Adobe Experience Manager Screens

Adobe Experience Manager Screensの機能

業界をリードする、CXM(顧客体験管理)のための包括的な製品およびサービスを提供してきたアドビだからこそ、インテリジェントでパーソナライズされたエクスペリエンスの物理的な空間への提供を可能にします。デジタルサイネージを利用して、優れたエクスペリエンスを創出するための機能をご紹介します。

スクリーン機能

デジタルサイネージをエンドツーエンドのオムニチャネルエクスペリエンスの一部に

Adobe Experience Manager SitesおよびAdobe Experience Manager Assetsとのネイティブ統合により、デジタルサイネージエクスペリエンスをカスタマージャーニーの一部として取り入れることができます。これにより、顧客一人ひとりに合わせたデジタルサイネージエクスペリエンスを提供できるようになり、投資効果を最大限に高めることができます。

 

オムニチャネルエクスペリエンス

webや印刷物、IoT、モバイルなどのエクスペリエンスに利用しているコンテンツ管理システムとアセット管理システムを、デジタルサイネージにも活用できます。これにより、エクスペリエンスの一貫性を維持できます。

再利用可能なコンテンツフラグメントとエクスペリエンスフラグメントにより、オンラインのエクスペリエンスを会場内のデバイスに簡単に変換して、カスタマージャーニーを効率的に構築することができます。

コンテンツフラグメントとエクスペリエンスフラグメントは、デバイス間で自動的にレンダリングされ、最適化されます。1つのフラグメントが更新されると、あらゆるチャネルでインテリジェントに更新されます。

クリエイティブチームは、ネイティブ接続によりCreative Cloudアプリで直接作業を行うことができ、マーケティングチームやストアオペレーションチームはAdobe Experience Manager内でエクスペリエンスを構築することができます。

専用の編集ツールには、テキストオーバーレイやマルチゾーンテンプレート、アセットとチャンネルのデイパーティングなどが含まれています。

現場のチームが、ブランドイメージに合ったデジタルアセット、コピー、あるいはその他のマーケティングエクスペリエンスを、会場内のスクリーンに簡単に変換することができます。

ワークフローの自動化や再利用可能なコンテンツを、ドラッグ&ドロップ式のインターフェイスやすぐに利用できるコンポーネントと組み合わせることで、コンテンツを簡単に公開することができます。

動画や画像ファイルは自動的にレンダリングされ、各デバイスに最適化されるため、手作業が不要になります。

簡単なパブリッシングで現場のチームを強化

パブリッシングツールを利用すれば、地域性を反映し、ブランドに合った適切なコンテンツを、誰もが現場で容易に制作できるようになります。これにより、エクスペリエンスの一貫性を維持し、マーケティングチームと現場のチームが緊密に連携できます。

 

容易なパブリッシングで現場のチームを強化

最新データを使用した最適化とカスタマイズ

データにもとづいて動的に更新されるコンテンツを利用して、より適切なエクスペリエンスを提供できます。データには、在庫レベルやPOSデータ、製品情報、デモグラフィック、イベント、天候、設定した現場の要因などが利用できます。

 

最新データを使用した最適化とカスタマイズ

現在の注文やデジタル上の行動履歴、デモグラフィックセグメンテーションにもとづいて、製品レコメンデーションを作成できます。

タッチスクリーンオーバーレイやセンサーハードウェアのサポートにより、音声、webカメラ、その他のトリガーにもとづいたインタラクティブなエクスペリエンスを提供します。

時間帯ベースのローカライゼーションや時間帯区分により、デジタルサイネージを関連性の高いコンテンツで簡単にカスタマイズすることができます。

また、データを利用して、在庫が余っている商品のプロモーションをおこなったり、天候の変化やイベントなどの外部要因にもとづいて顧客の期待に応えるオファーを提供することができます。

ユーザーのインタラクションを追跡し、自動化されたA/Bテストを実施することで、エクスペリエンスを最適化できます。

デジタルサイネージの効果をPOSデータ、収益、ロイヤリティプログラムと比較して、場所や時間帯区分ごとのコンテンツへのエンゲージメントを把握することができます。

ダイナミックでインタラクティブなコンテンツを管理することで、より関連性が高く、位置情報にもとづいたエクスペリエンスを生み出すことができます。

デジタルスクリーンの有効性とROIの把握

Adobe Experience Manager Screensを利用すれば、トレンドを追跡し、デジタルサイネージが売上に与える影響を分析して把握することができます。

 

デジタルスクリーンの有効性とROIの把握

クラウド基盤でサイネージネットワークの将来性を確保

エンタープライズレベルのクラウド基盤は、最高のセキュリティと最新の機能を保証しながら、実質的に無制限にデバイスや統合を拡張できるように設計されています。

 

サイネージネットワークの将来性

コンテンツの変更は、デバイスをまたいで大規模かつ自動的に同期され、あらゆるメディアアセットとエクスペリエンスは最新の状態に保たれます。


スケジュール、コンテンツ、メタデータ、立地などにもとづき、コンテンツを表示する時間と場所をコントロールできます。


強力な翻訳ワークフローにより、コンテンツの翻訳を大幅に効率化できます。


ネットワークに接続するデバイスの数やインフラストラクチャの統合に制限がなく、確実かつ自動的に拡張できます。


クラウドインフラストラクチャは、エンタープライズ規模のセキュリティとプライバシーを提供し、デジタルネットワークを常に最新の状態に保ちます。

企業の役割、権限、承認のワークフローを再利用して、オンラインデバイスをグローバルに管理できます。