Adobe Campaignの価格

Adobe Campaignでは、独自の価格構造と柔軟なサブスクリプションモデルを用意しています。ユーザーは、チャネル、顧客接点、およびデバイスにまたがる有意義な関係を構築することに注力できます。マーケターは、各メッセージにかかるコストを気にせず、チャネルや顧客接点、デバイスをまたいだ質の高い顧客関係に集中することができます。

価格についての検討事項

アクティブなプロファイル

送信したメッセージ数をベースにした課金体系ではなく、12ヶ月以内にメッセージを送信したユーザーとして定義される、アクティブな顧客プロファイル数にもとづいて料金が決定します。

チャネル

電子メールやSMS、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、ダイレクトメールなど、顧客とのやり取りに使用するチャネルを選択することで、必要なチャネルのみにもとづいて料金が決定されます。

アドオン

アドビのプロフェッショナルサービスチーム、または経験豊富なAdobe Campaignパートナーがユーザーを支援し、協力して作業を進め、ユーザー独自のニーズやカスタムチャネルのユースケース、コンプライアンスの要件などにもとづく最適なソリューションを開発し、それに見合った価格構成を調整します。

#f2f7fa

「数字はさまざまな事実を浮き彫りにします。アドビは当社のデジタルマーケティング戦略に大きな影響を与えてきました」

Otto Rosenberger氏(Hostelworldグループ、元CMO)

Adobe Campaignを導入する以前、Hostelworldでは300件の電子メール送信にも悪戦苦闘していました。今日、同社は世界各地の顧客のカスタマージャーニーに存在する様々な接点に対し、年間10億件以上の電子メールを送信しています。

Hostelworldの事例を見る

その他のユーザー事例

Adobe CampaignのROI

months payback period.

マーケターの平均投資回収期間は6.6ヶ月

ROI.

複数の企業が3年後に338%の投資回収率を実現

increased open rate.

最初の6ヶ月以内に開封率が60%向上

さらに詳しく知りたい場合は
電子メールマーケティングカスタマージャーニーオムニチャネルマーケティングの詳細をご覧ください。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/campaign

導入の相談

Adobe Campaignが、カスタマージャーニー全体におけるオムニチャネル施策の編成、可視化、個別化にどのように役立つかをご案内します。

Form as a Service - AMC RFI (40) - Tuesday, October 31, 2023 at 19:46