Adobe Analyticsと他社製品の比較  

市場には多数の分析ツールが出回っていますが、Adobe Analyticsは、アナリストレポートでの評価や顧客満足度が常に他社製品を上回っています。その理由を説明します。

 

エンタープライズのための分析製品を見極める

無償の分析ツールを使う問題点と、Adobe Analyticsを選ぶ利点を、無料のガイドでご案内します。

他社製品

Adobe Analytics


収集と測定

限られた数のソースからデータを収集し、サンプリングをおこなうので、特定の時点での完全なデータセットの一部を表示することしかできません。

音声やOTT(オーバーザトップ)、オーディオ、IoT機器など、幅広いチャネルからデータを収集でき、あらゆるデータにいつでもアクセスできます。


調査と理解

カスタマイズしにくい静的なダッシュボードとレポートを利用するので、データ分析が難しく、時間がかかります。

専門技術を持つアナリストとマーケターの両方が利用できるインタラクティブなダッシュボードで、セグメントの作成と適用、アルゴリズムによるアラートの設定、効果的なビジュアライゼーションなどを、思考を妨げることなくスピーディーにおこなうことができます。


予測とモデル構築

データサイエンス機能が限定的で、関係者の誰もが使用して行動に活かすことは困難です。

予測分析アルゴリズム、組み込み統計分析機能およびAdobe Senseiマシンラーニング(機械学習)活かし、アナリストマーケター両方データサイエンス機能活用できます。


共有と行動

他のデジタルサービスとの連携機能が限定的であったり、使いにくかったり、欠けていたりするので、インサイトにもとづくアクションが困難または不可能です。

Adobe Experience Cloud含まれる、Adobe Audience Manager、Adobe Target、Adobe Campaignなどのトップクラスの製品との連携機能利用できるので、インサイトもとづくアクション迅速かつ容易おこない、ワールドクラス顧客体験提供できます。


関連トピックス


Adobe Analyticsお客様ビジネスどのように役立つのかご案内します。