ADOBE REAL-TIME CUSTOMER DATA PLATFORM(リアルタイムCDP)

事業部門の枠を超え、B2CとB2Bのデータを単一の統合基盤に結合

Adobe Real-Time CDPは、B2BとB2Cのデータを組み合わせて、統合されたハイブリッドプロファイルを構築することのできる業界初のCDPです。これにより、B2BとB2Cのマーケティング部門が協力し、事業部門の枠を超えてシームレスな顧客体験を創出できるようになります。

機能 - 統合プロファイル

複数の事業部門での一貫性が課題

顧客体験は、今日のデジタル経済の中で生き残り、成功を望む企業にとって、最優先事項となっています。これは、B2CとB2Bの複数の事業部門で、同じバイヤーと関わっている企業にとっては、二重に当てはまります。事業形態を問わず、顧客体験に対する期待は、かつてないほど高まっています。顧客は、自分のために購入する場合でも、会社を代表して購入する場合でも、同等のパーソナライズされた体験を求めています。そのため、競合他社との差別化を図り、新たな売上機会を見いだし、顧客のコンバージョンを最大化したいと考える企業にとって、B2CとB2Bのビジネスをまたいでシームレスで連続性のある顧客体験を実現することは、困難であっても、避けては通ることはできません。個々の消費者のデータと企業バイヤーのデータをリアルタイムで結合して統合されたインサイトを獲得すれば、それもとに適切なコンテンツをパーソナライズして迅速にし、事業部門の枠を超えて、あらゆる顧客の満足度を高めることができます。

機能 - 統合プロファイル

アドビがお手伝いします

Real-Time Customer Data Platformは、複雑なデータを大規模に管理するために、容易にカスタマイズできるように設計されている柔軟な統合データモデルであるExperience Data Model(XDM)を利用して、B2CとB2Bの両方のデータを組み合わせることができます。これにより、B2CとB2Bのマーケターは、事業部門の枠を超えて、あらゆる消費者と企業バイヤーの属性データおよび行動データを、単一の統合された人物プロファイルにまとめることができます。このようなB2CとB2Bをつなぎ合わせたハイブリッドプロファイルを利用することで、B2Bのデータを使用してB2Cのオーディエンスセグメントを構築する、またはその逆をおこなうなど、事業部門の枠を超えたセグメンテーションが可能になります。

さらに、Real-Time Customer Data Platformなら、両方のデータを使用することで、事業部門をまたいだより正確なID管理を可能にします。その結果、B2CとB2Bのマーケティング部門がひとつのチームとして緊密に連携し、単一のCDPを使用しながら、同じデータと、同じ顧客や見込み客に対する理解にもとづいて、ターゲットを絞ったクロスセル/アップセルの売上機会を特定することができます。あらゆるデータを一元管理することで、両方の事業部門がひとつの戦略にもとづいて行動できるようになるのです。

業界初のハイブリッドプロファイル

B2CとB2Bのデータを組み合わせたハイブリッドプロファイルをセグメント化することで、事業部門をまたいだ新たな売上機会を容易に特定し、施策を展開することができます。

事業部門をまたいだオーディエンスセグメントの

  • 自社のB2B事業部門の顧客企業に勤務し、自社株制度を利用しているが、個人としての証券口座を開設していない人
  • 既存のB2C顧客のうち、個人として携帯電話を契約し、中小企業を経営しているが、中小企業向けのインターネットサービスを契約していない人
ストリーミングデータの収集

関連トピックス

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Real-Time Customer Data Platformお客様ビジネスどのように役立つのかをご案内します。