CXM顧客行動調査:消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ




Adobe logo

CXM調査レポート:アドビ × 電通デジタル

 

人々の価値観や嗜好が多様化した一方で、世の中には情報があふれています。そのため、消費者は自分に合った情報を見つけるのが容易ではなく、企業も消費者の関心を引くのが困難な状況にあります。企業がこれを打開するためには、いまこそパーソナライズ施策に注力し、その精度を高めていく必要があります。一方で、消費者はそのような企業の施策を、どのように捉えるのでしょうか。

そこでアドビと電通デジタルは、日本の消費者1,000人を対象として、デジタル体験の好みや企業への期待について調査しました。これにより、消費者が企業のマーケティング活動について、どのような体験であったなら好ましいと感じるか、企業が消費者のデータを利用するための前提となる条件は何かを明らかにしています。

調査レポートの主な内容

  • 企業のマーケティングに関する消費者の認知、行動、頻度
  • 企業から参照されても良いと消費者が考える情報の範囲
  • 消費者が納得する企業のデータ活用パターン
  • 消費者データを活用して効果を得られる要因
  • 消費者に喜ばれるマーケティングシナリオ

 

高い顧客満足度によってビジネスの成長や競合差別化を図りたい経営層やビジネスリーダー、消費者に好まれるパーソナライズなどの顧客体験管理(CXM)を実践したいマーケター、DMPやCDPなどの顧客データ基盤をどのように整備すべきかを検討しているIT企画リーダーは、ぜひこの調査レポート『CXM顧客行動調査:消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ』をご覧ください。



Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.