多様化する広告運用の未来はプログラマティック取引にある




Adobe logo

顧客中心時代の広告の姿とは


消費者は日々の生活の中で、様々なメディアに接します。その行動経路は制御も予測もできません。これはいわばメディア行動のオムニチャネル化であると、米調査会社Forresterは分析しています。

こうした行動を考慮せず、企業がデジタル広告を活用してキャンペーンを展開すると、必ずしも消費者にとっては適切な体験にはなりません。広告取引やキャンペーン運用も、オムニチャネル型へと移行する必要があるのです。

ところが企業がこれに取り組むためには、様々な課題が行く手を阻みます。広告取引にまつわる組織、プロセス、テクノロジーが問題として立ちはだかるからです。オムニチャネル型の広告取引を展開するために、企業の内外をとりまく複雑な要因を克服するには、どのような変化が求められるでしょうか。

このレポートでは、広告取引の将来像ともいうべきプログラマティック取引(自動広告運用型の取引)を主軸として、移行すべき理由、実行すべきアクション、移行に向けた三つのステップを解説します。



Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.