#f5f5f5

アドビダイナミックチャット

AIチャットボットを超える、ダイナミックチャットで需要創出

アドビのダイナミックチャットは、バイヤーのセルフサービスとセルフクオリフィケーションを実現する、ネイティブの会話型エンゲージメントチャネルです。Adobe Marketo Engageに標準で搭載されているダイナミックチャット機能を利用すれば、生成AIのAdobe Sensei GenAIを利用して、バイヤーをより早くセールスファネルに誘導できます。

動画を見る

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/modal/videos/marketo/adobe-marketo/dynamic-chat#watch-now| watch video
#2C2C2C

ビジネスの成長に合わせて拡張できる豊富な機能を備えたパッケージ

価格を見る

マーケティングオートメーション戦略にリアルタイムの会話機能を追加

今日のB2Bバイヤーは、営業担当者に連絡するよりもセルフサービスを好み、webサイトが重要な需要創出ツールになっています。ダイナミックチャット機能が提供するエンドツーエンドの自動化された会話により、サイトの訪問者はミーティング予約したり、質問への回答を得たり、さまざまな方法でサイトを利用できます。

  1. リアルタイムデータ
  2. クロスチャネルの会話
  3. 会話の自動化
  4. セールスエンゲージメント
  5. ミーティング
  6. レポート
active tab

リアルタイムの会話データとセグメンテーション

一元化されたセールスオートメーションおよびマーケティングオートメーションのデータを利用して、リードベースおよびアカウントベースの会話を強化できます。

  • リアルタイムのエンゲージメントデータ: エンゲージメントチャネル全体で収集されたカスタムアクティビティなど、リアルタイムの顧客アクティビティデータを利用して、オーディエンスをセグメンテーションできます。
  • CRMとの統合: Adobe Marketo Engageに統合された既存の顧客関係管理(CRM)データを利用して、オーディエンスのセグメントを調整できます。
  • ABMデータ: Adobe Marketo Engage内のアカウントベースドマーケティング(ABM)データから取得した名前付きアカウントリストを利用して、会話をパーソナライズできます。
  • ダイナミックオーディエンス: Adobe Marketo Engageのスマートリストを利用して、顧客を会話に自動的に招いたり除外したりできます。

クロスチャネルの会話

チャットボットの有無にかかわらず、チャネルをまたいで複数のタイプの会話を有効にできます。

  • 自動化されたチャット: 質問やディスカッションのトピックを提案してサイト訪問者を誘導できます。
  • 生成AIチャット: 生成AIでマーケティング部門によって管理されているメッセージを利用して、ブランドの一貫性を維持しながら、自由形式の質問に対して適切で的を得た回答を提供できます。
  • ライブチャット: 適格なサイト訪問者に、営業担当者とライブでチャットする機能を提供します。
  • 会話フォームとSDK: Adobe Marketo EngageのフォームやデジタルCTAを、会話の流れやミーティング予約の体験に組み入れることができます。

会話の管理、自動化、パーソナライズ

Adobe Marketo Engageの業界をリードするオートメーション機能とリアルタイムのパーソナライゼーション機能を利用して、パーソナライズされた会話キャンペーンを自動的に構築、展開できます。

  • オートメーショントリガー: ほかのAdobe Marketo Engageキャンペーンのエンゲージメントにもとづいて会話をトリガーできます。
  • 会話ビルダー: ドラッグ&ドロップ操作でダイアログカードやテンプレートを作成したり、プログラム全体を複製して、ダイアログキャンペーンをすばやく設計、展開できます。
  • アシスト付きレスポンス: Adobe Sensei GenAIに、カスタマイズされた質問と回答のコレクションを作成させ、マーケティング担当者が承認することで、生成AIチャットキャンペーンを数分でセットアップできます。
  • 動的なパーソナライゼーション: すぐに利用できるトークンフィールドや値を使用して、挨拶やメッセージをパーソナライズできます。

セールスインテリジェンスとエンゲージメント

マーケティング部門と営業部門の間で会話を引き継ぐ必要がなくなります。

  • セールスエージェントワークベンチ: ライブチャットを管理、リアルタイムのインサイトを分析、以前のマーケティング活動を確認するための専用の受信トレイを営業部門に提供します。
  • 会話アシスト: Adobe Sensei GenAIが生成し、マーケティング部門が承認した会話応答集を利用して、営業担当者が会話を成功に導くために必要なものを提供します。
  • セールスインサイトの統合: リアルタイムのチャットアクティビティ、スケジュールされた会議の予約、生成AIによる会話の概要をCRM内で送信できます。
  • 統合されたCRMインサイト: Adobe Marketo Engage内のCRMデータを利用して、会話をターゲティングし、マーケティングオートメーションのワークフローをトリガーできます。

