メール施策を改善した結果、サービス改善へと戦略を転換

株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチロゴ

創立

2007年

本社:東京
www.bizreach.jp

135%

書類OKユーザー数が135%増

導入製品:

Adobe Marketo Engage

活用用途:

メールマーケティング、リードナーチャリング

 

checkbox icon

課題

メール施策の改善

graph icon

成果

ログインユーザー数が前年比で139%増加

書類OKユーザー数が135%増

新たな課題の発見とプロダクト改善への転換

会社の成長フェーズの変遷とともに、サービスを根本から見直す

国内最大転職サイトビズリーチ運営人材業界変革挑み続ける株式会社ビズリーチ会員利用企業業績好調推移する進めいる従来ビジネスモデル"破壊"いとわない大胆マーケティング施策注目集めいる

 

同社Marketo Engageを活用マーケティング取り組みスタート2015こと企業向けサービスBtoBマーケティング成果上げ、16から求職向け活用スタート。その振りとしてチーム率いが、同社カスタマー企画プロダクトマネジメントグループ マネジャー晋平*だ。

 

企業によるレジュメ検索閲覧少ない送らくるスカウトメール受信少ないといった会員抱える課題着目自社ユーザーデータMarketo Engage連携。セグメントレジュメ更新改善メール施策実施プロダクト改善並行行い、メール開封レジュメ更新スカウト受信返信大幅改善するなど、一定成果上げること成功する

 

ここまで成果として月別ログインユーザー前年139増加月別書類OKユーザー応募職務経歴などOKなっ135達成メール施策セグメント見直し適正により174比較する1あたりメール受信半減実現いる

 

またMarketo Engage活用シナリオ沿っメール送信実施会員向けメルマガ開封14.6比較メール平均開封37.4クリック13.4達成いる

 

しかし同社成長フェーズ変遷とともに新た課題浮上する

 

同じチームプロダクトUIUXディレクション担当する館山 真幸働き改革推進などあり会員裾野拡大初めて転職挑むようユーザー増え転職慣れないゆえミスマッチ離脱退会など対応求められまし指摘

 

こそ9年間守っもの時代変化見据え考え直すべきときないそんな問題意識からユーザー視点優先3目安する中期スパンプロダクト根本から見直す新たチャレンジ切る

3つの方針で、中期的なサービス戦略を描く

具体取り組み大きく3つある

 

1KGI転換従来アクティブユーザーマッチングなど数値目標から既存会員顧客満足フォーカスNPSネットプロモータースコア向上KGI設定NPS成約相関社内PMメンバーにより数値明らかことKGI転換後押し材料なっ明かす

 

2サービスシンプルユーザーアンケート社内カスタマーサポート営業メンバーとも連携機能サービス絞り込み実施するとともにユーザーコミュニケーションリセット実践メール施策セグメント切り再考取り組んいる

 

3組織編成マーケティング企画担当プロダクトマネジメント企画担当1チーム編成一貫ファネルエンゲージメント向上注力いる

 

またさらなるNPS向上目指しデータ分析強化複数マーケティングテクノロジー連携向け取り組み推進いる

 

掲げる構想すべて顧客データベース収集統合アクセス分析BI分析ツールといったマーケティングツール同期整合向上マーケティング施策生かすとともに社内メンバー生産向上つなげいく構え

 

これから誕生する"新生ビズリーチ"日本働きどう変えいくさらなるチャレンジ注目たい

 

 

*取材所属部署

2018425現在

関連するトピックス