【解説CXM】

クラウド化で進化するCMS




Adobe logo

コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに

 

豊かな顧客体験を提供できるかどうかは、企業競争力に直結します。時間と共に移ろう多様な顧客ニーズ、さまざまなチャネルに応じて適切なコンテンツを届けることが、顧客の期待に応えるうえで欠かせないためです。そうした複雑化するコンテンツ管理を効率化するため、CMSは大部分の企業にとって欠かせない存在でしょう。

オープンソース型CMSでライセンスコストを節約したとしても、コンテンツ創出の迅速化、市場変化への迅速な対応、新興チャネルやオムニチャネルへの対応など、さまざまな課題が残ります。市場変化が激しいいま、導入や要件追加に特に期間が長くかかるようでは、致命的です。多ブランド展開、多国展開している企業ならば、その分だけ時間がかかってしまうかもしれません。

こうしたコンテンツ管理にまつわるさまざまな課題を、運用面でもコスト面でも解決するのが、クラウドネイティブ型CMSです。これまでと異なり、大企業だけでなく中堅企業にとってもリーズナブルな選択肢となっています。このクラウドネイティブ型CMSというイノベーションを中心に、アドビのCXMガイド『クラウド化で進化するCMS:コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに』で解説します。

 

主な内容

  • コンテンツ管理にまつわる課題
  • 市場変化に適応するためにCMSに求められる5つの要件
  • CMSを迅速かつスマートに導入する5つのベストプラクティス
  • CMS稼働後の継続的な成長で、価値を引き出す
  • ニーズの変化に応じて進化するCMS


Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries.All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2022 Adobe Inc. All rights reserved.