アドビCXMガイド

APIファーストな没入型オムニチャネルエクスペリエンス




Adobe logo

Adobe Experience Managerで実現する
ヘッドレス型のコンテンツ管理と提供

 

顧客と企業の接点となるチャネルやデバイスは、多様化を続けています。かつてスマートフォンが登場した頃は、PCサイトとモバイルサイトを個別に構築する替わり、レスポンシブデザインによる「シングルソース/マルチユース」が主流となりました。今では、モバイルアプリ、デジタルサイネージ、IoTやスマートデバイス、VRなど、「人が操作するブラウザー」を前提としないデジタルチャネルの増加、という新たな状況が訪れています。

CMSは、こうしたチャネルやデバイスを通じて届けるべきコンテンツを効率的に管理するために、進化を続けています。そして、ヘッドレス型チャネル向けの開発を行うフロントエンドエンジニアのために、ヘッドレス型CMSが登場しました。これによってコンテンツとエクスペリエンスが分離されるため、エンジニアは使い慣れたフレームワークを使った開発に、マーケターとクリエイターは従来通りコンテンツに注力できます。

従来型CMSとしてだけでなく、ヘッドレス型CMSとしても優れた能力を発揮するAdobe Experience Managerなら、チャネルやデバイスの多様化にも、開発や制作の生産性と運用の効率性を保ちながら、顧客の期待するエクスペリエンスを構築することができます。

このアドビCXMガイド『APIファーストな没入型オムニチャネルエクスペリエンス:Adobe Experience Managerで実現するヘッドレス型のコンテンツ管理と提供』では、APIによるコンテンツの管理と再利用、コンテンツ配信、チャネル拡張といったヘッドレス型CMSに求められる能力を、Adobe Experience Managerがどのように実現するかを解説します。

 

主な内容

  • 従来型CMSの備えるヘッドフルモードと、ヘッドレス型CMS
  • これまでのヘッドレス型CMSによるフロントエンドアプリケーション開発に残された3つの課題
  • オムニチャネルに対応するAdobe Experience ManagerのAPIファーストなアプローチ


Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.