お金のデザインMarketo Engage乗り換えた5つの理由

株式会社お金のデザイン

株式会社お金のデザイン

創業

2013年

本社:東京

www.money-design.com

郵便物の受け取り率が97%

導入製品:

Adobe Marketo Engage

活用用途:

CRMとの連携、他社製品から乗り換え、メールマーケティング

checkbox icon

課題

マーケティングオートメーション強化

graph icon

成果

郵便物の受け取り率が97%に

スマートフォンから5質問答えるだけで、でも10から資産運用始められる「THEO(テオ)」。このサービス提供する 株式会社お金デザインAdobe Marketo Engage導入事例紹介ます。 

 

独自開発ロボアドバイザーにより、これまで世界富豪プライベートバンク行っよう資産運用でも手軽始められるということで、資産運用経験2040若い世代から人気博しいる言います。 

 

そんな最先端Fintechビジネス挑むお金デザインは、20138創業スタートアップ。成長真っ同社は、Adobe Marketo Engageどのよう捉え、活用いるでしょか。カスタマー エクスペリエンス デザイナー森山 裕之シニア コミュニケーション マネージャー藤本 あゆみお話伺いました。

Adobe Marketo Engageにあって他のMAにはなかった5つのもの

Adobe Marketo Engage活用いるは、カスタマーサポートメイン行っいる森山です。お客様から問い合わせだけなく、電話メール郵便など、お客様接点なるものすべて森山リードおり、カスタマーエクスペリエンス総合設計いるそうです。 

 

実は同社は、Adobe Marketo Engage導入するに、201512からマーケティングオートメーション(MA)すでに導入ました。一括メール配信たり、必要タイミングお客様告知たり。「お客様状況タイミング合わせ様々条件メール出し分け自動おかないと、事業スケールに、ひたすら人員割かなけれいけなくなる懸念ました」森山話します。 

 

そこから20169Adobe Marketo Engage乗り換える至っ理由伺っところ5ポイント挙げいただきました。 

1. 自動条件細かく設定できなかっ

 

「他MAは、『あるステータスなっ最初土曜日10メール送る』といった条件曜日組み合わさっ指定できないなど、細かいところ"これできたらいいのに"ということ思い通りできなかっですね」(森山氏) 

 

2. メールアドレス同じ勝手名寄せしまう 

 

お金デザインは、THEOだけなく、もう一つサービス提供ます。MA両方サービス同じメールアドレス登録場合、勝手名寄せしまい、それぞれサービスによってコミュニケーション分けることできなくなっしまっそう。「一部お客様に、本来届けるべきメッセージ届かないは、ありない。どうにか解決たい思ったら、Adobe Marketo Engage簡単できしまいました」(森山氏) 

 

3. 習熟まで時間かかりすぎ 

 

「忙しい時間かけやろとしても、なかなか使いこなすことできませでした。MA経験あっこと鑑みも、習熟かかっスピードAdobe Marketo Engageほう圧倒的早かっです。3ヵ月コンサル入っいただき、お客様メールよく開く時間顧客ごととらえるどうたらできますか?』など自分たち実現たい機能実践ながら教えもらったり、『顧客属性見込度合い応じ文面カスタマイズすることできます』といったより高いレベル活用提案いただけて、非常理解早く進みました」(森山氏) 

 

4. 国内スタートアップ導入実績 

 

「私Adobe Marketo Engage導入事例紹介いる企業友人いるので、簡単情報交換することできます。Adobe Marketo Engage自分たち近しい先進企業多く導入いるので、非常大きな安心材料なりました」森山氏) 

 

5. 熱量あるコミュニティ 

 

「Adobe Marketo Engageコミュニティ熱量すごいですね。同じよう悩み持ったち使いこなそ切磋琢磨て。JMUGコミュニティJapan Marketo User Groupコミュニティサイトユーザー会)いろんなアイデア飛び交っいるので、とても勉強なっ面白いです」(森山氏) 

 

ちなみに森山Salesforce構築運用管理いるので乗り換えとてもスムーズできか。 

 

広報務める藤本乗り換えについて振り返り、「私Adobe Marketo Engage使っいるお客様たくさんので、デジタルマーケティング観点からAdobe Marketo Engage乗り換えよというですが、もしスイッチング担当だったら、相当時間かかっ思います。Salesforce繋ぎこみどう担当するは、乗り換えにおいてすごく重要ポイント感じまし語りました。

Adobe Marketo Engage導入後3ヵ月で感じる成果と今後の活用について

<成果> 

 

郵便受け取り97% 

 

THEOサービス申し込むと、口座開設必要書類簡易書留郵送ます。そのお客様不在受け取れなかっ場合郵便連絡受け取っもらわなけれなりません。Adobe Marketo Engage導入以前は、そのまま受け取っもらえ返送くるケース多々あっものの、Adobe Marketo Engage活用リマインドステップメール配信するよう結果、受け取り97%まで高めることできそうです。 

 

「郵便受け取りできないため申し込みフローストップしまうは、お客様にとってフラストレーションたまることし、我々にとって再送コスト発生しまい、とにかく無駄しかありませでした。こうしたコミュニケーションタイミングは、お客様から問い合わせ状況データつつ、メンバー話し合いながら日々調整ます」森山

 

ニュースレター毎週配信できるようなっ 

 

ニュースレターAdobe Marketo Engage導入以前不定期で、CSV抽出リストに対して一斉配信することしかできなかっそうですが、森山条件だけ設定おけば、藤本コンテンツ更新送れるようなっそう。 

 

「非常工数少なく回るようなりましし、スピード格段上がりました。たち過去いろんな企業経験積ん集まっいるので、"価値発揮解決できること"と、"仕組みすること効率かつ効果改善できること"違いわかっます。テクノロジー解決できることどんどん仕組みいきたいですね」藤本 

 

<今後活用>  

 

今回MA乗り換えにあたって重視は、"5後、10見据え使い続けられる"というだった、森山話します。 

 

「メール配信するだけならもっと安いMAありますが、長期視点お客様100規模なっときでも活用続けられるもの探しました。暫定ツール導入も、から面倒ことなる見えいる。カスタマーサポート入る問い合わせ78単純Q&Aので、テクノロジー最大限活用やるべき仕事だけ時間使えるようおきたいです」(森山氏) 

 

同社は、Salesforce加えSansan繋いいるため今後名刺挨拶翌日御礼メール送るといった営業活用いきたいそう。 

 

「あとお客様継続接点増やすために、メールだけなくGoogle AdWordsFacebook広告連携実施いきたいですね。限ら予算最大成果出す段階頻度変え適切コミュニケーション重要考えます」(藤本氏) 

 

テクノロジー金融工学掛け合わサービス展開するお金デザインならではの、合理かつ論理視点聞かいただきました。

関連するトピックス