを用意したり、得たインサイトをマーケティングプラットフォームに組み込むといった作業が不要。わずか数週間で稼働を開始させることができたといいます。

導入後、NVIDIAは、世界の各地域によって異なる顧客行動の把握、最適な予算配分の実現、顧客の将来動向の予測など、様々な分析にチャレンジしています。具体的な取り組みと成果、そして、AI活用のポイントを見ていきましょう。

効果

  • 顧客との各タッチポイントの投資効果が明確になり、最適なリソース配分が可能になった
  • 顧客行動の高精度な予測が可能になり、適切なタイミングでリテンションをかけられるようになった
  • メール配信タイミングを最適化できるようになった


 

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. in the United States and/or other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved.