Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

特許取得済みのプライバシーツールとセキュリティツールで顧客の不安を解消

アドビのReal-time Customer Data Platformなら、カスタマイズ可能なデータラベルをリアルタイムで適用することで、責任ある形でデータを活用できます。これにより、最適な顧客体験を提供しながらも、地域の規制や運用ポリシーに準拠することが可能になります。また、顧客に自身のデータを制御する機能を提供し、データ活用の透明性を高めることもできます。

責任ある形でのデータ活用 - データ収集

データ収集を優先したための脆弱性

顧客データは、今日の企業にとって重要な資産です。多くの組織ではセキュリティやプライバシーに関するテクノロジーよりも、データ収集に関するテクノロジーの方が導入が進んでおり、データは不適切に管理され盗難の危機にさらされています。消費者はこの問題に気付いています。そのため、GDPRやCCPAなどのプライバシー規制への準拠を求め、オプトアウトするという選択肢を用いて、積極的に自身のデータを守ろうとしています。一方のマーケターは、優れた顧客体験を構築するための必要なデータを獲得しながらも、社内ポリシーや契約上のポリシー、地域のポリシーなど、適応しなくてはならないプライバシーポリシーの増加に直面し、対応に苦慮しています。

現在、市場に出回っているCDPの多くは、責任ある形でデータを運用できるほどの堅牢性を備えていません。何らかのデータ管理機能を備えている場合がほとんどですが、企業が継続的に対応しなければならないデータポリシーを多数設定して適用できるような、リアルタイムのデータガバナンスのフレームワークは搭載されていません。

責任ある形でのデータ活用 - アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Real-time Customer Data Platformのデータガバナンスフレームワークは強力で、3つの特許を取得済みです。運用ポリシーとアクセスポリシーを設定して、リアルタイムで適用できるツールを備えた、唯一のフレームワークです。

事前に定義されたカスタマイズ可能なデータラベルを利用して、GDPRやCCPAといった地域の規制に容易に対応できます。異なる部門間でも、様々な組織ポリシーを柔軟に適用できます。また、リアルタイムのアラートとデータ追跡により、データの不正使用を防止したり、違反の原因を特定して修正することもできます。これが可能なのは、アドビの特許取得済みのツールだけです。さらに、Real-time Customer Data Platformでは、複数のソースをまたいでストリーミングデータを収集し、顧客の同意やオプトアウト情報、トランザクションデータをリアルタイムで更新します。その結果、エクスペリエンスが古くなったり、判断ミスで損失が発生したりするのを防ぐことができます。

すべての利点を見る

責任ある形でのデータ活用 - 統合プロファイル

統合プロファイル

連続性のある顧客体験

責任ある形でのデータ活用 - 連続性のある顧客体験

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。