食品業界におけるAdobe Commerce

コマースを成功に導くレシピ

Business Insiderの調査では、今後5年にわたって、食品業界の売上が21%増加すると予測されています。地産商品や有機食品などのスペシャルティフードの需要増加や、レジの行列を回避する気運の高まりにより、多くの食品企業がeコマースの活用に取り組んでいます。Adobe Commerceなら、そのために必要なあらゆるツールが揃っています。

食品&飲料
食料品オンライン

食品業界でAdobe Commerceが選ばれる理由

訴求力のあるモバイル体験
Adobe Commerceなら、組み込みテーマやモバイル対応のレスポンシブデザイン、ソーシャルメディア統合オプションを活用して、あらゆるデバイスをまたいで顧客エンゲージメントを強化できます。顧客が電話番号やメニュー、営業時間、住所、注文内容などを容易に確認できるよう、モバイル体験を向上させましょう。

ビジネスシステムとの緊密な連携
Adobe Commerceは、web APIを使用して、ERPやPIM、POS、OMS、CRM、CMSなどのビジネスシステムとシームレスに連携します。柔軟なフレームワークによって効率的なロジックおよびルーティング処理が可能になり、システムとのスムーズな統合を実現します。

パーソナライゼーションを推進
今日の消費者は、例えばレッドワインを購入する場合、ブドウの品種や生産地、そのワインに適した料理などの情報も確認したいと考えています。Adobe Commerceを使用すれば、味の特徴や適した料理、下準備、用途、顧客の嗜好など、各カテゴリーの有益なインサイトにもとづいて顧客のセグメント化を容易におこなうことができます。

スマートな配送スケジュール
食品のオンライン販売では、予定通りに配送できることが特に重要になります。食品コマースビジネスの成功は、的確な配送タイミングによって、生鮮食品を確実かつ安全に届けることができるかどうかにかかっています。Adobe Commerceなら、複数のシステムやパートナーをまたいで食品の受注、在庫、物流をシームレスに管理し、売上を大幅に向上させることができます。


Sugarfina

「Adobe Commerceで成功を収めた後、Adobe Commerceが当社の成長を支える正しい基盤であることを確信しました」

Rosie O'Neill氏
Sugarfina共同創設者

食品業界におけるAdobe Commerceの活用

小規模のスペシャルティフードショップから、Coca-Colaなどの世界的な大手飲料メーカーまで、多くの企業がAdobe Commerceを活用して、コマースを成功に導いています。

Adobe Commerce がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。