Adobe Experience Cloud ポッドキャスト

エクスペリエンス主導型コマース入門

 

企業における真の差別化要因『エクスペリエンス(顧客体験)』とは一体何なのか。

モノではなく顧客の「体験価値」を売る とは?

『エクスペリエンス主導型コマース入門:「優れた体験」の購入を促すための3つの目標』

こちらのガイドは、本ページからご視聴いただける音声コンテンツ「Adobe Experience Cloud ポッドキャスト」と連動しています。より理解を深めるために、あわせてご活用ください。

このポッドキャストは、最新のデジタルマーケティング、CXM(顧客体験管理)、Adobe Experience Cloud製品への理解を深めることができる、経営層およびマーケターのための「体感型音声コンテンツ」です。

変化を続ける顧客のニーズを予測し、企業が「デジタル変革」を推進することで優れた顧客体験を提供するためのヒントをお届けします。

 

トピック:コマース

製品/サービス:Adobe Commerce Cloud

Episode 04   03  |   02  |  01  |  予告編

 

Episode 04 データを助手にする - ビジネスと顧客のインサイトを獲得 -

リアルタイムな顧客行動データを活用すれば、それぞれの顧客が現在どのようにブランドと関わっているのかを把握することができます。顧客の残した「あらゆる反応」や「行動の手がかり」を通じてカスタマージャーニーを見つめ直すことで、「体験価値」を最大化していくことができます。

再生時間:11:12


 

Episode 03 あらゆる場面で顧客にリーチ - オムニチャネル対応 -

顧客が商品を購入する時、購入までの経路は一人ひとり異なります。そして、顧客は「どの接点や経路からでも一貫した体験価値が得られる」ことを期待しています。このエピソードでは、「エクスペリエンス主導型コマース」実現のための2つ目のポイント、「あらゆる場面で顧客とつながる方法(オムニチャネル対応)」について解説していきます。

再生時間:18:02


 

Episode 02 パーソナライズされたEC体験 - 一流接客スタッフの対応を実現 -

もしも、店舗で一流スタッフに対応されているような体験がショッピングサイトでも得られたならば、その顧客の「体験価値」は飛躍的に向上するでしょう。このエピソードでは、顧客の「体験価値」を向上させる1つ目のポイントである「セグメント」と「パーソナライズ」について解説していきます。

再生時間:12:45


 

Episode 01 EC新時代 - モノではなく「体験価値」を売る -

消費者の体験を中心に構築するコマースモデル「エクスペリエンス主導型コマース」とは?顧客の「体験価値」のための5つの重要な特徴と「エクスペリエンス主導型コマース」実現に向けた全体像についてお話しします。

再生時間:13:13


 

予告編

ビジネスの世界は以前とは大きく様変わりしました。今日の急成長企業にはひとつの共通点があります。それは商品やサービスではなく、エクスペリエンス、すなわち「体験価値」を販売しているという点です。

再生時間:00:27

*本音源は、Apple Podcastなどのポッドキャストアプリでもお聴きいただけます。

Adobe Experience Cloudポッドキャストのその他エピソードは、以下からお聴きいただけます。

 

ポッドキャスト一覧を見る