AIを活用したインサイト

AIを利用して、高価値なインサイトを獲得

Adobe Customer Journey Analyticsなら、AI(人工知能)を利用して、セグメンテーションやアトリビューション分析を強化し、収集した顧客体験データを価値のあるインサイトにすばやく転換できます。

Adobe Customer Journey Analyticsを実際に体験しましょう

Adobe Customer Journeyを利用することで、どのように社内のあらゆる部門がリアルタイムのインサイトを活用できるようになるのか、動画でご確認ください。

データに価値があるのではなく、データにもとづいた行動こそに価値がある

デジタルエコノミーでの成功は、データにかかっています。しかし、それは単純な話ではありません。インサイトこそが、魅力的でパーソナライズされた顧客体験を実現する原動力となるのです。そうしたインサイトを獲得するには、データの専門家が膨大なデータの中から貴重なトレンドや異常値を見つけ出し、マーケティング部門がその結果にもとづいて適切に行動する必要があります。しかし、デジタル化のスピードが速いため、このような取り組みはすぐに時代遅れになってしまいます。しかも、あらゆる企業がデータの専門家を擁しているわけではありません。さらに、社内のさまざまな部門が依存し合っていると、全体的な作業スピードが低下し、最終的には優れた顧客体験を市場に投入するまでの期間が長くなってしまいます。

 

競争力を維持するためには、顧客データを精査してインサイト、異常値、トレンドを明らかにするという困難な作業を、さまざまな部門に依存することなく、実施する方法が必要です。

アドビがお手伝いします

Adobe Customer Journey Analyticsなら、高度なマシンラーニング(機械学習)とAIを利用して、ファーストタッチから最終的なコンバージョンに至るまで、カスタマージャーニー全体でインサイトを獲得できます。マーケター、アナリスト、コンテンツ制作者向けに専用に設計されたサービスにより、アトリビューション分析、広告費の最適化、指標の重み付けなどの日常的な作業を、AIを利用して容易におこなえます。AIを利用することで、データを精査する時間を減らし、新しいインサイトにもとづく行動に多くの時間を費やすことができます。

 

AIを活用する方法:

 

セグメンテーションの改善:AIを利用して、カスタマージャーニーのさまざまな段階で類似のオーディエンスを特定し、より価値のある新しいオーディエンスセグメントを構築できます。

 

迅速なアクションプランの評価:チャネル、プレースメント、オーディエンスセグメントに対するさまざまな変更が、ビジネス全体の目標にどのように影響するのかを検証できます。

 

マーケティングの最適化:最も効果的なチャネルと顧客接点をすばやく見つけ、予測し、その価値を最大化するために予算を割り当てることができます。

Forresterロゴ

「当社が話を聞いたリファレンス顧客は、アドビのしっかりとしたデータ可視化能力を高く評価しています。アドビは最近、Adobe Experience Platform上のAIサービスであるCustomer AIを発表しました。これにより、コードを記述することなく独自の傾向モデルを構築できます」

 

Forresterのレポートを読む


ADOBE SUMMITセッション

あらたな分析項目を加える:Adobe Customer Journey Analytics活用のヒント

新たな分析項目として、オムニチャネルのインサイトを加えましょう。アドビのプロダクトマネージャーが、Adobe Customer Journey Analyticsを利用して、どのように価値あるクロスチャネルのインサイトを発見するのか、実例をもとに解説します。

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Customer Journey Analyticsがビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

ポートレート