パーソナライズされたオファーの決定

次善のオファーを作成、管理、パーソナライズ

Adobe Journey Optimizerなら、顧客がいつ、どこで、どのようにブランドと3関わっていようとも、適切なオファーを提供することができます。

Adobe Journey Optimizerを実際に体験

Adobe Journey Optimizerで、クロスチャネルのエクスペリエンスを、スケジュールされたマーケティングジャーニー取り入れる方法をご確認ください。

カスタマーライフサイクルエンゲージメント

顧客に合わせて次善のオファーを作成

今日、あらゆる業界において、パーソナライゼーションの重要性が指摘されています。顧客は当然のことのようにそれを期待しています。タイミングよく顧客が必要とするものを提供できれば、顧客の関心が高まり、ロイヤルティを育成し、最終的には売り上げにつながります。

 

しかし、それを実現するのは容易ではありません。顧客は、チャネルをまたいで一日中動き回っています。しかし、複数の部門が異なるチャネルを管理し、オファーの内容や送信のタイミングを決定している場合、一貫性のあるパーソナライズされたカスタマージャーニーを構築することはできず、エクスペリエンスの連続性を維持することは困難です。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Journey Optimizerなら、パーソナライズされたオファーを、電子メールモバイルのプッシュ通知などのネイティブチャネル3に直接挿入し、カスタマージャーニーのあらゆる顧客接点で一貫性ある適切なオファー容易に送信できます。マーケターは、一元化されたオファーライブラリ利用して、さまざまなクロスチャネルオファー作成、管理することができます。また、装備されている意思決定ツール利用して、リアルタイムの顧客データ取得し、適格性のルールを適用して次善のオファーを特定できます。

Adobe Journey Optimizerを選ぶ利点

リアルタイムの顧客プロファイル

複数のチャネルからのデータを統合して、最新かつ包括的な顧客像を構築し、個人またはオーディエンスグループに対して何を提供するのかを判断できます。

オファーの一元管理

あらゆるチャネルをまたいで、オファーの作成と管理を一元化することで、オファーの管理と提供を簡素化できます。

インテリジェントな意思決定

オープンで拡張可能な意思決定エンジンにより、ビジネスルールやAI(人工知能)、マシンラーニング(機械学習)を用いて、適格性やランキングを判断し、個々の顧客に対する次善のオファーを決定できます。

意思決定とオーケストレーション

Winterberry Groupレポートでは、意思決定とオーケストレーションが、マーケティング業務他の部分にどのように影響するのかを解説しています。

画像

画像

オファーの作成および管理方法

Adobe Journey Optimizerを利用してオファーをパーソナライズする方法を、Adobe Summitのセッション動画ご確認ください。

関連コンテンツ

Adobe Journey Optimizerお客様ビジネスどのように役立つのかご案内します。