Adobe Experience Manager

eコマースプラットフォームとのシームレスな接続

Adobe Experience Managerにコマースデータを直接接続すれば、マーケティング部門とコマース部門は魅力的なショッピング体験を容易に構築し、刻々と変化するオンライン市場に迅速に対応できるようになります。

コンテンツとコマースのマーキーデバイス

主要なeコマースプラットフォームに対応

コンテンツとコマースのロゴ eコマースプラットフォーム

パーソナライズされたクロスチャネルのショッピング体験を迅速に構築

特集 - コンテンツのスピードアップ

コンテンツ制作を高速化

迅速なデジタルストアフロントの作成と更新
Adobe Experience Mangerなら、すぐに利用できるコマースコアコンポーネントを利用して独自のストアフロントをすばやく作成できます。商品ページやカタログはもちろん、パンくずリストや商品のティーザー、レコメンデーションなどの機能を備えた新しいページを容易に設定できます。


簡単なアセット管理とコンテンツ制作
ドラッグ&ドロップ操作でコンテンツを制作し、AI(人工知能)を利用して、画像の切り抜きやタグ付けなどのアセット処理を自動化できます。また、自動的に配信先のデバイスの種類を検出して、コンテンツを適切に変更できるため、webサイトやオファーの作成、管理、更新が驚くほど容易になります。


特集 - Magento

Magent Commerceを基盤としたAdobe Commerceなら、B2CとB2Bの両方のコマースに対応し、優れたショッピング体験を提供できます。さらに詳しく

特集 - 効率的なワークフロー

簡素化されたワークフロー、合理化されたツール

部門を超えたコラボレーション
Adobe Experience Mangerの柔軟性とコーディング不要のコンテンツ編集機能により、クリエイティブ部門、マーケティング部門、コマース部門が、単一のリアルタイム基盤を利用して共同作業をおこなえます。また、コアコンポーネントとAIを利用して、作業の多くを自動化できるため、それらの部門の担当者はイノベーションを生み出すことに集中できるようになります。


クロスチャネルのコンテンツ配信
コンテンツとエクスペリエンスのフラグメントを組み合わせたヘッドレスコンテンツ配信により、制作者は一貫性のあるクロスチャネルのショッピング体験を、webやモバイルアプリ、ソーシャルメディア、IoTなどに容易に配信できます。コーディングをおこなう必要はありません。


特集 - パーソナライズされたオファー

注目を引くパーソナライズされたオファー

詳細かつリアルタイムなプロファイル
顧客の行動やトランザクション、財務、運用など、あらゆるデータをコマースイベントと結びつけることで、詳細な顧客像を把握し、様々なショッピング体験をまたいでコンバージョン率の高いパーソナライズされたオファーを作成できます。


予測分析
様々なチャネルをまたいだデータを組み合わせて、AIとマシンラーニング(機械学習)を利用してパターンを特定し、貢献度と将来の行動を予測できます。これにより、顧客が求めているオファーを的確に作成できるようになります。


特集 - スケーラビリティ

スケーラビリティ、拡張性、セキュリティ

クラウドベースのサポート
Adobe Experience Platformを基盤として構築されているアドビのコンテンツおよびコマース向け製品は、俊敏性が高く、どこらからでもアクセス可能で、常に最新の状態を維持します。また、大企業向けの高いセキュリティを備えているため、ビジネスの成長に合わせて規模を拡大できます。


新興チャネルにも対応できる基盤
APIベースのクラウド基盤なら、アドビやアドビ以外の情報源からのあらゆるデータを統合できます。たとえ新興チャネルであっても、大規模な投資や手間をかけることなくサポート可能です。


Forresterは、アドビをコンテンツ管理のリーダーに選出

進化を続けるCMS市場において、アドビはリーダーと評価されています。その理由を「The Forrester Wave™:アジャイルコンテンツ管理システム(CMSes) 2021年第1四半期」でご確認ください。

関連トピックス

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。