eBook

そこそこのMAが直面する3つの大きな壁を乗り越えるには


高機能なMAが持つ、マーケターに役立つ機能を解説

2018年以降、国内でもMAが急速に普及し、数十を超える様々なMAソリューションが市場に出回るようになりました。選定を進める際、UIがシンプルで簡単そうに見えたり、価格が安かったり(大きく値引してくれる)するソリューションに魅力を感じ、しっかりと比較検討せずに導入を決定する方も多いのではないでしょうか。

しかし、そうしたシンプルなソリューションは利活用を進める上で、しばしば大きな壁にぶつかることがあります。

Raab AssociatesとVentureBeatの調査によれば、マーケティングオートメーションを導入した企業の75%が投資以上の成果が出ていると回答しているのに対し、25%の企業は投資に見合った価値が出ていないと回答しています。

なぜ、このような差が生まれるのでしょうか?

どれも同じように見えるマーケティングオートメーションも、「日々繰り返す業務を効率化できるか」「施策を高度化させたい時に機能が足りているか」「習熟するための様々なリソースが用意されているか」など、様々な点で差があるのが事実です。

具体的にどのような差があり、本当の意味でマーケターの役に立つMAの機能について、この「そこそこのMAが直面する3つの大きな壁を超えるには」でご確認下さい。

フォームに入力し、[送信] をクリックします