#F5F5F5
Adobe Experience Manager Sitesの機能

オムニチャネルエクスペリエンス

Adobe Experience Manager Sitesは、あらゆるデジタル接点をまたいで顧客が求めているコンテンツを制作、管理、配信するのに役立つ、使いやすい機能を提供します。

Adobe Experience Manager Sitesのオムニチャネルエクスペリエンスの詳細

サービスとしてのコンテンツ

デジタル資産のコンテンツやエクスペリエンスを容易に管理し、リアルタイムにコンテンツを表示および変更できるようになります。サービスとしてのコンテンツなら、コンテンツをあらゆるチャネルに配信できます。容易な設定をおこなうだけで、さまざまなタイプのデバイスにコンテンツを配信できます。開発者に、Adobe Experience Manager Sitesのリポジトリ構造に関する深い知識は必要ありません。また、高パフォーマンスのアプリケーションに対応する、業界標準のGraphQLクエリベースAPIもサポートしています。

  • コンテンツを配信するチャネルを自由に選択: コンテンツはHTMLやJSONで配信されるため、未開発のチャネルを含め、あらゆるチャネルでコンテンツを利用できます。
  • コンテンツの拡張: Adobe Experience Manager Assets内にあるコンテンツ、またはAdobe Experience Manager Sitesのプロジェクトの一部となっているコンテンツを選択し、他のプロジェクトで再利用できます。
https://business.adobe.com/fragments/products/modal/videos/adobe-experience-manager/sites/omnichannel-experiences/content-as-a-service#caas |
https://business.adobe.com/fragments/products/modal/videos/adobe-experience-manager/sites/omnichannel-experiences/experience-fragments#xf |

エクスペリエンスフラグメント

埋め込みのレイアウトを使用して、テキストやその関連メディアなどを含む、ひとつまたは複数のコンポーネントグループを作成、管理します。コンテンツを一度編集すれば、統合されたひとつの基盤から社内外のあらゆるメディアに自動配信します。

  • コンテンツのデザインとレイアウトを定義: 専用のコンテンツを利用するか、コンテンツフラグメントやアセットなどからコンポーネントを取得し、複数を組み合わせて、まとまりのあるエクスペリエンスを構築できます。
  • さまざまなチャネルに対応するデザイン: 複数のチャネルをまたいで提供できるエクスペリエンスを想定し、コンテクストに依存しないバリエーションを作成できます。
  • バリエーションの作成: 再利用、並べ替え、サイズ変更などによって、配信先ごとの仕様に合致するデザインのバリエーションを作成できます。特定のコンテンツやコンポーネントのみを共有し、ページごとに個性的なデザインにすることも可能です。

コンテンツフラグメント

ページに依存しないテキストを関連するメディアとともにデザイン、作成、キュレートおよび使用することで、カット&ペーストやリライトすることなく、容易にコピーを再利用できます。

  • バリエーション: プライマリコンテンツのコピーを作成、編集し、特定のチャネルやシナリオで使用できます。バリエーションを利用すれば、コンテンツ制作を効率化して整理できます。
  • 自動編集: マシンラーニング(機械学習)と自然言語処理を利用して、特定のチャネルや顧客セグメントをターゲティングしたコンテンツの短縮バージョンを作成できます。
  • シンプルなコンテンツと構造化コンテンツ: テキストと画像のみで構成されるシンプルなフラグメント、または構造化コンテンツで構成される複雑なフラグメントを選択できます。
  • ネスト化とガバナンス: コンテンツフラグメントモデルをリンクしてコンテンツの関係性を構築し、最大限に再利用できます。コンテンツガバナンスを確保するために、コンテンツバリデーションを追加します。
https://business.adobe.com/fragments/products/modal/videos/adobe-experience-manager/sites/omnichannel-experiences/content-fragment#cf |
Auto-text summarization
自動テキスト要約

Adobe Senseiの自然言語処理テクノロジーにより、小さな画面に合わせてテキストが自動的に要約されるので、一度作成したテキストをクロスチャネルのエクスペリエンス全体で容易に再利用できます。

  • 直感的な操作で瞬時にテキストを編集: コンテンツフラグメントのテキストを、意味を変えることなく、事前定義された文字数に自動的に短縮します。マシンラーニング(機械学習)により、情報量が多く一意性の高い文章を残します。
  • 容易に同期: 同期オプションを利用すれば、プライマリテキストに加えた変更を、短縮バージョンに自動的に反映できます。
  • 容易にバージョン編集: 自動編集した部分は赤色の取り消し線で表示されるので、修正部分をすばやくチェックし、残す必要がある部分を復元したり、不要な部分を削除して最終バージョンを仕上げることができます。
#F1F1F1

オムニチャネルエクスペリエンス制作について学びましょう

Adobe Experience Leagueでは、ドキュメント、チュートリアル、ユーザーガイドなど、さまざまな学習コンテンツを利用できます。

さらに詳しく