ブランドリスクの罠




Adobe logo

組織全体でコンテンツを適切に保つには


企業のメッセージは、コンテンツを通じて顧客に届けられます。顧客接点の多様化により、コンテンツの数と種別は膨大なものとなりました。それらが各接点で顧客の目に触れ、ブランドへの印象を左右します。そのため、もしコンテンツが正確さに欠けていたなら、顧客は誤解し、あるいは混乱し、ブランドへの信頼性の失墜にすらつながりかねないのです。

そうしたコンテンツの不具合は、不可抗力によっても起こりえます。例えば、和暦「平成」と記載されている箇所を、2019年5月1日以降は新元号「令和」に変更する必要があります。あるいは消費税率の変更など、社会的事象や社会制度の変更がコンテンツの正確性に直接関わることがあります。また、自社の施策や時間の経過などによって、更新が必要になることもあるでしょう。

コンテンツの増大により、修正漏れのリスクは高まっています。制度変更や時間経過リスクを適切にコントロールし、スムーズな更新と承認フローを可能にする仕組みが求められます。

アドビのガイド『ブランドリスクの罠:組織全体でコンテンツを適切に保つには』では、そのようなコンテンツの的確な更新を担保する仕組みとしてAdobe Experience Manager Assetsがもたらす利点を解説します。



Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries.All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.