#f5f5f5

ADOBE EXPERIENCE MANAGER ASSETS

Adobe Experience Manager Assetsと他社DAM製品との比較

世の中にはAdobe Experience Manager Assets以外のデジタルアセット管理ソリューションもありますが、Adobe Experience Manager Assetsは、唯一のクラウドネイティブプラットフォームとして、エンタープライズDAMで必要とされる拡張性とカスタマイズ性という明確なメリットをもたらします。

デジタルアセット管理ソリューションを選ぶ際の重要な評価基準について、無料のガイドをご覧ください。

ガイドを読む

white

Adobe Experience Manager Assets

ライフサイクル全体に及ぶアセット管理
ツールが統合されていないので、エンドツーエンドのアセット管理ソリューションを構築するには、異なるツールをつなぎ合わせて使用する必要があります。
アセットの制作から管理、提供、最適化に至るまで、あらゆる段階をサポートできる、市場で唯一のDAMです。
AI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)による自動化
大手人工知能ベンダーの同じ製品を導入するか、アウトソーシングで利用しているため、特徴のない一般的なマシンラーニング機能の提供にとどまります。真にインテリジェントなリッチメディア配信とは言えません。
Adobe Senseiによる独自の人工知能テクノロジーを駆使した市場屈指のインテリジェントなDAMであり、自動タグ付け機能や自動切り抜き機能などによって作業時間を短縮できます。
アセットのパフォーマンスに関するインサイト
サードパーティの分析パートナーとの連携が不可欠になります。そのため、データはIT部門の所有となり、他のマーケターやDAMユーザーからは利用できなくなります。
Adobe Analyticsとネイティブに連携できる唯一のソリューションであり、DAM内のアセットのパフォーマンスデータをマーケターが自在に活用できます。
ダイナミックメディアの管理と配信
コンテンツ配信ネットワークとの連携が不可欠になります。そのため、部門間の連携が取りにくく、CDNのコストが増加し、管理が必要な統合ポイントがまたひとつ増える結果になります。
大企業向けのデジタルアセット管理と業界最先端のリッチメディア配信機能を提供する唯一のDAMです。
Creative Cloudとのシームレスな連携
いずれも同じベンダーと連携することになります。そのため、差別化がしにくく、設定、管理しなければならないサードパーティとの連携ポイントが増えます。
Creative Cloudとネイティブに連携し、Creative Could Enterpriseのアプリケーションから直接DAMにアクセスしてクリエイティブを検索できるパネルを備えています。
リッチメディア配信のさらなる活用
画像処理に関わる基本的な機能の活用にとどまり、動画のトランスコーディングに関する機能はほとんどありません。
業界最先端の高度なリッチメディア配信ソリューションであり、インタラクティブな機能、カラーマネジメント、シャープニング、テクスチャ、パターン、テキストオーバーレイ、パスに沿った切り抜き、画像セットの自動処理などの機能を備えています。
充実した動画機能によるエンゲージメントの最大化
基本的な動画エンコーディング機能をサポートするだけで、インタラクティブな機能やリッチメディア要素を追加する方法はありません。
エンゲージメントの最大化に不可欠な動画管理機能を提供する唯一のソリューションであり、アダプティブストリーミングや、レスポンシブでカスタマイズ可能なプレーヤー、ショッパブルなインタラクティブコンテンツの作成などの機能を備えています。
マーケティングキャンペーンの編成
信頼できる唯一の情報源がないため、さまざまな作業の詳細を一元的に把握することができません。
Workfrontとの緊密な連携により、作業のあらゆる段階で、プロジェクトやキャンペーンをまたいで、アセットを追跡し、編成することができます。
#f5f5f5
The Forrester Wave: Digital Asset Management for Customer Experience

アドビは、DAM分野のリーダー

顧客にパーソナライズされた魅力的な体験を提供するためには、膨大なアセットを効率的に管理できるDAM(デジタルアセット管理)が不可欠です。アドビは、調査レポート「Forrester Wave™: 顧客体験のためのデジタルアセット管理(2022年第1四半期)」において、「リーダー」に選出されました。その理由を、ご確認ください。

レポートを読む