https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/journey-optimizer-benefits

カスタマーライフサイクルエンゲージメント

一人の顧客にでも、顧客層全体にでも、容易にリーチ

Adobe Journey Optimizerなら、スケジュール型のマーケティングキャンペーンと、リアルタイムの顧客主導のエクスペリエンスを一体化することができます。つまり、一人の顧客に向けたユニークなメッセージと、顧客層全体に向けた時間に制限のあるアップデートなどを共存させることができるのです。

Adobe Journey Optimizerを実際に体験

Adobe Journey Optimizerで、クロスチャネルのエクスペリエンスを、スケジュールされたマーケティングジャーニー取り入れる方法をご確認ください。

Customer lifecycle engagement

顧客は単なるセグメントではなく、ジャーニーは単なるワークフローではない

顧客のニーズに応えるということは、顧客のいる場所で対応する必要があり、多くの場合、それは計画した場所とは異なります。しかし、マーケターは預言者ではないので、顧客を無理のない自然な方法で、対応できる場所に誘導する必要があります。例えば、顧客が店舗の前を通ったときに、その顧客が好きな飲み物の割引を提案するような、顧客の心をつかむための工夫です。あるいは、地元の学生野球のファンに、親しまれてきた監督の退任をいち早く伝えたりするような体験が、ロイヤルティを高めることにつながります。

ジオフェンスをトリガーとした個別のプッシュ通知であれ、何百万人もの顧客に対する時間制限のあるオファーであれ、顧客一人ひとりのジャーニーのコンテクストに即した意味のある方法でアプローチする必要があります。しかし、リアルタイムのトリガーマーケティングをあるアプリケーションで管理し、メールやモバイルのマーケティングキャンペーンを別のアプリケーションで管理しているような場合、カスタマージャーニーが分断され、顧客のインサイトが曖昧になり、顧客が必要としているものを提供することがほぼ不可能になります。

Adobe can help

アドビがお手伝いします。

Adobe Journey Optimizerなら、マーケターは、スケジュールされたマーケティングオファーやメッセージ、1対1の顧客主導のインタラクション、広範囲に及ぶ膨大なメッセージを単一のアプリケーションで管理できます。マーケターは、リアルタイムのプロフィールデータやイベントデータを利用して、最適なチャネルを選択し、わずか数分で何十万件ものメッセージを送信することができます。また、それと同時に、好みのコーヒーのディスカウントチケット送信するような、個別のメッセージの送信も可能です。

Adobe Journey Optimizerを選ぶ利点

オーディエンスベースドマーケティング
定期的なオファーやプロモーション、ニュースレター、ウェルカムプログラムなどの従来型の電子メールやモバイルマーケティングに、顧客とのリアルタイムのインタラクションを織り交ぜることで、さらにインパクトのあるものになります。

1対1の顧客マーケティング
顧客のリアルタイムの行動やイベントをトリガーにして、ジャーニーを更新し、よりパーソナライズされた体験を提供できます。たとえば、ジオフェンス内の顧客にプッシュ通知を送信する、ロイヤルティステータスが変化した際にジャーニーを切り替える、といった施策が可能になります。

ビジネス主導のセグメント更新
欠品していた商品の再入荷を電子メールで知らせる、航空機のフライトスケジュールが更新された際にプッシュ通知を送信するなど、リアルタイムの状況に合わせて、特定の顧客のセグメントを更新できます。

広範囲かつ膨大なメッセージを直ちに送信
ニュースやアップデート、期間限定のキャンペーンなど、その時々に応じたコンテンツを、顧客全体または特定のセグメントにわずか数分で送信できます

カスタマージャーニーの変化を把握

今日、顧客体験がブランドの差別化要因となっています。優れた顧客体験を創出するために、顧客が何を期待しているのかを、アドビのガイドでご確認ください。

ガイドを読む

image

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/adobe-journey-optimizer