コンテンツの激流をいなすには




Adobe logo

多彩な体験を生むコンテンツワークフローの構築

 

顧客体験の最前線で、まさに体験を生み出す担い手となるのが「コンテンツ」です。コンテンツとは「情報の中身」であり、情報を「具現化したもの」です。コンテンツは、テキスト、画像、音声、動画などの表現形態に込められた、情報そのものなのです。コンテンツがあるからこそ顧客は、企業やブランドが伝えようとするメッセージを受け取り、そこから何かを感じ、心を動かすことになります。

企業やブランドが伝えたいメッセージが、もしたったひとつだったなら、コンテンツもひとつで済んだのかもしれません。しかし伝えたいメッセージは、目的ごとに異なり、時と場合によっても異なることでしょう。また、伝える相手の期待や、相手の置かれている状況によっても異なってしかるべきです。さらに、メッセージを伝える方法、すなわちチャネルによっても、表現の形は変わることでしょう。つまり企業は、膨大なコンテンツを扱わなければなりません。多様なコンテンツをすばやく制作し、公開に向けて仕立て、それぞれの顧客と接触することで、顧客体験は形作られます。その様は、まるで激流のようです。

膨大なコンテンツの制作と提供を適切にこなさなければならない状況は、企業にとって困難な挑戦です。こうしたコンテンツの激流に立ち向かうために、このアドビCXMガイド『コンテンツの激流をいなすには:多彩な体験を生むコンテンツワークフローの構築』が参考になるでしょう。

主な内容

  • 多彩なコンテンツを適切に管理するためのデジタル基盤
  • 最適なコンテンツワークフローを構築するための7つのベストプラクティス
  • 時間のかかる取り組みに対する心構え


Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.