Adobe Experience Managerのハイブリッドアーキテクチャ:多様なチャネルに向けてコンテンツを制作し配信するために




Adobe logo

多様なチャネルに向けてコンテンツを制作し配信するために

これまでCMS(コンテンツ管理システム)の役割は、webブラウザーやモバイルアプリからブラウズすることのできるwebサイトの構築を効率化することでした。その後、ウェアラブル、VR、IoT、スマートスピーカーなどの新たなテクノロジーにもとづいた新興チャネルが続々と登場し、これらに対応するヘッドレス型CMSが登場してきました。

従来型CMSとヘッドレス型CMSの併存により、それぞれのチャネルに特化した効率性が実現される一方で、異なる制作ワークフローが混在するため、適切なコンテンツを迅速に展開するのを難しくしています。異なるCMSの併存によって、チャネル毎の体験に一貫性が失われてしまうのです。

この課題を解決し、どのようなチャネルに対しても、すばやく最適な体験を届けることを可能とする、Adobe Experience Managerのハイブリッドアーキテクチャをご紹介します。

従来型CMSには馴染みがあるもののヘッドレス型CMSについて初めて耳にされる方、新興チャネル向けのフロントエンド開発者やアプリケーションエンジニアなど、顧客体験に関わる企業システムに携わるIT部門の方々は、ぜひご覧ください。



Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries.All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.