https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/product-analytics

強力な統合機能でインサイトを最大限に活用

製品チームが、製品の最適化を継続的に実施できるようにしましょう。Adobe Product Analyticsを利用すれば、製品チームは、Adobe Experience Platformで構築されたリアルタイムのオーディエンスを利用して、インサイトにもとづいて迅速に対応できるようになります。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/banners/is-adobe-right-for-your-biz-gradient

アクションにつながらないインサイトに意味はない

インサイトを発見するだけでは目的の半分しか達成していません。そのインサイトを使って何をするのかが、ビジネスを前進させる原動力になります。たとえば、顧客がつまずきやすいポイントがチェックアウトの手続きにあることが明らかになった場合、どのように改善できるでしょうか?特定した休眠ユーザーグループを、マーケティングチャネルを通じて活性化させようとする場合、どの部門と協力すればよいでしょうか?

プロセス、ツール、データ、指標、顧客プロファイルなどが異なる部門間の連携作業は複雑で時間がかかります。顧客は、重要な瞬間にパーソナライズされた体験を期待しています。ビジネスには待つ時間はありません。インサイトを迅速にアクションにつなげる必要があります。

アドビがお手伝いします.

製品チームは、Adobe Experience Cloudを最大限に活用することで、インサイトの獲得から先の段階に進むことができます。Adobe Journey OptimizerAdobe Real-Time CDPとのネイティブ統合により、リアルタイムのオーディエンスを利用して、インサイトにもとづいて迅速に対応できるようになります。施策が開始されると、製品チームは、分析チームの力を借りずに、連携してキャンペーンの影響を測定し、継続的に最適化することができます。製品、マーケティング、顧客体験の各部門のプロセスを調整し、同一のデータ、指標、顧客プロファイルを利用できるようにすることで、顧客体験を原動力にビジネスの成長を促進できます。

Adobe Product AnalyticsをAdobe Journey OptimizerおよびAdobe Real-Time CDPと組み合わせて活用することで、高度にパーソナライズされた製品体験を実現できます。

  • 利用者を製品に導くチャネルを把握して、KPIを最適化
  • リアルタイムでデータをやり取りし、すばやくインサイトを獲得して、エンゲージメントを向上
  • チャネルを問わず、あらゆるデータを利用して、マーケティングチームと製品チームが連携し、統合顧客プロファイルを構築
  • 仮説検証、目標ベースのエンゲージメント戦略、充実した顧客プロファイルにもとづくパーソナライゼーションにより、サブスクリプション売上を拡大し、解約率を低減します。

優れた活用例

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/blades/product-analytics-summit-session

#FBFBFB

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/product-analytics