ADOBE LEARNING MANAGER

コンプライアンストレーニング

コンプライアンストレーニングを大規模で提供することの複雑さを排除し、大規模法人を監査準備が整っている状態に保つことができます。

マーキー

導入のご相談はこちら

大規模法人のコンプライアンストレーニングを高速化

Adobe Learning Managerは、コースの自動的に割り当て、時間通りの完了をサポートするスケジュール通知、トレーニング完了を追跡できる多次元レポートなどにより、複雑なコンプライアンストレーニングをかつてないほど容易にします。

ガイド

コンプライアンスを大規模に配信

コンプライアンストレーニングの管理、追跡、配信にかかる手間を削減しましょう。

マイチームビュー

管理者は、チームのトレーニングの進捗状況とパフォーマンスを包括的に把握し、期限に遅れそうなチームメンバーを容易に特定することができます。

包括的な追跡

評価、コースの進捗状況、スキルレベルの達成度、学習状況など、あらゆるオンライン学習アクティビティを自動的に追跡できます。

再認定

イベントにもとづいてコースを自動的に割り当てることにより、組織の認定とコンプライアンスを維持できます。期限が切れる前にプログラムや認定を再度割り当てます。

詳細なレポートと分析の表示

チームの学習進捗を明確に把握し、組織全体のコンプライアンスを確保します。

学習の概要

コースの登録、進行、完了に関する主要統計情報を示すグラフにより、チームのパフォーマンスを把握することができます。

レポートダッシュボード

プラットフォームの使用状況に関する詳細情報を管理者に提供します。レポートダッシュボードを使用して、エンゲージメントデータやライセンス使用状況などのユーザーアクティビティを追跡できます。

コンプライアンスダッシュボード

今後の締め切りに対するチームのパフォーマンスが示された統合されたビューを表示して、規制に100%準拠していて常に監査に対応できる状態にチームを保つことができます。

ガイド
ガイド

より多くの情報にもとづいた意思決定

管理者やチームリーダーは、チームの学習パフォーマンスにもとづいてリソースを確保できます。

受講者のための成績記録

管理者は、受講者の成績記録を生成し、個人やチームの学習履歴を追跡できます。

通知のスケジュール

チームメンバーのコース登録、認定の完了、締め切り経過を監視し、要件に基づいて通知をスケジュールします。

役割にもとづいたレポート作成

管理者は、組織内の役割に合わせてレポートセットを設定し、常に最新のチームの進捗状況を把握できます。

CP

戦略的、魅力的、拡張性の高いコンプライアンストレーニングを実施する方法

Brandon Hall Groupは、コンプライアンストレーニングの現状と、リスクを軽減するために、受講者の関心を惹く方法を明らかにしています。

具体的な活用方法のご案内

ポートレート