Adobe Marketo Engage

Adobe Marketo Engage複雑購買体験スムーズ

顧客との良好な関係を構築、継続させるための顧客体験を設計し、新規獲得からロイヤル顧客化に至るまで、測定可能な成果を得ることができます。

マーキー
製品の概要タブ

顧客体験設計、関係構築し、より深いものへと推進する

  • 行動のトラッキングにより適切な顧客や見込み客との関係を構築する
  • 自動化されたマーケティングキャンペーンを簡単に構築し、拡張させる
  • マーケティング全体や各チャネル施策の収益への貢献度を測定する

行動データ蓄積し、充実標準機能高度アクションフロー組み合わせることで、顧客体験設計し、良好関係構築推進ます。

アカウント最適アプローチ取り、商談勝率高める

  • アカウントリストの作成をAIで効率化
  • チャネルを問わず、アカウントに応じた体験を自動的に提供
  • マーケティングと営業の連携性を向上させ、商談を着実にまとめる

ABMアプローチ最適顧客体験組み合わせ、適切相手刺さる提案届けることで、顧客検討段階効率進め、商談スムーズまとめます。

ガイド

リード獲得、興味関心醸成、成約可能性高いホットリード営業共有

  • インバウンドとアウトバウンドのプログラムを作成し、見込み客の流入を増やす
  • 営業がアプローチする前に、情報提供を通じて検討度合いを把握する
  • 施策への反応を計測し、収益と各施策を紐づけることでマーケティング施策の貢献を証明、改善する

見込み客を引きつけ、パーソナライズされた施策で興味関心を醸成することで、関係が構築され検討が進んだタイミングで営業部門がアプローチできます。

ガイド

興味関心あわせた対話より、顧客引きつける

  • web、メール、SNS、モバイルなど顧客のさまざまな行動情報を収集する
  • 個人の行動に応じてリアルタイムで関連性のある会話を作成する
  • シンプルなダッシュボードと詳細なレポートにより、施策の効果とROIを把握する

集約したデータを利用し、顧客のオンラインでの行動にあわせたメールキャンペーンを自動化します。シナリオの変更や配信数の増加にも柔軟に対応します。

ガイド

施策効果可視化し、活かす

  • チャネルや施策を問わず、あらゆるタッチポイントで顧客の反応を測定
  • 収集したさまざまなデータをアカウントと意志決定者の観点で集約
  • フィルタリングやセグメントなど、適切な観点でデータを可視化し、合理的な意志決定を支援

あらゆるタッチポイントから得られるデータからビジネスへの貢献度を導き出すことで、より適切なコンテンツ、施策を見つけ出し、ファネルの段階に応じた戦略を改善できます。


ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2021年版」

MA分野さまざまベンダーで、Gartnerアドビ「市場のリーダー」評価しています。


Adobe Marketo Engageの導入事例

B2B/B2Cや企業規模を問わず、あらゆる規模、業種の企業で幅広く採用されています。

アイコン

エンゲージメントが6倍に

アイコン

キャンペーンの市場投入までの時間が1/3に短縮

アイコン

MQLからSQLへの転換が388%増加

アイコン

デジタルマーケティングのROIが40倍に


マーケティングオートメーションによって実現すること

複数のチャネルをまたいで会話

カスタマージャーニーは、顧客によって異なります。しかし、クロスチャネルマーケティングオートメーションを利用すれば、顧客がどこにいても対応できるようになります。顧客の行動をトリガーにして、電子メールやソーシャルメディア、ペイドメディア、SMS、イベントなど、オンラインとオフラインの両方のチャネルを通じて会話を継続できます。その中心を担うのがAdobe Marketo Engageです。

ガイド

ガイド

手間をかけずに厳選されたコンテンツを提供

顧客向けにパーソナライズされたコンテンツをタイミングよく配信することで、顧客を理解していることを示すことができます。Adobe Marketo Engageなら、詳細なプロファイル、リアルタイムの行動データおよびデモグラフィックデータ、AIのパワーを活用して、webエクスペリエンスや、ランディングページ、電子メールなどをパーソナライズできます。たとえ匿名の訪問者であったとしても、厳選されたコンテンツを提供することが可能です。


セールス部門とマーケティング部門を連携

マーケティングデータをCRMに直接取り込むことができるSales Connectや、リードジェネレーション、リードスコアリング、アカウント管理などの⾼度なツールを活⽤することで、マーケティング部⾨とセールス部⾨が緊密に連携し、優れたカスタマージャーニーを構築することができます。

ガイド

ガイド

実用的なインサイトを導き出すマーケティング分析

高度なジャーニー分析やマーケティング分析、マルチタッチアトリビューション、セールスとマーケティングのデータを連携させてカスタマージャーニー全体を包括的に把握するツールなどにより、各コンテンツの要素の効果やカスタマージャーニーがどの程度機能しているかを迅速に把握することができます。

GartnerはCRMリード管理市場においてアドビを「リーダー」評価


顧客の購買ジャーニーはますます複雑化しています。商談パイプラインを強化、顧客エンゲージメントを効率化するには、包括的なマーケティングオートメーションの活用が欠かせません。


MA(マーケティングオートメーション)に関する関連資料

Adobe Marketo Engageがお客様のビジネスどのように立つのかご案内します。