マルチタッチアトリビューション

デマンドマーケティングおよびアカウントベースドマーケティングの価値を証明し、改善することができます。アドビのBizibleを使用して、特定のマーケティングキャンペーンやチャネル、個々のコンテンツアセットにおける売上を追跡します。


カスタマージャーニーの各ステージで何が機能しているかを把握

マーケターは、複数のチャネルをまたいで、カスタマージャーニーのさまざまなステージにいる複数のオーディエンスをターゲットにするなど、ますます複雑なマーケティングミックスに取り組んでいます。そのため、どのチャネルにどのような広告を出稿すれば最もコンバージョン率が高くなるのかを把握して、その成果を最大化するとともに、期待する成果に達していないキャンペーンを迅速に修正することがますます重要になっています。

Bizibleは、多くのB2Bマーケターが慣れ親しんでいる標準的なエンゲージメントトラッキングの機能を超えて、あらゆるチャネルにおける、あらゆる顧客とのインタラクションについて必要な情報を自動的に収集します。Bizibleのエブリタッチアトリビューションレコードにより、それぞれのチャネルやキャンペーン、コンテンツがパイプラインや売上を促進し、高いROIを生み出しているかを把握することができます。これにより、MQLの数とコンバージョン率を向上させることができます。そして、成約案件や獲得案件に対して、マーケティングがどのように貢献したのかを明確に証明することができます。

インタラクティブな製品ツアーで、Adobe Marketo Engageを実際に体験

次のような機能があります

マルチタッチアトリビューションモデリング

アトリビューションを自動的にカスタマイズし、チャネルやキャンペーン、コンテンツをまたいで、各顧客接点におけるパイプラインや売上、ROIを追跡するモデルを作成します。重み付けされたマルチタッチモデルやカスタムモデル、マシンラーニング(機械学習)モデルをすぐに使用できます。

分析とレポーティング

事前に構築済みのベストプラクティスにもとづいたダッシュボードでは、収益アトリビューション、パイプラインアトリビューション、マーケティング費用、ROI、ジャーニーインサイト、ファネルスピードなどがフィルタリングされて表示され、インサイトを得ることができます。

顧客接点のトラッキング

匿名の接触から成約までのバイヤーズジャーニー全体を把握することができます。Bizibleの顧客接点ベースのデータモデルは、あらゆるアカウントや機会、バイヤー、ファネルのステージを自動的に追跡できます。

CRM統合

Adobe Marketo Engage既存CRM統合することで、セールス部門マーケティング部門間で、事前定義済みレポートテンプレート化されたレポート、詳細カスタマイズされたレポート容易共有することできます。

クロスチャネルトラッキング

CRMやマーケティングオートメーション、広告プロバイダーとの統合を利用して、有料メディアやweb、電子メール、さらにはイベントや営業活動などのオフラインチャネルにおける顧客接点をリアルタイムに把握できます。

Bizibleのデータウェアハウス

生データや3rdパーティのデータセットと統合されたデータ、またはお気に入りのビジネスインテリジェンスツールを使用して、高度な分析やデータの可視化をおこない、自社のビジネス特有の複雑なマーケティングの課題に対応できます。

高度なB2Bアトリビューション

アカウントベースドマーケティングアトリビューションやUターンジャーニーステージ、予測型アカウントエンゲージメントスコアリングなど、企業の成長に合わせてトラッキングを拡張し、顧客行動に関するより詳細なインサイトを獲得することができます。

Adobe Marketo Engageのマルチタッチアトリビューションの詳細

マーケティングの成果を証明

Bizibleを利用すれば、マーケティングの正当性を示すための労力を軽減することができます。アドビは、マーケティング戦略の価値を、他の部門に示すための支援をおこないます。Bizibleのマーケティングアトリビューションの詳細についてご確認ください。

ガイド

ガイド

マーケティング費用を増やさずにリードを増やす

Forresterの調査によると、Bizibleを利用することで、リードを15%、成約/獲得案件を25%増加させることができます。詳しくは、調査レポート「Total Economic Impact™ of Bizible(Bizibleの総合的経済効果)」をご確認ください。

関連コンテンツ

Adobe Marketo Engageがお客様のビジネスどのように立つのかご案内します。