データウェアハウスと管理

クラウドベースのデータウェアハウスを使用して、ビジネスの成功に必要なデータを管理および制御します。これにより、同期オプションを選択しながら様々な方法でデータを送信できます。


洗練されたデザインと強力なデータ管理により、データの課題を解決

企業では、eコマースビジネスに関してデータ主導型の意思決定が試されています。しかし、データが異なるシステムに分散している場合は容易ではありません。最も必要とされるデータがオンラインストアに接続されていなかったり、扱いにくい統合作業によってパッチが適用されていたりします。

 

独自のデータウェアハウスの構築やプロビジョニングについて心配する必要はありません。Adobe Commerceには、クラウドベースのデータウェアハウスが用意されており、あらゆるデータを1ヶ所に集めて、インターネットを介してあらゆる場所からアクセスできます。どのシステムのどのデータを同期させるかをユーザーが制御できるので、データの安全が確保され、アカウントの正常性が保たれます。また、事前に構築された統合機能を使用することで、3rdパーティのデータソースやデータベースをすばやく追加できます。カスタム統合の煩わしさはありません。

Adobe Commercがどのように役立つのかをご案内します。

アドビの次世代技術や世界規模のパートナーエコシステム、拡張機能のマーケットプレイスを利用して、どのようにeコマースwebサイトに活気をもたらすことができるのかをご確認ください。

データウェアハウスと管理

次のような機能があります

REST API

必要なあらゆるドキュメントを備えた柔軟性の高いAPIを使用して、任意のデータソースに接続できます。

カスタマイズ可能な指標

ビジネスニーズに合わせてカスタマイズしたKPIを使用して、関係者の認識を合わせることができます。

データモデリング

強力なツールを使用して、表の結合や通貨の変換、任意のアウトプットの作成などをおこなえます。

自動化されたデータレプリケーション

接続している各システムと自動的に同期し、あらゆるレポートを最新の状態に保てます。

ファイルのアップロード

CSVファイルやスプレッドシートをすばやく簡単にアップロードし、重要な補足データをインポートおよび分析できます。

システム概要

アカウント内のあらゆる指標、フィルターセット、データディメンションの概要を表示できます。

Adobe Commerceのデータウェアハウスと管理の詳細

データウェアハウスと管理

ビジネスインテリジェンス

データを一元化し、より優れた意思決定に活用するために、Adobe Commerceがどのように役立つのかをご確認ください。

関連コンテンツ

Adobe Commerceがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。