消費財のコマースビジネス最前線




Adobe logo

B2BやD2Cの境界がなくなる未来に備える

 

消費財企業にとって、消費者に直接販売するD2Cモデルの大きな可能性は、自明でしょう。ただ、商材によっては店舗での対面チャネルも不可欠です。また、強力なリーチを持つ小売企業との関係も大切です。そのため、自社商品の販路を拡大し、市場を最大化するためには、消費者と法人バイヤーの双方のために、それぞれの特性に合わせたストアフロントが求められます。そこで課題となるのは、別々のコマース基盤を展開したときに避けることのできない、「人、手間、時間」の大きな負担です。

このアドビのCXMガイド『消費財のコマースビジネス最前線:B2BやD2Cの境界がなくなる未来に備える』では、B2C/B2BやD2Cといったビジネスモデルの違いを乗り越えて、負担を抑えつつ優れたコマース体験を提供するポイントを解説します。

 

主な内容

  • 消費財企業における販路拡大の機会
  • B2BコマースとD2Cコマースを融合させる利点
  • ハイブリッド型コマース基盤を採用する理由


Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries.All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2022 Adobe Inc. All rights reserved.