コーポレートサイト表示の個別最適化実現から、事業部門での長期リードナーチャリング実現発展

株式会社日立製作所

株式会社日立製作所

創業

1910年

本社:東京

www.hitachi.com

顧客の態度変容に基づくナーチャリングプロセスを実現

導入製品:

Adobe Marketo Engage

活用用途:

デジタルマーケティングの最適化、リードナーチャリング、メールマーケティング

checkbox icon

課題

長期的にお客様を育成できる環境の構築

graph icon

成果

顧客の態度変容に基づくナーチャリングプロセスを実現

事業貢献を実現するマーケティングプラットフォームとしてAdobe Marketo Engageを採用

1910創業以来「優れ自主技術製品開発を通じて社会貢献する」という企業理念もと、SDGs実現向けた、社会イノベーション事業推進いる株式会社日立製作所(以下日立)。

 

同社2016立ち上げた、デジタルイノベーション加速する「Lumadaルマーダ)」は、産業鉄道エネルギー・金融ヘルスケアなど、日立保有する幅広い事業分野またがるソリューション顧客課題ニーズ応じ提供する。

 

事業横断お客様価値届ける新たビジネスモデル適応するために、個別最適従来マーケティングから脱却迫らLumada事業推進するサービス営業推進本部デジタルマーケティンググループ立ち上げ本部 営業企画 部長代理佐藤 正樹は、当時課題について、よう語る。「それまでデジタルマーケティングなかっわけありませが、WebWebメールメールと、個別チャネル完結て、一連お客様行動把握する難しい状況でした」。

 

さらに、「簡単メール送付留まらず、長期お客様育成できる環境構築たい考えときに、顧客育成機能一番使いやすそうAdobe Marketo Engageたい思っましデジタルマーケティング実務担う 技師加瀬 奈月述べる。

デジタルを活用した日立グループのコンシェルジュを目指して

同じく日立MA(マーケティングオートメーション)導入進め人物もういる。ブランドコミュニケーション本部 デジタルコミュニケーション デジタルプランニンググループ 部長代理で、コーポレートサイト企画・運営日立グループ全体Webガバナンス担う米山 卓美だ。

 

かつて事業部門ころから、BtoCサイトように、BtoBサイトにおいて訪問属性など応じレコメンド機能あれば、お客様欲しい情報もっとたどり着きやすくなり、事業拡大期待できるはず考え米山は、184本社異動し、同時に開始なっコーポレートサイト改訂プロジェクトに、さまざまツールサービス検討結果Adobe Marketo EngageWebパーソナライズ機能活用て、ユーザビリティ向上図ること決めた。

 

目指す"顧客課題応えるために、デジタル活用日立グループコンシェルジュなる"こと。『欲しい情報容易たどり着ける』日立認知上げ興味持っもらう日立伝えたいことしっかり伝えるという3要件満たし来訪方々心地良く過ごしいただけるコーポレートサイト作りたかっです。たちWebパーソナライゼーション利用て、それにより事業部門リードナーチャリング実現するAdobe Marketo Engage活用すれ事業部門デジタルマーケティングともうまく連携できるだろという確信あっので、『コーポレートサイト改訂起点に、一緒営業部門デジタル促進なるデジタルマーケティングやっいきませか』と、ほぼすべてビジネスユニット企画宣伝部門行脚ました」(米山氏)

Adobe Marketo Engageで実現した3つの効果

こうして201810Adobe Marketo Engage導入し、検証進め結果、わずか半年3効果見えた。

 

1.コーポレートサイト来訪合わせ表示内容最適によるクリック向上

 

既存コーポレートサイト検索いるキーワード調べみると、家電型番調べいるとても多いことわかった。また特定家電比較サイトから流入多かった。そこでWebパーソナライズ機能使って、家電比較サイトから流入来訪向けて、家電探しこちらというポップアップ出しところ3非常高いクリックレートられた。「"やはりユーザー視点UX考えながらデザインすれば、正しくすることできるだ"実感ました」(米山氏)

 

2.顧客態度変容基づくナーチャリングプロセス実現

 

特定ソリューションについて、保有するリード一つDB集約。配信メールに対する反応もとスコアリング行い、スコア高いに対して、事例紹介セミナー案内することで、営業つないいく仕組み作った。

 

3. マーケティング営業多面顧客情報共有容易実現

 

営業担当に対し、お客様Webどんな動きいるか、Adobe Marketo Engageレポート機能用い情報提供行った。よりタイムリー情報届けられるよう、Adobe Marketo Engageすでに導入いるSalesforce連携進めいる。デジタルマーケティング実務担当する営業企画 主任村野 咲子以前は、営業展開するレポート作成するため多く時間要しですが、Adobe Marketo Engageから作業効率なり生産上がりました」語る

 

20194から複数事業部門試行本格導入始まり20196からコーポレートサイト トップページ改訂とともにWebパーソナライゼーション活用事業部門始まっいる

 

201967現在

関連するトピックス