linear-gradient(45deg, rgba(206,32,68, 1)15.8%,rgba(22,129,217, 1) 54.4%)

ADOBE PRODUCT ANALYTICS

Adobe Product Analyticsで製品体験を刷新

アドビは、マーケティングチームと製品チームをまたいでカスタマージャーニーのインサイトを統合することで、製品分析のカテゴリーを再定義しました。包括的な顧客体験の一部として、製品体験を最適化できます。

さらに詳しく

A man and woman looking at a laptop.

製品部門のために構築された分析製品

優れた製品体験を構築、維持するためには、製品チームがカスタマージャーニー全体を把握する必要があります。Adobe Product Analyticsなら、AIによるガイドに従い、製品チームが統合された顧客データとプロファイルを利用して、今までは把握できなかったインサイトを明らかにできます。これより、よりパーソナライズされた製品体験を提供できるようになります。

製品チームは、これまで以上に多くの情報を獲得し、優れた製品体験を提供できるようになります。

自らの手ですばやく分析

製品チームは、AIによるガイドに従い、長期的なユーザーエンゲージメントのパターンを把握、ユーザー基盤の成長を分析、カスタマージャーニーのつまづきやすい場所を特定、機能リリースの影響を測定、エンゲージする有意義なセグメントを発見するなど、さまざまな分析を容易におこなえるようになります。

チャネル全体におけるインサイトにもとづいた対応

製品チームは、デジタルの枠を超え、製品体験がカスタマージャーニー全体にどのような影響を与えているのかを把握できるようになりました。Adobe Experience Platformでマーケティングチームと製品チームのインサイトを統合し、単一の顧客像を構築することで、さまざまなAdobe製品を利用して、シームレスかつパーソナライズされた顧客対応を実現できます。

社内のあらゆる分析ニーズに対応

データアナリスト、マーケター、製品担当者のデータニーズに単一の分析ツールで対応するため、あらゆる部門や担当者が一貫性のあるデータ、オーディエンス、指標を利用できます。

The latest innovations for Adobe Product Analytics

Adobe Product Analyticsの最新イノベーション

  • ファネル内で顧客がつまずきやすい箇所を分析し、ステップオプションを含むジャーニーのコンバージョン率を比較して、エクスペリエンスのポジティブなフローとネガティブなフローを分離できます
  • セグメントの行動コホート分析により、特定の行動にもとづいてより小さなセグメントを作成できます
  • 利用傾向を追跡し、製品の長期的な成功を評価できます
  • 顧客維持率ビューを利用して、アプリやデジタル製品内の再訪問パターンを把握し、行動や嗜好をより詳細に把握できます。
#C9252D
Quickly act on insights for ongoing product optimization.

効果的に連携

迅速な対応で、製品体験を継続的に最適化

Adobe Product AnalyticsとAdobe Journey Optimizerを組み合わせることで、ビジネスの成長を促進するパーソナライズされた製品体験を強化できます。

  • 顧客を製品に導いたチャネルを把握しKPIを最適化できます
  • 同じAdobe Experience Platform上に構築されているため、リアルタイムでデータをやり取りし、すばやくインサイトを獲得して、エンゲージメントを向上できます
  • チャネルを問わず、あらゆるデータを利用して、マーケティングチームと製品チームが連携し、統合顧客プロファイルを構築できます
  • 仮説検証、目標ベースのエンゲージメント戦略、充実した顧客プロファイルなどにもとづくパーソナライゼーションにより、サブスクリプション売上を拡大し、解約率を低減できます

Adobe Journey Optimizerについて詳しく見る

Adobe Product Analyticsの新機能により、当社の製品チームはチームを超えて協力しながら当サービスの加入者についての高度なインサイトを得られるようになります。カスタマージャーニーを包括的に把握することにより、加入者についての理解が深まり、当社のすべてのストリーミング製品で顧客体験を向上させることができます。

Lindsey Weaver氏(Warner Bros. Discovery、グローバル製品アナリティクス担当バイスプレジデント)

よくある質問と回答

製品体験の最適化とは何ですか?
製品体験の最適化とは、既存の顧客層だけでなく、新たな見込み客への訴求を強化するために、オファーを段階的に改善する継続的なプロセスのことです。
製品分析とは何ですか?
製品分析とは、ユーザーエクスペリエンスと製品のパフォーマンスを継続的に改善するために、製品データを収集および分析するプロセスのことです。製品分析ソフトウェアを利用すれば、データの分断を解消し、驚異的なスピードでカスタマージャーニー全体を把握できるようになり、エクスペリエンス主導の成長を加速させることができます。
Adobe Product Analyticsでは、分析ワークフローでAIをどのように使用しますか?
Adobe Product Analyticsなら、AIによるガイドに従い、製品チームがCustomer Journey Analyticsのクロスチャネルデータを利用して、製品体験に関するデータとインサイトを獲得できます。製品チームは、セルフサービスのレポートから必要なデータと質の高いインサイトをすばやく獲得し、データにもとづいた意思決定を下すことができます。部門をまたいだチームの連携を促進し、これらのレポートをリアルタイムで利用および把握できるようになります。
Adobe Product Analyticsは、他のAdobe Experience Platform製品と統合できますか?
Adobe Product Analyticsは、あらゆるAdobe Experience Platform製品とネイティブに連携できます。Adobe Journey OptimizerおよびAdobe Real-Time Customer Data Platform(CDP)との統合により、プロダクトオーナーは、オーディエンスに関するデータをリアルタイムで公開し、すばやく行動することができます。キャンペーンを開始し、その効果を包括的かつ自動的に測定することで、継続的な最適化が可能になります。
デジタルカスタマージャーニーとは何ですか?
デジタルカスタマージャーニーとは、オンラインユーザーが製品またはサービスを入手するために実行する、一連の手順を指します。カスタマージャーニーの段階には、認知、検討、購入、維持、支持などがあります。

Adobe Product Analyticsがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

導入のご相談