Adobe Analyticsパッケージの比較

あらゆる企業において、アドビが提供する全機能を活用できるリソースがあるとは限りませんが、その点は問題ありません。ビジネス全体を通じてマルチチャネルデータを収集し、それをリアルタイムに分析し、インサイトを収集する必要があるという点は、どの企業にも共通する課題です。データの管理を始めたばかりの企業から、データにもとづく意思決定に重点的に投資している企業まで、Adobe Analyticsはそれぞれの企業に適した機能を備えています。

Select


Prime


Ultimate


社内の分析施策

新しい分析施策

成熟した分析施策

高度な分析施策

Analysis Workspaceでの高度分析
任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップできます。

ルールベースのアトリビューション
ファーストタッチ、ラストタッチ、リニア、カスタムなど、10種類のルールベースモデルが用意されています。

オフラインデータの統合
CRMシステムなどの他のソースからオンラインまたはオフラインの企業データ(ロイヤルティプログラムのレベルなど)をインポートして統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

3

15

200/レポートスイート

セグメントIQによる高度なセグメンテーション
あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を特定します。

異常値検出
データ内の予期しないトレンドを自動的に検出します。

機能限定

貢献度分析
データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、予期せぬ顧客の行動の背景にある相関関係を特定します。

10トークン(実行数)/月

20トークン(実行数)/月

その他の予測ツール
統計モデリングとマシンラーニング(機械学習)を利用した高度なインサイト

別途ご購入

別途ご購入

別途ご購入

アルゴリズムアトリビューション
機械学習を使用し、様々なチャネルにわたってアトリビューションを割り当てます。

別途ご購入

別途ご購入

データ修復API
機密データの管理とクレンジングが容易で、データ消去にかかる処理時間やコストを大幅に削減できます。

年間12億行のデータスキャン

「人」指標を使用したクロスデバイス分析
フィールドベースの結合により、デバイスをまたいだ単一の顧客像を構築できます。

高度な計算(派生)指標
指標を組み合わせて独自の数学演算を作成し、新しい指標として使用したり、セグメントと組み合わせたりすることができます。

ストリーミングメディア(ベーシック)
動画とオーディオの再生時に、標準化された 10 秒間のハートビート測定を使用して、顧客エンゲージメントを正確に測定できます。

最大100万メディアスタート/月

価格

Adobe Analytics Select

導入の相談

Adobe Analytics Prime

導入の相談

Adobe Analytics Ultimate

導入の相談

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Prime

エンタープライズ企業向けのマルチチャネル顧客インテリジェンス
あらゆるチャネルをまたぐリアルタイムなデータによって、顧客を理解し、新しいインサイトを見つけて課題を特定します。モバイル アプリの有効性を計測して、あらゆるデバイスで顧客がデジタルエクスペリエンスとどのように関わっているかを把握します。

Adobe Analytics Ultimate

エンタープライズ向けのエクスペリエンスに特化した分析
マシンラーニングと人工知能を活用して深いインサイトを獲得し、隠れた機会を掘り起こします。クロスチャネルマーケティングから得られるエクスペリエンスデータと高度な分析を利用して、カスタマージャーニーの全体像を把握します。

関連トピックス

さらに詳しく

ユーザー事例

関連情報


Adobe Analyticsがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。