15倍にも増加したサポーターとのコミュニケーションを円滑化したカタリバの試みとは

認定NPO法人カタリバ

創立

2001年

本部:東京

www.katariba.net

作業時間を月間78時間削減 

導入製品:

Adobe Marketo Engage

活用用途:

営業の業務効率化

checkbox icon

課題

コミュニケーション改善によるサポーター増加

graph icon

成果

入金処理からお礼メール送信までの作業にかかる時間を月間78時間削減

昨今、従来ボランティアからさらに踏み込ん社会貢献活動進めるNPO法人活躍広がっます。今回は、そんなNPO法人でも、「生き抜くを、子ども・若者へ」基本理念活動いる教育認定NPO法人カタリバMarketo Engage導入事例紹介ます。 

 

カタリバ2001から行っが、将来進路不安悩み抱える高校生に対して、ボランティア大学生若手社会派遣対話届ける「カタリ場」プログラム。そして2011東日本大震災きっかけに、被災仮設住宅暮らす子どもたち放課後居場所学習機会提供するコラボ・スクール」スタート。さらに貧困世帯暮らす子どもたち教育支援登校支援など事業内容拡大ました。 

寄付者の熱い思いにタイミングよく応える

そうした活動支える収入でも大きなウェイト占める寄付はじめするファンドレイジングです。特に、毎月1000から定期寄付くれる個人方々"サポーター"欠かない存在なっます。 

 

東日本大震災以降、活動拡大する伴いより多く資金必要なっためサポーター募集注力結果、2010200程度だっサポーター20163000近く15増えそうです。一方で、こうした寄付コミュニケーション担当するスタッフ団体1、2しか配置でき業務オーバー生じがちだっそうです。広報・ファンドレイジング川井 当時こう振り返ります。 

 

「毎年12は、寄付募金機運高まるシーズンです。2015キャンペーン行っことあっ非常多く寄付くださっですが、その対応手作業行っため対応追いつかず、半数近くお礼対応1ヵ月近く遅れしまっです」 

 

事業収入年々増えいるものの、予算できるだけ現場プロジェクト割り振りたいしかし一方で、サポーターによる寄付増やし活動支える収入確保なけれいけない――カタリバそんなジレンマ直面です。 

 

そうしたで、マルケト稲垣亮太から紹介201512Marketo Engage導入踏み切ります。お客様事例以前紹介「認定NPO法人かもはしプロジェクト」インターンながらMarketo Engage導入担当小梁川 裕也導入サポート行いました。 

 

それまでカタリバSalesforce寄付情報管理行っおり、入金あっは、そこから情報引き出し、手作業テンプレートなど組み合わせお礼メール送っましMarketo Engage導入によって、一人ひとり寄付合わせお礼メール自動的送ることできるようなり、入金処理からお礼メール送信まで一連作業かかる時間当たり78時間削減することできました。さらに、メルマガイベント案内メールについても、寄付状況合わせ自動的細かく出し分けることできるようなりました。 

 

「寄付くださる皆さん熱い気持ちあって、寄付瞬間というある意味気持ち高まりある思います。そうしたタイミング逃さしっかりお礼メール送れることとても重要です。また寄付くださっお金どのよう事業行っいるメルマガなど的確可視化・配信できいること満足向上つながっいる思います」川井語ります。

ツールありきではなく、何を実現したいかを明確に

カタリバMarketo Engage導入成功大きな要因ツールありなくマーケティングオートメーション使っ実現たい明確だっことです導入時点すでに現状課題とともに目的内容整理れ、Marketo Engage実現たいKPIトリガーまで含め一覧まし課題整理から始まること多いで、その一覧見せもらっ『ここなら絶対うまくいく!』確信まし導入支援梁川語ります。 

 

そしてもう一つ大事ポイントは、限ら人員まずべきか、"選択""集中"徹底ことです。優先だっは、毎月定額寄付くれるサポーターコミュニケーション行い、手続きスムーズ完了いただいたり、退会抑えること。さらに、だけ寄付くれステップメール導入することで、サポーター引き上げる施策行っます。 

 

「現状まだまだ使い切れない機能多いですが、将来web閲覧など糸口ナーチャリングや、web広告通じリターゲティング入れいきたい」語る川井氏。今年度サポーター2,000増やすこと目標掲げいるそうですが、その実現向けMarketo Engageさらに役立つことなりそうです。 

関連するトピックス