会話のルーティングとミーティングの予約

何も操作しなくても、ミーティングを適切に予約し、会話をルーティングすることができます。

  • セールスミーティングのスケジューラー: 営業担当者のカレンダーを統合することで、顧客とチャットボットとの会話中に、顧客がAdobe Marketo Engageフォームに入力するか、webページのCTAをクリックするだけでミーティングを予約することができます。
  • アカウントベースドマーケティングのルーティング: Adobe Marketo Engage内のABMデータから得たターゲットアカウントリストにもとづいて、会話を適切なアカウントオーナーにルーティングできます。
  • セールスルーティング: 持ち回りまたはカスタムのルーティングルールを利用して、適切な営業担当者、チーム、グループに会話をルーティングできます。

統合された会話レポートとインサイト

セールスパイプラインが拡大し、適格であることをリアルタイムで確認できます。

  • 自動チャットレポート: 最も多くのエンゲージメントをもたらし、最も多くのミーティングが予約され、最も多くのライブチャット会話が開始された自動ダイアログを表示します。
  • ライブチャットとエージェントのレポート: ライブチャットの合計数、平均チャット時間、平均応答時間などの、営業担当者や営業チームのアクティビティの内訳を表示します。
  • ミーティングのパフォーマンス: 最も多くのミーティングの予約を記録したチャットダイアログ、営業担当者、webページなど、ミーティングの全体像を把握できます。
  • 統合されたアトリビューション: Adobe Marketo Engageの既存レポートとアトリビューション機能を利用して、チャットによる売上をほかのチャネルやキャンペーンと比較できます。

Adobe Marketo Engageのダイナミックチャットの利点

B2Bマーケティングオートメーション向けの構築され、Adobe Sensei GenAIを搭載しています。

数分で準備完了

Adobe Sensei GenAIと、Adobe Marketo Engageの既存のワークフロー、データ、ユーザーインターフェイスなどを利用して、ほかのどのチャットベンダー製品よりも迅速にチャットキャンペーンを展開できます。

チャットボットを超える

ボタンをクリックするだけでダイナミックチャットダイアログが起動し、ランディングページやフォームから会話やミーティングの予約に導くことができます。

Adobe Marketo Engageの機能との統合

セールスインサイト、スマートリスト、ランディングページ、フォームビルダー、Adobe Audience Syncなど、Adobe Marketo Engageの独自の機能にアクセスし、アドビ限定のチャットユースケースを利用できます。

B2B専用に設計された独自の生成AI

B2Bデータと、営業部門とマーケティング部門向けに設計された生成AIワークフローにより、より詳細なパーソナライゼーションでスマートなエンゲージメントを実現できます。

マーケティング部門と営業部門に生成AIのアシストを提供

  • 会話の要約: 営業担当者に、これまでの会話の要約を提供することで、ミーティングの準備時間を短縮できます。
  • 生成AI: チャットボットをブランドアンバサダーへと進化させ、ブランドの製品知識、個性、トーンなどを反映させながら、文脈に沿った自然な回答ができるようにします。
  • レスポンスライブラリ: AIが生成した質問と回答の中から、マーケティング部門が承認したもののライブラリを作成することで、生成AIチャットを数分で設定できるようになります。
  • セールス会話アシスト: Adobe Sensei GenAIが生成し、マーケティング部門が承認した回答を利用して、営業担当者の会話をライブでサポートします。

動画を見る

Adobe Marketo Engageの標準チャット機能からの拡張を検討される場合、シンプルかつ透明性の高いバリューベースの価格設定を利用して、容易にアップグレードできます。

さらに詳しく

マーケティングの投資効果を最大化

Adobe Marketo Engage内でダイナミックチャットのオーディエンスを構築し、B2B向けにAdobe Experience Cloud全体で同期することで、より詳細なインサイトの分析、統合プロファイルの拡充、ペイドメディアの活性化などを実現できます。

関連トピックス

Content as a Service v2 - adobe-marketo - Wednesday, November 15, 2023 at 18:43