ADOBE EXPERIENCE MANAGER

CMSとコマース基盤の連携により、没入感のあるショッピング体験を実現

商品サービス世界魅力伝えるコンテンツ役割です。CMSデジタルコマース基盤連携せると、充実コンテンツ最大限活用できます。Adobe Experience Manager Sitesは、代表コマース基盤連携する統合フレームワーク提供し、あらゆるデジタル顧客接点魅力コマース体験実現ます。

主要なコマース基盤に対応

アドビのコマース統合フレームワークなら、APIを介して容易に接続できます。


チャネル、ブランド、地域をまたいで容易に拡張できる、没入感のあるショッピング体験を実現

コマースエンジンだけでは、リッチな顧客体験を実現することは困難です。また、デジタルプロパティ全体をまたいで、コンテンツを制作、管理、配信するのに、数日から数週間かかることもあります。コマース体験を、単なる商品の閲覧から、パーソナライズされたインタラクティブな体験へと進化させることができるのは、Adobe Experience Manager Sitesだけです。

単一のアプリケーションで、リッチなクロスチャネルエクスペリエンス構築、配信

webサイトやアプリ、コマース基盤の数にかかわらず、単一の基盤からコンテンツとレイアウトを容易に制作およびテストし、あらゆるデジタルチャネルをまたいでショッピング体験を最適化できます。

アドビは、コンテンツ管理のリーダー

Forresterは、急速に進化が進むCMS市場において、アドビを「リーダー」と評価しています。「The Forrester Wave™:アジャイルコンテンツ管理システム(CMSes) 2021年第1四半期」で、その理由をご確認ください。

コンテンツ制作がかつてないほど容易に

Adobe Experience Manager Sites利用すれば、コンテンツ制作は、容易SKU画像など商品データ検索、使用、利用できます。これにより、IT部門依頼することなく、エクスペリエンス構築編集できるようなります。

俊敏性を高めて、コンテンツ制作をスピードアップ

  • 事前構築済みのコネクターとAPIを利用して、任意の数のコマース基盤を容易に接続可能
  • ヘッドレス、ヘッドフル、ハイブリッドのあらゆるコンテンツ配信方式に対応
  • テンプレートを新たに構築することなく、業界最先端のすぐに使用できるテンプレートとコアコンポーネントを利用可能

今こそ、コマース基盤を進化させるとき

Magento基盤Adobe Commerceなら、B2CB2Bどちらビジネスモデル対応し、魅力ショッピング体験提供できます。

リアルタイムの予測インサイトをもとにオファーをパーソナライズ

行動データ、トランザクションデータ、オペレーショナルデータなど、あらゆる種類のデータをチャネルをまたいで統合し、コマースイベントと結び付けることで、リアルタイムの詳細な顧客プロファイルを構築できます。さらに、AIとマシンラーニングを利用して、顧客のニーズを予測し、そのインサイトをもとに最適なオファーを提供できます。


「こうした新しいコンテンツを手早く作成できることが利点ですが、さらにすばらしい点は、顧客の反応を詳細に把握し、それに合わせてエクスペリエンスを最適化できることです」

Joost van Dun氏(Philips、コーポレートエクスペリエンス担当.Comマネージャー)

関連トピックス

Adobe Experience Managerお客様のビジネスどのように役立つのかご案内します。