ADOBE LEARNING MANAGER

Adobe Learning Managerと他の学習管理システム(LMS)の比較

大規模なトレーニングは、従業員のスキルと顧客のエンゲージメントを向上させるために欠かせません。他の一般的な学習管理システムと比べて、Adobe Learning Managerがどのように優れているのかをご確認ください。*

マーキー

Adobe Learning Managerをを実際に体験しましょう

受講者のエンゲージメントとAIによるパーソナライゼーション

Adobe Learning Manager

他社LMS

ゲーミフィケーション

バッジ、ポイント、達成レベル、ライブリーダーボードなどの機能により、積極的な取り組みや健全な競争を促進し、学習意欲を高めることができます。

いくつかのLMSではゲーミフィケーションを提供していますが、通常は追加費用が発生します。

AIベースのソーシャルラーニング

非公開のピアツーピアのディスカッションボードを利用して、受講者はコンテンツだけでなく知識も共有することができます。受講者同士のディスカッションを可能にすることは、学習を奨励する強力な方法です。

ほとんどのLMSは、ソーシャルラーニング機能を提供していません。提供していたとしても、ソーシャルラーニングに関連するレポート機能を備えていないものが多数です。

電子メールと通知

学習の管理者は、個人または特定の受講者グループに、パーソナライズされたカスタムメールや通知を重複することなく送信することができます。

多くのLMSは、メール機能を提供しています。しかし、ほとんどの場合、特定のグループや特定のインスタンスへのメール機能は提供されていません。このため、複数のグループにパーソナライズされたコミュニケーションを重複することなく送信することは困難です。

統合された体験重視の学習

Adobe Learning Manager

他社LMS

Fludic Player™によるシームレスなコンテンツ利用

Fludic Playerは、プラグインやアプリを必要とせず、ほぼあらゆる種類の学習コンテンツをシームレスかつ一貫性を保って再生できる独自の技術です。これにより、受講者に卓越した学習体験を提供することができます。

受講者の学習体験は、コンテンツの種類に依存します。例えば、PowerPointのスライドであれば、Microsoftからアプリケーションをダウンロードする必要があります。同様に、動画であれば、ブラウザーとプレーヤーが必要となります。これでは学習体験の一貫性が欠け、管理者がが追跡することも難しくなります。

ネイティブ機能とヘッドレス機能

Adobe Learning Managerは数時間でローンチして、Adobe Experience Manager Sitesで迅速に開発できるプラグアンドプレイソリューションです。オープンAPIを介して、あらゆるCMSと統合することができます。

ほとんどのLMSはヘッドレス能力を備えていません。さらに、Adobe Experience Manager Sitesと統合する場合は、APIベースの接続が必要になります。

没入型ブラウジングと高度な検索

受講者の興味やスキルにもとづいた結果を提供するAIベースのレコメンデーション機能により、直観的かつ没入感のある閲覧体験と検索体験を実現できます。

他のLMSでは、没入感のあるUIや高度な検索機能は提供されていません。AIによる適切なレコメンデーションがなければ、受講者の学習経験にもとづいて構築することは困難です。

ガイド付き学習と構造化された学習管理

Adobe Learning Manager

他社LMS

学習プランと学習パス

学習の管理者は、いくつものコースを組み合わせて学習パスを構築し、ガイド付きのラーニングジャーニーを構築することができます。また、学習プランを利用して、登録プロセスを自動化することもできます。

他社LMSでは、ルールベースの受講者登録とコース割り当てを構築することはできません。

スキルベースのラーニングジャーニー

Adobe Learning Managerは、スキルベースの学習プラットフォームであり、管理者は適切なスキルベースのコースを提供し、段階的にスキルを向上させるラーニングジャーニーを構築することができます。

ほとんどのLMSは、詳細なスキルベースの学習管理プロセスを備えていません。

マルチテナンシー

マルチテナントでLMSにイノベーションをもたらしたAdobe Leaning Managerなら、複数のアカウントをピアツーピアでリンクさせ、コンテンツ、レポート、ライセンスを共有することができます。これにより、企業は独自の学習体験を維持しながらも、フランチャイズ加盟店などとトレーニング目標を共有することができます。

ほとんどのLMSは、従来の階層的なマルチテナンシーシステムを提供しており、管理と追跡が複雑になっています。

大規模法人対応 - 比類のないパフォーマンス、セキュリティ、拡張性

Adobe Learning Manager

他社LMS

既存のLMSからの移行

Adobe Learning Managerなら、業界最先端のツールセットを利用して、既存のLMSからトレーニングコンテンツと記録を容易に転送できます。それらの記録は、管理者が個別に管理することができます。

Adobe Learning Managerでは、専用のユーザーインターフェイスを利用して、移行プロセスを管理者が自ら制御することができます。その容易さは他のLMSとは比べものになりません。

コンテンツ配信インフラ

Adobe Learning ManagerはBrightcoveストリーミングサーバーを利用て、ほぼ遅延のない動画体験を実現しています。また、世界中の何千ものサーバーに接続し、最速のコンテンツ配信を保証するAkamaiコンテンツ配信ネットワーク(CDN)も活用しています。

ストリーミングサーバーを持たないLMSでは、バッファリングが低帯域幅の接続でおこなわれる動画を配信するリスクがあります。同様に、CDNを有していない場合、コンテンツの読み込みが遅くなり、どちらの場合も学習体験の質が低下します。

アドビ製品およびサードパーティ製品との統合

Adobe Connect、Microsoft Teams、Salesforce、Workdayとのコンポーネントベースの統合により、ハイブリッド学習の計画、実行、評価を容易におこなうことができます。また、Adobe Marketo EngageやAdobe Commerceとの緊密な統合により、マーケティング施策の実施やコースの販売をプラットフォーム内からおこなうことができます。

他社LMSでは、統合に制限があり、ハイブリッドクラス、マーケティング施策、コマース、人事プロセスの円滑な運用が困難または不可能です。

一般的な大規模LMSに関する公開されている情報にもとづいて、比較しています。SaaS製品の機能は頻繁に更新されるため、ここに記載されている情報を参考に、独自に判断する必要があります。

業務に役立つアドビの製品とサービスの活用法

ポートレート