高度なジャーニー分析

顧客のライフサイクル全体をマッピングし、それぞれのステージに何人の顧客がいるのか、誰がどこでエンゲージしているのかを確認し、課題のある場所を迅速に特定し、取引に至るまでのスピードを最大限に高めることができます。


顧客をより詳細に把握することで、リードから売上に至るまでのプロセスを合理化

もはや直線的なカスタマージャーニーは存在しません。最初のタッチポイントでコンバージョンに至る顧客もいれば、ファネルを何度か行き来してから購入に至る顧客もいます。マーケティング部門とセールス部門は、カスタマージャーニーの各ステージにおけるエンゲージメントを測定することで、コンバージョンの条件が整った状態の顧客を獲得することができます。

Adobe Marketo Engageなら、カスタマージャーニー全体把握し、ライフサイクルステージまたいでリードプログラムアカウントプログラムデータ連携することができるため、顧客ファネルどのように通過しているか明らかにすることができます。コンバージョン率の低いステージを特定して、セールス部門が介入したり、コンテンツを更新したりすることができます。また、データやインサイトを共有することで、マーケティング部門とセールス部門が連携して、顧客を取りこぼさないようにすることができます。

製品ツアーで、Adobe Marketo Engageを実際に体験

次のような機能があります

ライフサイクルモデリング

  • ドラッグ&ドロップ方式のモデルビルダー、テンプレート、カスタムモデル、モデル複製機能を利用して、顧客ライフサイクルモデルを容易に設計できます。
  • カスタマージャーニーの各ステージに何人の顧客がいるのかを示すレポートを作成することで、ファネルを長期的に追跡し、問題が発生する前にボトルネックを特定することができます。

機会影響分析

  • 営業やマーケティングのための顧客接点を機会ごとに時系列で表示し、カスタマージャーニーを誘導できます。
  • 担当者と機会ごとに、あらゆる顧客接点を視覚的に表し、担当者がCRMで役割を割り当てられているかどうかにかかわらず、マーケティングの影響を示すことができます。

ライフサイクルモデルの統合

  • ライフサイクルモデルのデータを広告プラットフォームに接続し、支出を最適化することができます。 

フェーズ、ステージ、トランジション

  • ライフサイクルのフェーズ、ステージ、トランジションを利用して、あらゆるカスタマージャーニーを把握し、直線的および非直線的なサクセスパスを構築できます。
  • 各ステージにおける顧客のトラフィック量を追跡し、あるフェーズから次のフェーズへの移行を自動化することができます。

サクセスパス分析

  • 顧客の流れと、次のステージに移行するまでの各ステージでの平均滞在時間を可視化できます。
  • ステージごとのスピード測定レポートで、取引パス全体を検証できます。
  • 特定の時間枠内でSLAターゲットが未達成のバイヤーを表示し、セールス部門がバイヤーをより迅速にエンゲージする必要がある場所を把握することができます。

Adobe Marketo Engageの高度なジャーニー分析

直線的ではないバイヤージャーニーを巧みに誘導

複雑カスタマージャーニーあらゆる顧客接点またいで、顧客シームレス体験提供するために、Adobe Marketo Engageどのよう役立つのかご確認ください。

ガイド

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Marketo Measureお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。